VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

本日から、「Galaxyキャラバンin鹿児島」開催!『週刊少年ジャンプ』の原画をVRで体験しよう

2017/04/24 10:37

Galaxyは、360度のVR体験できる「Galaxy Gear VR」、360度動画・静止画を鮮明に残せる全天球カメラ「Galaxy Gear 360」などを、一堂に体験できるイベント『Galaxyキャラバン』、第3弾を本日「2017年4月1日(土)から4月13日(木)」の13日間、 アミュプラザ鹿児島AMU広場にて開催する。

main

本イベントは、2016年5月から全国5都市で順次実施されており、累計40万人以上という体験者数を記録したエンターテインメントパーク「Galaxy Studio」から、特に人気のあったコンテンツを厳選して届けている。
「Galaxy Gear VR」を装着し、可動式チェアに座ると映像に合わせて振動するVRジェットコースターは話題のコンテンツとなり、防水スマートフォン「Galaxy S7 edge」を使ったデジタル金魚すくいなども話題の体験となっており、今回のイベント向けに特別に製作したGalaxyオリジナルのキャラバンカーに載せて全国各地を巡回ている。

今回のイベントでは、3月25日から公開中の映画『キングコング:髑髏島の巨神』の最新VRコンテンツが楽しめるアトラクションが準備されており、他にも、集英社『週刊少年ジャンプ』のカラー原画の世界をVRで体験する『ジャンプ美術館』をGalaxyキャラバンでは初めて公開する事になった。

週間少年ジャンプといえば筆者は、子供の頃毎週決まった曜日に本屋さんへ買いに走る事をが習慣になっていた事を思い出した。

現在の日本のマンガ・アニメの人気タイトルの多くは、ここから生まれてきた言っても大袈裟ではない。

その他Galaxyの最新製品が揃うタッチ&トライコーナーも用意されている。

期間中、3つ以上のアトラクションを体験しながらスタンプを集め、会場内で撮った写真を「#Galaxyキャラバン」を付けSNSに投稿することで、アミュプラザ鹿児島館内にある映画館「シネマ鹿児島ミッテ10」で使えるポップコーン無料引換券がもらえるスタンプラリーも開催されている。また1,000円以上のお買いものレシート提示で豪華賞品が当たる抽選会も実施されている。

dirtygrandpa_logo_0809 KONG: SKULL ISLAND

<VRキングコング>

sub11

<ジャンプ美術館>

Galaxyキャラバンin鹿児島 実施概要

sub2

場所:   アミュプラザ鹿児島 AMU広場 特設会場

(鹿児島県鹿児島市中央町1番地1)
期間:   2017年4月1日(土)~4月13日(木) 10:00~20:00
URL:   http://www.galaxycaravan.com/

参照元:ニュースリリース

過去の『Galaxyキャラバン』実施に関して

第一弾開催 沖縄

『Galaxyキャラバン』第一弾は、2月10日(金)からの開催となり、10日間実施された。

日本の一番南の都市での開催となり、まだまだVRの復旧が一般的ではなく、更に体験施設も都内を中心には増えているといっても、まだまだ地方ではVRというワードすら街で目にすることはないのではないでしょうか?

そう考えると、沖縄からの開催は県内の中でも新たな試みとなり、多くのユーザーが体験に訪れたのではないかと考えます。

最初の目玉コンテンツは、やはりVRジェットコースターとなり、VRとしては、王道的なコンテンツでありながらも、初めて体験する人は衝撃をうけるのではないでしょうか?

Galaxy体験イベントが全国開催決定!第1弾は2月10日(金)から10日間、沖縄で開催

第二弾開催 京都

沖縄の月は九州に北上すると思われた、『Galaxyキャラバン』ですが、九州も越えて3月21日(火)から京都で9日間開催された。

このタイミングでは、九州はスキップされたのだと残念に思ったユーザーもいたのではないでしょうか?

まさか、今回のリリースの通り、九州に再上陸しするとは意外ではあったが、ユーザーからすれば嬉しい限りですね。

この京都での実施には、前回の目玉VRジェットコースターに続き、映画『キングコング:髑髏島の巨神』の最新VRコンテンツが追加されて話題を呼びました。

キングコングは、1933年にアメリカで作られ公開された、特撮映画であります。

特撮と言えば、日本では、PSVRのローンチ時に、無料で公開された映画『シン・ゴジラ』のスペシャルコンテンツが配信され話題を呼びました。

燃え盛る街並みの中、全長118.5メートルのゴジラを見上げ間近で体験でき、臨場感が非常に高く普段できない体験は、まさにVRならではの体験となり、多くの人が体験したコンテンツになる。

今回のキングコングもまさに普段絶対に体験できない体験となり、初めてVRを体験する人などは、その迫力に衝撃をうけるのではないでしょうか?

VRとは、今回の週刊少年ジャンプのような原画を体験できるものから、キングコングのようなものまで、多岐に渡るが、体験してみて初めて各体験の凄さがわかる。

是非、機会があればVR体験をして欲しいと考える。

明日から開催!「Galaxyキャラバンin京都」開催!VRジェットコースターアトラクションも!

VRInside編集長 村山章


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む