VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ARを使ったアプリなどのイベントも実施 !「実物大ユニコーンガンダム立像」9月24日より展示開始

「実物大ユニコーンガンダム立像」9月24日より展示開始

株式会社創通(代表取締役社長:青木建彦、本社:東京都港区)、株式会社バンダイナムコホールディングス(代表取締役社長:田口三昭、本社:東京都港区) 株式会社バンダイ(代表取締役社長:川口勝、本社:東京都台東区)、株式会社サンライズ(代表取締役社長:宮河恭夫、本社:東京都杉並区)、の4社は、9月24日(日)に「ダイバーシティ東京 プラザ」フェスティバル広場にて「実物大ユニコーンガンダム立像」の展示を開始することが発表された。

また、立像の完成が待ちきれないファンに向けて、特設フォトデッキの設置やARを使ったカメラアプリなど、様々なイベントを「ダイバーシティ東京 プラザ」において実施するということだ。

実物大ユニコーンガンダム MS カメラ(期間限定)

グランドオープンを前にに、AR 機能を搭載したスマートフォン向けのカメラアプリが配信中だ。

アプリの画面左下「AR」をタッチで AR 機能を起動して、建設中の実物大ユニコーンガンダム立像前に設置されたマーカーやアニメシーンにカメラをかざすと、画面上に完成時のユニコーンガンダム立像(AR 画像)が出現し、いち早く立像のイメージ撮影をすることが可能。

さらに、ダイバーシティ東京 プラザ館内にある 8 ヶ所のキャラクターフォトスポットに設置されたポスターに、アプリの AR 機能を起動したカメラを向けると、『機動戦士ガンダム UC(ユニコーン)』に登場するキャラクターが出現し、一緒に記念撮影ができるサービスも実施中だという。

※本機能の仕様は、予告なく変更する可能性あり。

※パケット料金を含む通信量は自身の負担。

※一部利用できない機種あり。

・ジャンル:カメラアプリ

・価格:無料

・アプリ提供元:株式会社バンダイナムコエンターテインメント

・オフィシャル HP:http://www.unicorn-gundam-statue.jp/ar.html

イメージ

実物大ユニコーンガンダム立像

実物大ユニコーンガンダム立像が、臨海副都心の地に登場する。

夜間に行われる演出ではユニコーンモードからデストロイモードへの変身(変形)を可能な限り再現。

角の開閉、顔のモード変更、肩・腰・膝パーツの展開などのギミックで、リアルな立像を見れるのが最大の特徴だ。

また、メカニックデザイナーのカトキハジメ氏による新規デカールが追加されるとのこと。

グランドオープン以降は立像と壁面に映される映像とのコラボレーションが人気の演出「Wall-G」を実施する予定。

さらに、同日からは、フェスティバル広場にガンダムシリーズの関連商品を販売するトレーラーショップ「GUNDAM TRAILER SHOP」がオープンされる。

詳細については、実物大ユニコーンガンダム立像の公式サイトより随時最新情報が公開される。

・オフィシャルHP:http://www.unicorn-gundam-statue.jp/

実物大ユニコーンガンダム立像 基本情報

・立像名称:RX-0 ユニコーンガンダム Ver. TWC(TOKYO WATER FRONT CITY)

(英語表記:RX-0 UNICORN GUNDAM Ver. TWC)

・全高:19.7m

・重量:49t

・発光箇所:50 箇所

・オープン日:2017 年 9 月 24(日)

・住所:東京都江東区青海 1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ フェスティバル広場

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)とは?

『機動戦士ガンダムUC』は、『機動戦士ガンダム』から続く“宇宙世紀”を舞台とした物語の新章として、作家・福井晴敏による同名小説を 2010 年から株式会社サンライズが映像化したアニメーション作品。

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の3年後を舞台に、主人公バナージ・リンクスが純白のモビルスーツ、「ユニコーンガンダム」と出会い、地球連邦軍とネオ・ジオン残党軍「袖付き」との戦乱の中を生き抜く姿を描いている。

重厚なストーリーと魅力的なキャラクター、カトキハジメ氏によるメカニックデザインは広くガンダムファンに受け入れられ、小説累計 300 万部、Blu-ray&DVD 累計 190 万枚、総有料配信数 100 万回を超える大ヒット作品となった。

公式HP:http://www.gundam-unicorn.net/

「THE GUNDAM BASE TOKYO」オープン記念スタンプラリー(期間限定)

ダイバーシティ東京 プラザ 7 階の「THE GUNDAM BASE TOKYO」オープンを記念して、館内にて記念スタンプラリーが実施されている。

館内 4 箇所でスタンプを集めた人に、毎日先着で特製ピンバッジがプレゼントされる。

※本イベントは期間限定で実施し、予告なく終了する。

※特製ピンバッチは数量限定。

※詳細は公式ホームページを確認。

実物大ユニコーンガンダム立像 フォトデッキ(期間限定)

「実物大ユニコーンガンダム立像」オープンに先駆け、TOKYO ガンダムプロジェクト 2017 の一環として、8 月 26 日(土)から 11 月 26 日(日)(予定)まで、シンボルプロムナード公園内の立像正面にフォトデッキが設置される。

実物大ユニコーンガンダム立像を自由に撮影できる他、カメラマンによる撮影とオリジナル台紙での写真の有料販売も実施される。

・期間:2017 年 8 月 26 日(土)~11 月 26 日(日) 10 時~18 時(予定)

・有料サービス:カメラマンによる撮影とオリジナル台紙の販売(\1,500 税込)

「GUNDAM TRAILER SHOP」(ガンダムトレーラーショップ)

9月24日(日)からフェスティバル広場にガンダム関連商品を取り扱うトレーラータイプのショップ「GUNDAM TRAILER SHOP」がオープンされる。

店内は商品の販売の他「THE GUNDAM BASE TOKYO」の施設紹介「機動戦士ガンダム ユニコーン」作品紹介のミニコーナーも設置されている。

・営業時間:10 時~21 時

・施設運営:株式会社バンダイ イベント&ロケーション開発部

:THE GUNDAM BASE TOKYOとは?

『THE GUNDAM BASE TOKYO』は、ダイバーシティ東京 プラザ 7F にオープンした国内初の「ガンプラ」を主体とした総合施設。

プラモデル史上最大のヒット商品シリーズ「ガンプラ」のさまざまな情報を、訪日観光客の多い臨海副都心エリアから「つくろうガンプラ!」をテーマとして、全世界・全世代のガンダムファンへ発信していく。

施設内には、約 2,000 種類の商品を販売する「ショップゾーン」のほか、購入した商品を組み立てることができる「ビルダーズゾーン」、プラモデルが出来るまでを学べる「ファクトリーゾーン」、企画イベントや限定品の販売などを行う「イベントゾーン」など、さまざまな空間で「ガンプラ」の世界が楽しめる。

・施設名称:THE GUNDAM BASE TOKYO (ガンダムベース東京)

・入場料:無料

・営業時間:10 時~21 時

・施設運営:株式会社バンダイ ホビー事業部

・オフィシャル HP: https://www.gundam-base.net/

参照元:株式会社バンダイナムコホールディングスの発表

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む