ハウステンボスが渋谷のVR施設に最新VR・ゴーグル 「アイデアレンズ K2 プラス 」とVRコンテンツを提供 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ハウステンボスが渋谷のVR施設に最新VR・ゴーグル 「アイデアレンズ K2 プラス 」とVRコンテンツを提供

2017/06/23 13:00

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、東京・渋谷に6月24日(土)オープンするハウステンボスのVR(*)アトラクション施設「シブヤVRランド・バイ・ハウステンボス」に、当社が企画・制作したオリジナルVRコンテンツ2作品と、そのコンテンツを楽しむためのスタンドアロン型(一体型)VRヘッドマウントディスプレイ(HMD) 「IDEALENS K2+(アイデアレンズ ケーツープラス) 」の提供を行うことを発表した。

渋谷のVR施設に最新VR・HMD 「アイデアレンズ K2 プラス 」とVRコンテンツを提供

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、東京・渋谷に6月24日(土)オープンするハウステンボスのVR(*)アトラクション施設「シブヤVRランド・バイ・ハウステンボス」に、当社が企画・制作したオリジナルVRコンテンツ2作品と、そのコンテンツを楽しむためのスタンドアロン型(一体型)VRヘッドマウントディスプレイ(HMD) 「IDEALENS K2+(アイデアレンズ ケーツープラス) 」の提供を行うことを発表した。

同社が提供するコンテンツは、恋愛シミュレーションVRの「迫りくる愛のささやき」と、本格ホラー体験VRの「VR心霊百物語」の2種類なのだ。

このVRコンテンツは、同社独自のゲームエンジンで開発しており、VRの没入感という特徴を活かして、日常では体験できないストーリーと、360°の迫力ある映像と音声を楽める内容となっているということだ。

両コンテンツは、3月より長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」のVRアトラクションに提供しており、人気を博していたことから、今回の渋谷の施設での使用コンテンツとして選ばれたという。

これらのVRコンテンツを楽しむVR・HMDには同社及び、同社のVR分野の子会社、株式会社VR Japanが販売する「アイデアレンズ K2 プラス」が使用されているのだ。

「シブヤVRランド・バイ・ハウステンボス」向け当社コンテンツとハード紹介

「迫りくる愛のささやき」

恋愛シミュレーション・壁ドンVR。

世の中の乙女・乙メンに捧げる胸キュンVR。

イケメンや女子高生から壁ドンされて胸キュン!

「VR心霊百物語 ~廃病院~」

実在心霊スポットを散策。

廃病院を取材したTVスタッフが行方不明に。

残されたカメラに映っていたのは…!ホラーVR。

d3670-942-477744-0

VR心霊百物語 ~廃病院~

「アイデアレンズ K2 プラス」

ケーブルレスのスタンドアロン型VRヘッドマウントディスプレイ

d3670-942-278575-2

IDEALENS K2プラス

 SHIBUYA VR LAND BY HUIS TEN BOSCH (シブヤVRランド・バイ・ハウステンボス)

【オープン日】 2017年6月24日(土)

【場 所】H.I.S.渋谷本店内  東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディB1F

【営業時間】 11:00~21:00

【料 金】 2,200円(税込:現金のみ)

【体験時間】 1人約60分 ※対象年齢8歳以上(13歳未満は保護者の同意が必要)、一部13歳以上対象あり。

▼詳細

http://www.huistenbosch.co.jp/vrland/

同社のVR/AR事業では、コンテンツの制作や、プラットフォーム開発、ハードやソリューションの提供を一気通貫で対応しているという。

また、VR/ARに特化した転職サービス「VR転職スカウト登録」を開始するなど、VR/ARを通じて産業の発展に貢献していくということだ。

*VR:ヴァーチャルリアリティの略である。

日本では仮想現実と訳されることが多い。

2015年からHMDを頭に装着し、仮想世界に入り込む VR体験が急速に広がり、2016年はVR元年と呼ばれたのだ。

今年に入り本格的普及期が始まったと言うことだ。

AR(拡張現実)は、現実をコンピューターで拡張する技術、または拡張された現実環境そのものを指すのだ。

「IDEALENS K2+ (アイデアレンズ K2 プラス) 」 製品概要

商品名:IDEALENS K2+ (アイデアレンズ ケーツー プラス)

外形寸法:HMD本体部分 (L)183mm×(W)129mm×(H)105mm

質量:HMD本体部分 約295g

ディスプレイ方式 :AMOLED

ディスプレイ解像度:2,560 × 1,440

視野角:約120°

リフレッシュレート:最高75Hz

遅延:17ms

搭載センサ:6軸検出センサ(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸地磁気センサ、光距離センサ、温度センサ

各センサ応答時間:≤2ms

プロセッサ:CPU/ Exynos 7420 GPU/ Mali-T760 MP8

メモリー:ROM/ 32GB、RAM/3GB LPDDR3

microSDカード:microSD (最大128G対応)

Wi-Fi:2.4G 802.11 a/b/g/n

Bluetooth:4.0、3.0、2.0

接続端子:micro USB 2.0端子、 3.5mm ステレオヘッドフォン端子

充電:約3.5時間(2A急速充電対応)

電池消費時間:約2.5~6時間(コンテンツによる)

価格:オープン価格

販売方法:購入については、株式会社クリーク・アンド・リバー社 VRディビジョンまで直接問い合わせ。

Email:vr@hq.cri.co.jp

TEL:03-4570-7087

※C&R社はIDEALENS社製品の販売代理店である。

※C&R社の子会社 株式会社VR Japanは、 IDEALENS社製品の日本総販売代理店(一次代理店)である。

「 アイデアレンズK2プラス」購入連絡先

株式会社クリーク・アンド・リバー社

VRディビジョン

Email:vr@hq.cri.co.jp

TEL:03-4570-7087

URL:http://www.creativevillage.ne.jp/lp/vr/

Idealens Technology Co., Ltd. (アイデアレンズテクノロジー)会社概要

Idealens Technology Co., Ltd.(アイデアレンズ社)は、VRプロダクトの研究開発、VRコンテンツの配信サービスを行っているのだ。

2015年7月にAndroidを基に独自開発したVR専用OSを搭載した、PC・スマホ接続不要の世界初一体型VRデバイスの量産化を発表して以来、最高のVRプロダクトとコンテンツを提供し続けているのだ。

社  名:Idealens Technology Co., Ltd.

本  社:Sichuan, Chengdu, Tianfu Software Park, CHINA

設  立:2014年

代 表 者:Chief Executive Officer 宋海涛

事業内容:VR関連製品機器の企画・開発・販売およびVRソフトウェア(プラットフォームを含む)の開発・運用

URL:http://www.idealens.com/

株式会社VR Japan 会社概要

社  名:株式会社VR Japan

所 在 地:東京都千代田区麹町二丁目10番9号 C&Rグループビル

設  立:2016年8月19日

代 表 者:代表取締役社長 青木克仁

主要株主 :株式会社クリーク・アンド・リバー社 51.0% 、王 涵 氏 他 49.0%

事業内容: IDEALENS社製品の日本における独占販売やマーケティング、プラットフォームの運営管理

URL:http://www.vr-japan.co.jp/

株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要

本 社:東京都千代田区麹町二丁目10番9号 C&Rグループビル

設 立:1990年3月

代 表 者:代表取締役社長 井川幸広

ネットワーク:東京・大阪・札幌・仙台・大宮・横浜・名古屋・京都・神戸・高松・広島・福岡・熊本・那覇/韓国・上海・北京・カリフォルニア

事業内容:クリエイティブ・建築・ファッション・食・研究のプロフェッショナルに特化したエージェント、プロデュース、アウトソーシング、 著作権及びコンテンツの管理・流通。

グループには、医療・IT・法曹・会計分野があるのだ。

URL:http://www.cri.co.jp

http://www.creativevillage.ne.jp(クリエイターのための情報サイト「CREATIVE VILLAGE」)

参照元:ニュースリリース

integralkk


【VR Inside】日本ニュース担当

最新ニュースを読む