VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

グーグル、Androidデバイス用のARプラットフォーム「ARCore」を発表 - VR Inside

グーグル、Androidデバイス用のARプラットフォーム「ARCore」を発表

        2017/08/31

8月29日、グーグルはAndroid OS対応のARプラットフォーム、「ARCore」を発表した。

これはAndroid端末でより高機能なARアプリの動作、開発を可能にするもので、本日より開発者向けキットのプレビュー版が公開され、グーグルのウェブサイトから確認できる。

ここ最近、スマートフォンARに関する話題はアップルのARプラットフォーム「ARKit」に関するものが中心だったが、ここにグーグルのARプラットフォームが加わることによって、スマートフォンARの開発環境がより潤沢になりそうだ。

「ARCore」について

グーグルはこれまでにもAR開発を積極的に進めてきており、過去には同社独自のARプラットフォームである「Tango」をリリースしている。

ただし、「Tango」プラットフォームは動作するデバイスが極めて少なく、現在のところLenovo社製の「Phab 2 Pro」と、ASUSの「ZenFone AR」のみの対応となっている。

しかし、同社が今回発表した「ARCore」は対応デバイスが拡張され、現在のところグーグルのスマートフォン「Pixel」シリーズと、サムスンのGalaxy S8シリーズに対応しており、Android OSの最新バージョン「7.0 Nougat」以上で動作する。

同社は現在、サムスン、ファーウェイ、LGやASUSなどの複数の企業と提携して開発を進めており、「ARCore」を用いたAR機能を、プレビュー期間中に1億台のデバイスに搭載することを目標に掲げている。

「ARCore」の機能

「ARCore」は、おもに以下の3つの機能を中心にして構成されている。

モーショントラッキング

スマートフォンのカメラを通して空間にポイントを打ち、空間の特徴を把握する。そしてモーションセンサーによってデバイスの位置や傾き、動きなどを測定する。

環境認識

3DオブジェクトをAR表示する際、床や机などの真っ平らな面に配置する場合が多いが、環境認識機能によって空間のなかの水平面を正確に認識することができる。

車のボンネットなどの傾斜面の認識も可能で、3Dオブジェクトの正確な配置が可能になる。

環境光推定

部屋の中の明るさを測定することができるので、部屋の明るさに応じてそこに配置する3Dオブジェクトの明るさを調節できる。

空間にマッチした明るさでオブジェクトをAR表示するので、オブジェクトがまるで実際にそこにあるかのようなリアルなAR表示が可能になる。

複数の開発エンジンに対応

また、「ARCore」は様々なエンジンを用いたコンテンツ制作に対応しており、Java/Open GL、UnityやUnreal Engineをサポートしている。

他にも、グーグルはAR機能を用いたウェブブラウザーのプロトタイプをリリースする予定で、これによってAR機能を搭載したウェブサイトの制作が可能になるとのこと。

AR機能を搭載したウェブサイトは、ARCoreを搭載したアンドロイド端末、ARKitを搭載したiOSデバイス両方で閲覧することができる。

グーグルはARCoreについて「ARを普及させるための次のステップ」と形容しており、今年後半にかけてより多くの情報を公開する予定だ。

GoogleによるAR開発の取り組み

グーグルは「ARCore」をリリースする以前から積極的にAR開発に参入しており、今年5月に開催された開発者会議「Google I/O」では、同社の独自のAR技術「Google Lens」と「Visual Positioning Service」を発表している。

「Google Lens」

「Google Lens」は、スマートフォンのカメラに写った画像から被写体をAIによって認識して、その被写体に関する情報をスクリーンにAR表示する機能である。

この機能を利用したシーンを想定してみると、たとえば花を見ていて、その花の名前を知りたくなった時、その花をスマートフォンのカメラでスキャンすると、その花の名前をAR表示することができる。

もしくは、街で気になるレストランを見かけた際、その店の入り口にカメラを向けると、店の名前はもちろん、グルメサイトでの口コミも表示することができる。

「Google Lens」を使用することで、今まで文字入力によって手動で検索していた情報を、カメラを起動するだけで得ることができる。

「Visual Positioning Service」

「Visual Positioning Service」とは、グーグルのARプラットフォーム「Tango」の新機能で、Tangoの空間認識機能を1センチ以下の制度にまで高めるものだ。

本機能を活用した例として、たとえば東急ハンズでボルトを探すとき、探しているボルトを事前に同機能を用いてデバイスに読み込んでおくと、東急ハンズの工具フロアで探しているボルトがどこにあるのかガイドしてくれる。

グーグルのVR部門のバイス・プレジデントのClay Bavor氏は本機能に関して、「GPSは屋外移動時にユーザーをガイドするが、Visual Positioning Service」は屋内に置かれたものがある場所をガイドする」と説明している。

同機能に対応しているスマートフォンは、現時点ではLenovo「Phab2 Pro」と、Asus「ZenFone AR」の2機種のみとなっている。

参照元:Road to VR

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

daisuke

Writer: ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。