VRコンテンツアナリシスツール「Ghostline」を紹介! | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRコンテンツアナリシスツール「Ghostline」を紹介!

2017/03/02 15:56

Ghostlineは最新のアナリシスツールでユーザーがどのようにコンテンツを体験しているかを教えてくれる。

今回はAldin DynamicsのVRコンテンツアナリシスツール「Ghostline」を紹介する。

aldindynamics_header-1

Ghostlineは最新のアナリシスツールでユーザーがどのようにコンテンツを体験しているかを教えてくれる。

シンプルなセットアッププロセスと直感的なインターフェイスで、コンテンツに関する数値や情報をビジュアライゼーション化し、改良が必要なところや有効性の評価などドキュメントとしてデベロッパーに提供する。

ドキュメントにはコンテンツをプレイしている人の数、平均プレイ時間、どのタイミングにプレイされているかなどのベーシックな情報やプレイヤーの身長やルームスケールを使う頻度などの今後のゲーム制作に役立つものなどが載る予定だ。

Ghostline2

Ghostlineはゲーム制作のプロトタイプ、クオリティーの保証、ポストデベロップメント、アップデートなどの様々なシチュエーションをサポートできる。

現在早期アクセスリリースに向けて、準備中だ。

対応はPlayStation VR、HTC Vive、Oculus Rift。

早期アクセスを含むGhostlineの情報がいち早く知りたい方はこちらのリンクからメールリストにサインアップできる。

参照元URL: http://ghostline.xyz/

     

     

kaho


ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。