ホンダが病気の子供たちのために360°コンテンツをリリース | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ホンダが病気の子供たちのために360°コンテンツをリリース

Hondaがオレンジカウンティの子供病院 Children's Hospital of Orange Countyと小児脳腫瘍の子供たちのための財団 Pediatric Brain Tumor Foundationに向けてOculus対応VRコンテンツ「Candy Cane Lane」をリリースした。

Hondaがオレンジカウンティの子供病院 Children's Hospital of Orange County(CHOC Children's)と小児脳腫瘍の子供たちのための財団 Pediatric Brain Tumor Foundationに向けてOculus対応VRコンテンツ「Candy Cane Lane」をリリースした。

Honda Uses Virtual Reality to Bring Holiday Cheer to Pediatric Patients

この「Candy Cane Lane」はHondaが子供たちのために毎年行っているHappy Honda Daysキャンペーンの一環としてリリースされたものだ。

子供たちはヘッドセットで雪の中、デコレーションされた町をそりですべる360°動画を体験できる。

コンテンツの最後はサンタさんがプレゼントを落としていくところで終わり、病院でこのコンテンツを体験した子供たちには実際にプレゼントが用意されていて、ヘッドセットを外したらひざの上にプレゼントが置かれているという仕組みだ。

https://www.youtube.com/watch?v=AYF3rw8KPFY

Hondaは同時にそのコンテンツを子供たちが体験している様子を撮影した動画をFacebookにアップしており、それを見た人がいいねを押すごとに$1がCHOC Children'sとPediatric Brain Tumor Foundationに寄付される。

このキャンペーンは1月2日まで、または最大$100,000寄付されたところで終了となる。

Happy Honda Daysキャンペーン: http://honda.us/HolidayMagic

参照元URL: http://hondanews.com/releases/honda-uses-virtual-reality-to-bring-holiday-cheer-to-pediatric-patients

kaho


ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。

最新ニュースを読む