100%リアルな体験ができるVRコントローラー「Hapto」IndieGoGoキャンペーンに登場! | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

100%リアルな体験ができるVRコントローラー「Hapto」IndieGoGoキャンペーンに登場!

2017/06/01 15:55

シンガポールベースのVRスタートアップ企業、Haptoが脳波を研究して制作した、現実で物を触った時と同じようなリアルな感覚を再現することができる同名VRコントローラーのIndieGoGoキャンペーンをスタートさせたことを発表した。

シンガポールベースのVRスタートアップ企業、Haptoが同名VRコントローラーのIndieGoGoキャンペーンをスタートさせたことを発表した。

脳波を研究して作られたVRコントローラーで、現実で物を触った時と同じようなリアルな感覚を再現することができる。

Hapto: 概要

Hapto-Packshot

Hapto VR Controller allows You to feel the things You touch in VR. (PRNewsfoto/Hapto)

Haptoはリアルなハプティックエフェクトをユーザーを提供する、今までにないVRコントローラーだ。

Haptoユーザーは、触る、握る、ものを投げる、武器を巧み操作したりなどのどんな動作もVRでできるようになり、バーチャルスペースで現実のようにふるまえるようになる。

Haptoコントローラーの良いところは使うのがとても簡単で、ユーザーはシンプルにはめるだけで使用できる。

HaptoはPCとAndroidデバイスに加え、Samsung Gear VR、Oculus Rift、Google Cardboard、HTC Vive、Google Daydream、Merge VR GoggleなどメジャーなVRヘッドセットには全て対応している。

Haptoは通常販売では$249(約27600円)だが、IndieGoGoキャンペーン中のアーリーバードプライスだと$149(約16500円)で手に入れることができる。

Hapto設立者でCEOのAlexander Khromenkov氏コメント:

「Haptoは私たちがずっと夢に描いていた、Sci-Fiワールドが現実になるような、VRの可能性を大きく広げるデバイスとなります。

私たちはここ数年感、最新のメディカルリサーチを研究し、脳がどのように感覚を作り出すのかについて調べました。

研究の結果、私たちは人が物を扱っている時の脳への影響を完全に再現することができるシステムを制作しました。

Haptoを装着し、VRゲームやアプリを開始するだけで、まるでVRであることを忘れてしまうくらいリアルな感覚の体験を味わうことができます。」

Hapto: 仕組み

hapto-how it works

Haptoの最初のプロトタイプはKickstarterのファンディングプロジェクトで$100,000(約1110万円)を達成した2013年に開発された。

それから、カンパニーはHaptoリデザインし、新しいユニークなコントローラー完成させた。

新しいHaptoを稼働させているハプティックメカニズムは現実世界で物を触ったときのようなハプティックエフェクトをユーザーの手に提供するよう、構成、プログラムされたプッシャーを20個搭載している。

Haptoは両サイドにムーブメントキャプチャー・ライトサークルが設置されており、ユーザーの動きをとらえる。

さらにアクセラレーターとジャイロスコープがローテーションとモーション感知のためにつけてあり、四つのボタンでゲームとアプリのベーシックな操作が可能になる。

HaptoをテストしたBernard Jacobsen氏コメント:

「Haptoが作り出す体験は他のものと完全に違うものです。

実際は触ってないのに、触っている感覚がリアルに再現されるため、すこし変な感覚ですが、ものに触ったり動かしたりとVRを目だけではなく触感でも楽しめるようになり、VR体験が格段に向上します。」

Hapto: 仕様と価格

Hapto-gaming

Hapto. Experience the unknown. (PRNewsfoto/Hapto)

Haptoは手にフィットするよう計算されたデザインで、ストラップで調節できるため快適な付けご心地が約束されている。

カラーはホワイトとオレンジ、ブラックとホワイト、ブラックとオレンジの3種類の組み合わせで、何度も繰り返しチャージしてつけるバッテリーがだいたい2、3時間一回のゲームで持続する。

対応デバイスは、Samsung Gear VR、Oculus Rift、HTC Vive、Google Cardboard、Google Daydream、Merge VR GoggleとメジャーなVRヘッドセットにはほとんど対応している。

PlayStation VR、OSVR、Microsoft Hololensサポートが今後すぐに追加される予定だ。

IndieGoGoキャンペーン中のアーリーバードプライスなら通常価格の40%オフの$149(約16500円)でHaptoを購入できる。

2018年発送予定、世界中に配送可能だ。

HaptoはIndieGoGoのファンディングキャンペーンなので、普通の商品購入ではなく、$149(約16500円)の資金をサポートするとHaptoコントローラーが特典としてついてくるという仕組みだ。

ファンディングキャンペーンの目標金額が達成できないと、特典は手に入らないので注意が必要となる。

しかし、Hapto2013年にもKickstarterのファンディングキャンペーンを達成し、話題になったVRコントローラーで、今回も5月31日にキャンペーンを開始し、6月1日現在$25,000(約277万5800円)のうち$13,628(約151万2694円)、55%がすでに達成しているので、目標金額達成の確立は高いと言える。

参照元URL: http://www.prnewswire.com/news-releases/hapto-the-worlds-first-vr-controller-that-provides-a-100-realistic-experience-for-samsung-gear-vr-oculus-rift-htc-vive-and-more-300466064.html, https://www.indiegogo.com/projects/hapto-vr-feel-everything-you-touch-with-vr--2?ref_d=pre.toolz.ai#/

kaho


ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。

最新ニュースを読む