ランダム生成されるステージで昆虫型エイリアンと戦うVRFPS「Gunheart」アーリーアクセス版リリース | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ランダム生成されるステージで昆虫型エイリアンと戦うVRFPS「Gunheart」アーリーアクセス版リリース

VIVEとOculus Riftに対応したVRFPS「Gunheart」のアーリーアクセス版がリリースされた。昆虫型のエイリアンと戦う世界観で、ステージの地形と敵の出現がランダム生成されるので、常に新鮮にプレイできる。

海外メディアRoad to VRは、VRFPS「Gunheart」のアーリーアクセス版リリースを報じた。

何度でも新鮮にプレイできる「Gunheart」

同メディアによると、VIVEおよびOculus Riftに対応したVRFPS「Gunheart」のアーリーアクセス版がリリースされた。

同ゲームはSF的な世界観のFPSで、具体的には昆虫型のエイリアンと銃撃戦を行う。シングルプレイとマルチプレイの両方に対応しており、マルチプレイではほかのプレイヤーと協力して昆虫型エイリアンと戦うことになる。

同ゲームの特徴的なところは、銃撃戦が行われるステージがプレイのたびに生成されることだ。この特徴により、プレイヤーは毎回異なったステージでプレイすることになる。このステージ生成は、ステージの地形だけではなく、出現する昆虫型エイリアンの数にも及ぶ。つまり、エイリアンの出現パターンを覚えて攻略するようなプレイスタイルが不可能なのだ。ゲームクリアのためには、純粋にシューターとしてのスキルを上げなくてはならない。

同ゲームの開発には、人気FPSゲームシリーズ「Gearsof War」と「Halo」シリーズの開発に関わったスタッフが加わっている。これらのゲームシリーズに影響されてか、SF的な世界観でありながらも、グラフィックはリアル志向となっている。

なお、このほどリリースされたのはアーリーアクセス版であるが、完全版は6ヶ月以内にリリースする、とのこと。完全版にはゲームモード、武器、そして敵キャラクターの種類がそれぞれ追加される予定だ。

同ゲームの購入は、本記事下部にリンクを示したSteamページから可能である。価格は¥3,480となっている。

最近のVRFPSの動向

FPS(First Person Shooting:一人称シューティング)は、ゲームでプレイされるキャラクターの視野と画面表示が一致するという特徴からVRゲームとの親和性が非常に高く、VR元年以降定期的に同カテゴリーのVRゲームはリリースされている。以下では、同カテゴリーにおける最近リリースされたコンテンツを紹介する。

Serious Sam: The Last Hope

人気VRFPSシリーズ「Serious Sam」の最新作が、「Serious Sam: The Last Hope」だ。

同シリーズで最も特徴的なのは、プレイ中に大量の敵が登場することであり、このシステムは同ゲームでも活かされており、バーチャル空間内に数え切れないほどの敵が押し寄せる。

また、様々な種類の武器が登場するのも本作の特徴であり、二丁拳銃やトミーガン、重レーザー砲やショットガン、その他様々な武器を使用することが可能で、チェーンソーなども含めると合計で10種類以上の武器が登場し、その他にもロケットランチャーなどの重火器も使用できる。

もっとも同ゲームはまだアーリーアクセス版であり、それぞれの惑星に4つずつのロケーションが用意されているのだが、アップデートによって今後追加していく予定。

Front Defense

「Front Defense」は、VIVEに対応した第二次世界大戦をテーマとしたFPSで、ViveportとSteamから購入することができる。

同ゲームには、以下のような特徴がある。

  • ・HTC Viveによって可能になるルームスケールの激しいプレイが可能な第二次世界大戦を舞台にした洗練されたシューティングゲーム。
  • ・ヨーロッパの街並みが美しく再現されており、それらは敵の激しい攻撃によって破壊されるのであるが、その中でプレイヤーは戦略的優位に立つ要所を死守しなければならない。
  • ・使用する武器をつねに変えながら戦いを進め、軽火器から重火器、固定機関銃までを駆使してプレイする。
  • ・バズーカや手榴弾、もしくは対地航空支援を活用しながら、襲いかかってくる敵の装甲部隊を撃破、たとえば重武装の歩兵部隊から装甲車両部隊、戦車、爆弾を身に着けた自爆兵士などが登場する。
  • ・最終ステージに登場するラスボスとの戦いで、Axisのミステリアスな超高性能武器を奪い取る。
  • ・世界中のプレイヤーのスコアを表示するボードによって、他のプレイヤーのリプレイを確認することができる。

VRFPSは数多くリリースされているだけに、様々な世界観のものがあり、プレイヤーに多くの選択肢が与えられている。同カテゴリーは、今後もVRゲームの王道として位置づけられていくだろう。

VRFPS「Gunheart」のアーリーアクセス版リリースを報じたRoad to VRの記事
https://www.roadtovr.com/gunheart-early-access-launch-coop-vr-shooter/

Gunheart公式ページ
http://gunheartvr.com/

SteamのGunheart購入ページ
http://store.steampowered.com/app/551700/Gunheart/

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む