VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

MRで壁紙や床の変更可能に!ウェアラブルEXPOでHoloLens向けインテリアコーディネートアプリを出展

MRで壁紙や床の変更可能に!ウェアラブルEXPOで「Microsoft HoloLens」向けインテリアコーディネートアプリを出展

Webシステムやアプリの企画・開発を手がける株式会社神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役社長:永吉一郎、以下KDL)は、2018年1月17日(水)から19日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第4回ウェアラブルEXPO」で、「Microsoft HoloLens」向けのインテリアコーディネートアプリケーションを展示すると発表した。

ウェアラブルEXPOに「Microsoft HoloLens」向けインテリアコーディネートアプリ出展

本アプリケーションでは、「Microsoft HoloLens」を装着したユーザーが、壁紙や床、ソファーなどの家具のコーディネートをMR(※1)技術によって体験することが可能。

Microsoft HoloLens越しに見える空間上のボタンを操作して床や壁の色を変更したり、ソファーなどの家具の実物がそこにあるかのような空間を体験できる。

また、本アプリケーションではデジタルフォントのリーディングカンパニーである株式会社モリサワ(以下、モリサワ)と共同研究中の、ウェアラブルデバイス向けのフォントを採用。

3Dでの投影や仮想空間上の文字との距離に応じて最適化されたフォントを体感できる。

アプリケーションの動画

同社によると、本展示は日本ウェアラブルユーザー会(※2)ブースで展示し、本会とともに日本のウェアラブル産業を盛り上げていくとしている。

KDLとモリサワの新デバイス向けフォントへの取り組み

フォントは、読みやすさはもちろん、媒体の種類、イメージ、読むターゲットや読むシーンに応じた表現を実現する重要なデザイン要素のひとつだ。

これまでKDLではスマホやウェアラブル端末を含む様々なデバイス向けのアプリ開発を行ってきた。

一方モリサワでは、アナログからデジタルの時代への変遷に柔軟に対応し、より多彩な表現を実現する多くのフォントを提供し続けてきている。

パソコンやタブレット、ウェアラブル端末やHMDなどの新しいデバイスが次々と開発される中、KDLとモリサワは、画面のサイズが制限され目からの距離も近い眼鏡型ウェアラブルデバイス向けに最適なフォントや表示方法を共同で研究していくということだ。

イメージ

イベント概要

会期:2018年1月17日(水)~19日(金)10:00~18:00 (最終日は17:00まで)

会場:東京ビッグサイト 日本ウェアラブルデバイスユーザー会ブース 小間番号:W15-28

イベントURL:http://www.wearable-expo.jp/

※1 MR(Mixed Reality)・・・
CGなどで作られた仮想世界をユーザの動きや周りの状況など現実と仮想のモノが相互に影響する世界をつくる技術。

※2 日本ウェアラブルデバイスユーザー会(WUG)・・・
日本の要素技術やノウハウを活かし、日本のウェアラブルデバイスの産業を活性化させることを主旨とした団体。
URL:http://w-ug.jp/

※Microsoft、HoloLens は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標。

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む