VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

”全566アプリを調査” GearVR徹底調査レポート

2017/03/23 07:00

    株式会社ワンダーリーグは、GearVR向けにOculus Storeで提供されている全アプリを調査・集計したデーターを発表した。

    10_SM-R323_Standard_Origin_Silver_M_mod

    調査結果

    全体カテゴリー

    1

    最も多いアプリのカテゴリーは「ゲーム」で36.0%、そして「ギャラリー」が24.6%、「アプリ」が18.4%となっている。

    考察:ゲーム以外では動画配信が多く、側面にあるタッチパッドコントローラーで操作することから、独立したコントローラーを持つ類似のVR機器であるDaydreamよりもゲーム比率は低くなっている。

    ゲームカテゴリー

    2

    ゲーム・カテゴリーで最も多いカテゴリーは「シューティング」で22.1%、「アクション」20.6%、「パズル」の17.6%となっている。

    考察:9割以上がシングルモードで、プレイ中はネット環境を必要としないものが大半を占め、既存ゲームからの置き換えが多い傾向にある。

    配信種別

    3

    マネタイズの種類としては、無料アプリ51.6%、有料アプリの比率は48.4%、従量課金は0%となっている。

    考察:通常のアプリのマネタイズの主流である従量課金は、モバイルVRには不向きなことからなことから採用されておらず、優良なタイトルは有料で配信される傾向にある。
    ※従量課金はIDやパスワードなどの入力手間がかかることから避けられる傾向にある。

    有料全価格帯

    4

    有料アプリ全体で最も多い価格帯は、290円で32.8%、490円 21.5%、190円で12.8%となっている。

    考察:290円と190円の価格帯でほぼ半分を占めるなど、低下価格アプリが多い印象である。

    有料ゲーム価格帯

    5

    ゲームアプリに見る価格帯の推移として、最も多い価格ゾーンは290円で31.8%、490円が24.2%、990円で12.7%となっている。

    考察:もっとも高額となる¥990ゾーン12.7%にとどまるが、今後は優良タイトルの増加が想定され有料比率、高額比率が高まるものと想定される。

    調査概要

    最終更新日:2017年3月13日

    調査方法:Oculus Store Apps (Galaxy S6, S6 Edge, S7, S7 Edge アクセス可能)

    利用可能端末:Galaxy S6, S6 Edge, S7, S7 Edge

    該当アプリ数:566本

    本集計したエクセルデータが提供されているので、お問合わせより。

    ワンダーリーグ問い合わせ:http://wonderleague.co.jp/

    調査目的

    ワンダーリーグは世界に広がるモバイルVR市場に向けた、各種サービスを展開している事から、最新市場動向として定点観測調査を行っている。

    ■提供サービス
    ・既存ゲームアプリをリメイク、移植してDaydream市場やGearVR市場に配信するサービスの提供。
    ・世界初のiPhoneで楽しめるVRコントローラー企画開発。
    ・DaydreamやGearVRといったモバイルVR向けアプリ開発キットの提供。

    提供:株式会社ワンダーリーグ

     


    モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

    最新ニュースを読む