VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRシューティングゲーム「Gunheart」大型アップデート&値下げセールを実施

2017/09/05 18:00

    海外メディアVRFocusは、「Gunheart」の大型アップデートと値下げセールを報じた。

    より刺激的なグラフィックとゲームモードを追加

    2017年8月1日にリリースされたVIVE&Oculus Rfit対応VRシューティングゲーム「Gunherat」が、リリース後およそ1ヶ月足らずで大型アップデートを実施する。開発元スタジオのDrifterは、アップデート内容をまとめた動画を公開した。

    以下では、以上の動画で言及されているアップデート内容をまとめる。

    新ウェポンの追加

    新ウェポン「ロケットランチャー」「デス・ディスク」が追加される。

    「ロケットランチャー」は、その名称通り小型ロケットを飛ばす武器である。発射されたロケットは、障害物にあたると爆発する。敵キャラクターに当たれば、敵は木っ端微塵となるだろう(本記事トップ画像参照)。

    「デス・ディスク」は、円盤状の刃物を飛ばす武器である。発射された円盤状の刃物は、壁などに当たると反射する。この反射を利用すれば、死角にいる敵を攻撃したり、複数の敵を切り裂くことが可能となるだろう。

    ピストルのエイミングシステムの刷新

    ウェポンのひとつであるピストルのエイミング(照準を定めること)方法が変わった。新しいエイミングシステムでは、ホログラフィックなスコープが表示されるようになった。

    新ゲームモードの追加

    新ゲームモードが4つ追加される。追加されるモードは、以下の通り。

    • ・高難易度の「エリートモード」
    • ・ほかのプレイヤーとスコアを競う「shooting range」モード
    • ・夜間に戦う「Night」モード
    • ・新PVP(プレイヤー間の対戦)モード「Hostile Take-Over」の追加

    shooting rangeモード画面

    Nightモード画面

    「Hostile Take-Over」画面

    以上のような大型アップデートに加えて、2017年9月7日まで15%OFFの値下げセールを実施する。値下げした結果、通常価格¥3,480のところ¥2,958で購入できる。

    Gunheartとは

    「Gunheart」とはSF的な世界観のFPSで、具体的には昆虫型のエイリアンと銃撃戦を行う。シングルプレイとマルチプレイの両方に対応しており、マルチプレイではほかのプレイヤーと協力して昆虫型エイリアンと戦うことになる。

    同ゲームの特徴的なところは、銃撃戦が行われるステージがプレイのたびに生成されることだ。この特徴により、プレイヤーは毎回異なったステージでプレイすることになる。このステージ生成は、ステージの地形だけではなく、出現する昆虫型エイリアンの数にも及ぶ。つまり、エイリアンの出現パターンを覚えて攻略するようなプレイスタイルが不可能なのだ。ゲームクリアのためには、純粋にシューターとしてのスキルを上げなくてはならない。

    同ゲームの開発には、人気FPSゲームシリーズ「Gearsof War」と「Halo」シリーズの開発に関わったスタッフが加わっている。これらのゲームシリーズに影響されてか、SF的な世界観でありながらも、グラフィックはリアル志向となっている。

    なお、現在のバージョンはアーリーアクセス版であるが、完全版は6ヶ月以内にリリースする、とのこと。完全版にはゲームモード、武器、そして敵キャラクターの種類がそれぞれ追加される予定だ。

    最近のVRFPSの動向

    FPS(First Person Shooting:一人称視点シューティング)は、VRゲームのなかでも人気のジャンルであり、新作が絶えずリリースされている。

    Megaton Rainfall

    本メディアが最近紹介したVRFPSに、PSVR対応タイトル「Megaton Rainfall」がある。

    同タイトルは、地球侵略を企てるエイリアンを迎え撃つという典型的とも言えるSF的世界観のFPSだ。ゲームグラフィックも、映画「インディペンデンス・デイ」を彷彿とさせるような既視感のあるものである。

    同タイトルの特異なところは、エイリアンを迎え撃つプレイヤーが操作する主人公にある。主人公は、ゲーム開始時点で街まるごと破壊できるような超人的存在なのだ。それゆえ、FPS(First Person Shooting:一人称視点シューティング)といっても描写される景色は通常のヒトからではなく、高層ビルよりも高い「巨人」から見える鳥瞰的な視界なのだ。

    もっとも、プレイヤーは操作する巨人は最初は歩くことしかできない。しかし、次第に強くなり、空を飛んだり、宇宙空間に突入したり、最後には太陽の表面を歩けるようになる。

    同タイトルは、FPSとしては典型的なゲームシステムながらも、そのゲーム設定が特異なところが最大の魅力となっている。

    VRFPSは、プラットフォームを問わず今後も数多くリリースされるだろう。

    「Gunheart」のSteeamページ
    http://store.steampowered.com/app/551700/Gunheart/

    「Gunheart」の大型アップデートと値下げセールを報じたRFocusの記事
    https://www.vrfocus.com/2017/09/gunheart-update-adds-new-weapons-elite-mode-pvp-levels-and-more/

    吉本幸記


    千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

    最新ニュースを読む