Googleと国連がシリア難民問題を伝える没入型ウェブサイトを開設 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Googleと国連がシリア難民問題を伝える没入型ウェブサイトを開設

2017/05/23 18:13

Googleと国連が協力し、シリア難民問題の実態を伝える新しいウェブサイトを作成した。伝わりやすさを重視したサイトでは、360度画像を含む画像や動画が多用されている。360度のコンテンツが持つ「現場の感覚を視聴者に伝える力」は、今後も活用されていくだろう。

難民キャンプの親子

世界で起きている重大な出来事を伝えるメディアとして、360度動画の力は大きい。これまでにもおめでたい話題のニュースから内戦状態にある土地の実情まで、360度カメラによって撮影されたドキュメンタリーは作られている。

現在世界的に問題となっているシリア難民の問題についても、VRは現状を世界へと伝えることができるだろう。月曜日、Googleと国連が協力してこの問題を扱う新しいウェブサイトを開設した。

Searching for Syria

この新しいサイト「Searching for Syria」では、世界的な検索エンジンでしばしば検索されるシリアに関する5つの質問に対する答えを容易に見つけることができるようになっている。

国連とGoogleの協力

シリアの情報として使われているデータは国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)のもので、このサイトに掲載する内容はGoogleで検索されるワードを元に選ばれている。内容を利用者に分かりやすくするためにGoogle Mapsの地図データが活用されているのも、Googleの協力あってのことだ。

国連難民高等弁務官のFilippo Grandiは声明の中でSearching for Syriaの目的について語っている。

「Searching for Syriaが目指しているのは、シリアと難民にまつわる誤解や神話を払拭し、今日の最大の非人道的悲劇の正体を伝えることです」

Searching for Syriaの構造

サイトにはシリアの難民問題に対する一般の誤解を解くための貴重な情報が含まれているが、そのために難解で読みにくいものになることがないように配慮されている。

写真、動画、そして360度を見回すことのできる画像を使って構成されており、スクロールしていくだけで「シリアでは何が起きているのか?」「戦争になる前のシリアはどうだったのか?」といった質問への答えが得られるようになっている。

サイトは現在英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語版が提供されており、この問題に興味を持つ世界中の人々がアクセスできるようになっている。さらに、近くアラビア語での表示も可能になる予定だ。

残念ながら現時点では日本語に対応していないが、画像を見るだけでもシリアに対するイメージが変わるかもしれない。

シリアへの目

シリアでは6年以上も戦争が続いた

シリアでは6年以上も戦争が続いた

高い関心

難民問題への関心が薄い日本では、シリアについて調べている人は少ないかもしれない。しかし、このプロジェクトのリーダーであるWilliam Usdinは世界中の人がこの問題についてGoogleで調べていると説明する。

ドイツ、イギリス、フランスでは検索のトレンドに「シリアでは何が起こっているのか?」「難民とは何か?」といったワードが入ってくるという。世界中の人がGoogle検索でシリアに起きていること、そして自分がシリアのためにできることを調べている。

2016年だけでも、何千万人もの人がシリアとシリアの人々について調べている。

シリアのためにできること

Searching for Syriaに掲載された5つの質問のうち最後のものは「シリア難民を助けるために何ができますか?」だ。

多くの人が実行できる方法は、寄付を行うことだ。少額の寄付であっても、このサイトを閲覧した人が少しずつ出し合えば大きな金額になる。

お金を出す以外にも、直接国連やその他の団体が行う活動に協力する方法もある。それが難しいなら、このサイトを拡散するだけでもシリアと難民の問題に対する誤解を解き、寄付金を増やすことに繋がるだろう。

 

Searching for Syriaのサイトが開設されるよりも前から、シリアの難民問題はウェブ上で議論されてきた問題だ。この地域を取り上げたテレビ番組や書籍も多くある。

だが、こうした「難しい」と感じてしまう内容を書籍で調べるのは多くの人にとって億劫なことだ。Searching for Syriaでは、360度画像を含む豊富な画像や映像によってシリアについて知ることができる。この意義は大きい。

多くの共感を呼べば、それだけ支援の動きも広がっていくことになるだろう。世界規模の問題を伝える手段として、VRコンテンツはこれからも役立てられていくに違いない。

 

参照元サイト名:Searching for Syria
URL:https://searchingforsyria.org/en/what-was-syria-like-before-the-war/

参照元サイト名:Mashable
URL:http://mashable.com/2017/05/08/bra-devices-detect-early-signs-of-breast-cancer/

参照元サイト名:Googleブログ
URL:https://blog.google/topics/google-org/introducing-searching-syria-project-made-partnership-unhcr/

     

     

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。