VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

gumi、インキュベーションプログラム「Tokyo VR Startups」の名称を変更して第4期の募集を開始

「Tokyo VR Startups」は 「Tokyo XR Startups」に名称変更 第4期募集エントリー受付開始

tokyovrstartups.com/より引用

株式会社gumi(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:國光宏尚、以下「gumi」)は、同社の連結子会社であるTokyo VR Startups株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:國光宏尚、以下「TVS」)が運用する「Tokyo VR Startups インキュベーションプログラム」を「Tokyo XR Startups インキュベーションプログラム(以下「TXS」)」に名称変更すること、またTXSの第4期応募エントリーの受付を開始したことを発表した。

応募締切は 2018年2月28日(水曜日)となっている。

「Tokyo XR Startups」について

これまでTVS社は主にVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)に特化したインキュベーションプログラムを運用していたが、更なる市場の拡大が見込まれるAR(オーグメンテッドリアリティ:拡張現実)やMR(ミックスドリアリティ:複合現実)も含めた「XR(Xリアリティ)」に対応するため、プログラム名称をTXSへと変更することにしたとのこと。

第1次選考(書類審査)及び第2次選考(面接)を通過したチーム(最大7チーム選出予定)には、TXSプレプログラムへの参加資格が与えられる。

プレプログラム参加者は、インキュベーションセンターにて最大2ヶ月間プロジェクトのチームビルディング及び開発計画作成に取り組み、最終選考(プロジェクト審査)へと進む。

最終選考を通過したチーム(5チーム選出予定)に 500万円~1,500万円程度の出資を行い、TXSメインプログラムとして2018年6月〜9月までの間、XRプロダクトやサービスのプロトタイプ開発を行うことになる。

各チームは引き続き、「TVSインキュベーションセンター」を無料で利用することが可能となっている。

本プログラムは、日本でのXRにおけるオープンイノベーションを加速させ、日本から世界を目指すプロダクトやサービスを創出することを目標としており、2016年1月~6月までの第1期においては5チーム、2016年10月〜2017年3月までの第2期においては3チーム、2017年6月~11月までの第3期においては、7チームの活動を支援している。

ゲーム等のエンターテインメントのみならず、ゲーム以外のプロダクトやサービスなど自由な発想と実現への意欲を持つXR開発者を支援対象としているということだ。

プログラム概要

1. 6ヶ月間のプログラム (プレプログラム2ヶ月+メインプログラム4ヶ月)

プレプログラム参加者(最大7チーム選出予定)は、2018年4月〜5月までの最大 2ヶ月間で、プロジェクトのためのチームビルディング及びXRに関するプロダクトやサービスのプロトタイプ開発計画を作成し、最終選考(プロジェクト審査)を受けることとなる。

最終選考通過チーム(5チーム選出予定)は、2018年6月〜9月までのメインプログラム期間 4ヶ月間、XRに関するプロダクトやサービスのプロトタイプ開発を行うこととなる。

2. 開発や事業の成長をサポート

XRに関する最新の情報を得られる環境の整備を通じて、迅速な製品開発が進められるようにサポートされる。

また、国内・海外の外部パートナーとの連携の機会が用意される。

3. メンターによるメンタリング

国内・海外のメンターによるメンタリング、ビジネスマッチングなどの支援が提供される。

4. Demo Day の実施

プロダクトやサービスのプロトタイプの発表の場として、2018年6月と2018年9月にDemo Dayが行われる予定だ。

その場で、VCや投資家、事業会社等へ直接アピールし、資金面や事業面での支援を得ることで更なる成長が実現可能となる。

プレプログラム特典

1. オフィススペース提供

2018年4月〜5月のプレプログラム期間中、「TVSインキュベーションセンター」(箱崎インキュベーションセンター内)を1チーム最大2名まで24時間無料で利用することができる。

2. メンタリング

国内・海外のメンターによるメンタリングを受けることができる。

メインプログラム特典

(プレプログラム特典も継続して受けることができる)

1. 開発資金の提供

プロダクトやサービスの開発に対し、1件あたり500万円~1,500万円程度の出資が行われる。

2. 開発環境の提供

6月〜9月のメインプログラム期間中、「TVSインキュベーションセンター」を無料で利用でき、開発に専念するために、バックオフィス業務がサポートされる。

3. メンタリング

国内・海外のメンターによるメンタリングを受けることができる。

4. その他様々なサービスを提供

XR開発に関連する様々なサービス(機材レンタル・割引購入など)が、特別プランにて提供される予定。

応募要項

公式サイト( http://tokyovrstartups.com )にて、応募概要の告知とエントリーが行われている。

募集期間

2017年12月7日(木曜日) 〜 2018年2月28日(水曜日) 23 : 59

募集対象

XRに関する革新的なプロダクトやサービスのアイデア、ビジネスプランを持っており、その実現のための技術力を持つチームを募集。

応募条件

・プログラム期間中(プレプログラム2ヶ月間+メインプログラム4ヶ月間)に、XRを使ったプロダクト、サービスのプロトタイプを開発できること

・プログラム期間中チーム内最低1名は「TVSインキュベーションセンター」に常駐できること

・登記済みの法人、または未登記の個人・団体であること

・年齢・性別・国籍は不問

・TVS が開催するイベント等に積極的に参加できること

プログラムの流れ(予定)

プログラム参加者募集 (2018年2月28日(水曜日)締切)

第一次選考(書類審査)(2018年3月上旬)

第二次選考(面接)(2018年3月上旬)

プレプログラムスタート(2018年4月)

最終選考(プロジェクト審査)(〜2018年5月)

メインプログラムスタート(2018年6月)

Demo Day 1 (2018年6月下旬)

Demo Day 2 (2018年9月下旬)

VC や投資家、事業会社等からの追加出資や事業提携等

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

VRInside編集部


VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む