VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

HTCがViveアプリの開発を活性化させる大胆な投資を発表

2017/09/22 11:29

Viveport

HTC Vive用のVRアプリを販売するViveport

VRデバイスで動作するコンテンツを購入できるストアは、HTCのViveport、OculusのOculus Storeといった各デバイスを開発するメーカーが運営するものやSteamがある。

各ストアの独占コンテンツでなければ複数のストアで同じコンテンツが販売されていることもあり、その場合はどこで購入しても手に入るものは同じだ。しかし、購入するストアによって売上がどの会社の利益になるかは異なる。

「どうせコンテンツを買うならストアではなくデベロッパーになるべく多くお金を送りたい」と考えているならば、このホリデーシーズンにはSteamではなくViveportでVive用のVRコンテンツを購入するのが良さそうだ。

VRコンテンツの開発

Viveport

HTCがVive用のVRコンテンツを販売するViveport

コンテンツの独占

過去には、HTCやOculusがデベロッパーに資金を提供して自社VRデバイスのために独占的に提供されるVRゲームを開発してもらうという投資の形が目立っていた。当時は現在よりもVRデバイスの所有者が少なかったためコンテンツの販売によって開発コストを取り戻すのが難しく、メーカーからの資金が重要な役割を持っていたのだ。

メーカーは自社デバイスでしか利用できない独占的コンテンツを増やすことができ、デベロッパーは開発資金を得られる。両者は相互に利益を得られる共生関係となっていたが、これで悪影響を被ったのがVRユーザだ。独占的に販売されるコンテンツを利用するためにはそれぞれのプラットフォームに対応するVRデバイスが必要になるため、購入するデバイスを選ぶのが難しい状態が生まれてしまった。

オープンプラットフォームの広がり

現在はVR業界全体を成長させるためにコンテンツのオープンプラットフォーム化が重要視されるようになり、独占コンテンツは減りつつある。ハードの性質や性能の違いによって移植の限界はあるが、HTC ViveとOculus Riftの両方に対応するコンテンツやPSVRにも対応するコンテンツが増えてきた。

マルチプラットフォームに対応するコンテンツが増えれば、ユーザはVRデバイスを購入しやすくなる。「HTC Viveを買ってしまったらOculus Rift専用の面白そうなVRゲームが出てきたときに困るかもしれないし、Riftを買ったらこのゲームが遊べない」と悩む必要のあるタイトルは少なくなった。

VRゲームで稼げる時代へ

各メーカーがヘッドセットの価格を下げていることもあってVRデバイスの所有者は増えており、人気VRゲームを開発すれば大きな売上を期待することもできるようになっている。複数のVRゲームが100万ドル(1.1億円)を売り上げたことが伝えられているだけでなく、VRゲームの開発技術を医療関係のシミュレーションやショッピングアプリといったゲーム以外のVRコンテンツに活かせる道も増えている。

VRコンテンツの開発はメーカーからの援助によって成り立つ商売ではなくなり、技術次第で大金を稼ぐことも可能な業界になっているのだ。

Viveportのチャレンジ

売上を分割する

Viveportの取り分はゼロに

コンテンツストアの仕組み

通常、VRコンテンツのストアでコンテンツを販売するデベロッパーはその売上の一部をストアに支払っている。10ドルのゲームを1本販売したからといって10ドルがそのまま全てデベロッパーの懐に入るわけではないのだ。これはストアにコンテンツを並べ、販売を管理してもらうことに対する料金である。

Viveportの場合、この割合は売上の30%だ。10ドルのコンテンツを販売したデベロッパーは3ドルをViveportに支払い、残りの7ドルを得ることになる。一般的な感覚からすると、かなり高額の手数料を取られていると言えるだろう。

取り分ゼロ

Viveportのようなストアは、デベロッパーにとって開発したVRコンテンツを販売するための大切なチャネルだ。だが、デベロッパーにとってのViveport以上にViveportにとってデベロッパーは重要だ。Viveportが無くなってもデベロッパーはSteamなど別のストアでコンテンツを販売すれば良いが、コンテンツを開発してくれるデベロッパーがいなければViveportは成り立たない。

Viveportはデベロッパーへの感謝を示すためにストアの売上を諦めることにしたようだ。

クリスマスや年末を含む第4四半期には、最もVRコンテンツの売上が伸びる可能性がある。しかし、Viveportはこの四半期の売上の全てをデベロッパーに渡すという。この投資により、Viveportでコンテンツを販売するデベロッパーを増やすことを狙っているようだ。

この取り組みは2017年の第4四半期に限られ、終了後はこれまで通り売上の3割をViveportが得ることになるという。

 

VRヘッドセットのメーカーだけでなく、VRコンテンツのデベロッパーにとっても稼ぎ時となるホリデーシーズン。Viveportでコンテンツを販売するデベロッパーにとっては大きなボーナスとなる発表が行われた。

これまでSteamのみでコンテンツを販売していたデベロッパーがViveportに進出する、Oculus Rift専用だったコンテンツがHTC Viveに移植されるといった例も出てくるのだろうか?

 

参照元サイト名:Venture Beat
URL:https://venturebeat.com/2017/09/21/htc-vive-will-share-100-of-holiday-app-revenues-with-developers/

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

最新ニュースを読む