VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

西部時代が舞台のVRシューティング「Guns'n'Stories: Bulletproof VR」、アップデート版「Act II」がリリース

MiroWinによるVRシューティング「Guns'n'Stories: Bulletproof VR」のアップデート版が登場した。本作は現在早期アクセス版をプレイ可能で、先日MiroWinよりアップデート版「Act II」がリリースされた。

「Guns'n'Stories: Bulletproof VR」について

概要

本作は西部時代のアメリカを舞台にしたシューティングゲームだ。主人公は「Sintown」という街を舞台にしてシューティングバトルを繰り広げ、大量の敵やボスキャラとの戦いをプレイする。

次々と現れる敵キャラをひたすら銃で撃ち倒すというのが基本的なゲームプレイだ。様々な武器を使用することが可能で、ゲームを盛り上げるためのストーリーやプロットにも重点が置かれた内容となっている。

ゲームのストーリーについて

ゲームがスタートすると、元ハンターであった祖父(プレイヤーが操作するキャラクター)であるBillの回想録から始まる。祖父がこれまでに経験した様々な冒険について語りが進むにつれて、回想する内容がゲーム画面に現れる。

プレイヤーは大量の敵やボス達に囲まれており、使える武器を手に取ってこの状況から脱出すべく、激しいシューティングバトルに発展するという内容だ。

ゲーム中に登場するダークユーモアやファンタジー、スチームパンク的な世界観が特徴だ。またドローンや、カウボーイをイメージしたデザインのセグウェイなど、西部劇とSFを融合したような内容も本作の世界観の特徴となっている。

早期アクセス版をプレイ可能

「Guns'n'Stories: Bulletproof VR」は現在早期アクセス版がプレイ可能だ。多くの早期アクセスタイトルがそうであるように、プレイヤーからのフィードバックを得ながらゲーム内容の改善を行う予定だ。

早期アクセス帰還後にリリースされるフルバージョンでは、予定ではゲーム内に登場するボスや、使用できる武器が追加される予定。価格は変更しない予定であるが、変更する場合は徐々に価格を引き上げるとのことだ。

続編「Act II」が登場

本作は先日、開発元のMiroWinより、続編となる「Act II」のリリースが発表された。これは本作の世界観を拡張するもので、MiroWinのMichael Shkaredniy氏は「Act II」の内容に関して以下のように述べている。

「Act II」をリリースできることはこの上なく喜ばしいことです。これまでのゲームがよりクレイジーになるだけでなく、新しい敵や武器、新しいボスキャラなどが追加されます。これによって、「Guns'n'Stories: Bulletproof VR」はこれまで以上に優れたものになります。

「Act II」は、「Guns'n'Stories: Bulletproof VR」本体をインストールしたプレイヤーであれば無料でプレイ可能となる。

価格、対応デバイス

本作はHTC Vive、Oculus Riftでプレイ可能で、SteamOculus Storeからダウンロード可能。本体価格は約1,000円。

必要スペック

本作の動作に必要なスペックは以下の通り。

OS Windows 10
プロセッサー Intel i5-4590 equivalent or greater
メモリー 8 GB RAM
グラフィック NVIDIA GTX 970 / AMD equivalent or greater
DirectX Version 11
ストレージ 2 GB 利用可能

最近リリースされた、VR/ARでプレイ可能なシューティングタイトル

「Bravo Team」

「Bravo Team」は、PlayStation VR対応のシューティングゲームだ。本作はPSVR対応のシューティングコントローラーを用いてプレイ可能で、リアルかつ直感的な戦いが体感可能となり、自分が戦闘の最前線にいるような感覚を味わえる。

プレイヤーはNPC、もしくは他のプレイヤーとパートナーを組み、弾丸が降り注ぐ戦場でさまざまなミッションに挑んでいくという内容。

シューティングコントローラーによるリアルなFPS体験と、ボイスチャットが生み出す連携プレイによって、ハイレベルの臨場感を体験できるタイトルとなっている。

参考:PSVR専用シューティング『Bravo Team(ブラボーチーム)』2017年発売決定!

「OVERTURN」

「OVERTURN」はアドベンチャーゲームとパズルゲーム、FPSなどの複数のゲーム要素を融合したタイトルだ。主人公は秘密の研究施設で目覚め、隠された謎を解きながら脱出を試みる。

プレイヤーは生き残るために、素早いアクションと鋭いシューティングを通じて、舞台となる世界に没入することができる。様々な脅威や危険が組み込まれたファンタジー世界を舞台にしてエネルギッシュなゲームプレイを楽しめる。

様々な武器を使用することが可能で、ビームライフルやエナジースウォード、グレネードなどの武器を駆使して敵のロボットを撃破していく。

参考:アクション、パズル、シューティング、様々な要素を融合した「OVERTURN」が10月17日にリリース!

ARゲーム「エアーモンスター」

「エアーモンスター」は、親しみやすい世界観と世代を問わずにプレイ可能なシンプルなルールが特徴のカジュアルARゲームだ。

スマートフォンのカメラを通して現実世界にAR表示された世界を体感し、タップ操作でAR表示されるモンスターを爽快に撃ち落としていく「キレイ・簡単・すぐできる」がコンセプトのシューティングゲームだ。

iOS 11をインストールしたiPhoneでプレイ可能で、カメラを通してリアルタイムの現実世界に、あたかも自分の周囲や360度の様々な場所にモンスターを出現させることが可能となる。スマートフォンの画面を傾けて、モンスターを探しては撃ち落とすという、新感覚のARシューティングゲームをプレイ可能だ。

参考:ARKitを活用したシューティングゲームアプリ「エアーモンスター」を配信開始

参照元:VRFocus Guns ‘N’ Stories: Bulletproof VR Act II Now Available For Early Access Owners


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む