VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

HTC Viveを新規購入するユーザー、「Fallout 4 VR」を無料でプレイ可能に

2017/10/03 13:56

今年12月に発売予定の注目VRRPG「Fallout 4 VR」が、HTC Viveを新規に購入したユーザーが無料でプレイできるようになった。

現在HTC Viveキットはヘッドセット、モーションコントローラー、ベースステーション(トラッキングセンサー)の同梱版が発売されており、84,110円(税込)で購入できる。ここに「Fallout 4 VR」の無料プレイが追加されることによって、同デバイスの売り上げや普及率に貢献しそうだ。

概要

HTC Vive購入者は「Fallout 4」をフリーダウンロード可能に

10月2日より、HTC Viveを新規で購入するユーザーは「Fallout 4 VR」をフリーでダウンロードすることができる。ゲームは今年12月のリリースを予定しているため、購入者は本作のダウンロードコードを受け取ることができる。

既存のViveユーザーのためのサービスも

また、HTCによると既にViveを持っているユーザー向けにも特典を提供する予定だ。「Fallout 4 VR」を購入したViveユーザーは、HTCのアプリ配信プラットフォームであるViveportの3ヶ月間のサブスクリプション(登録利用)を使用することができる。

このサービスはゲームのリリースに先立って行われるもので、これによってユーザーはViveportで公開されている250以上のコンテンツのうちから、合計で15のゲームをプレイすることができる。

プレイできるゲームは毎月5タイトルまでという上限付きだが、「Fallout 4 VR」を購入することで得られる特典としては十分なメリットがあるといえる。

「Fallout 4 VR」について

「Fallout 4 VR」は世界的大ヒットRPGの「Fallout 4」のVR移植版だ。

「Fallout 4」は2015年にリリースされ、世界各国で200以上ものアワードを受賞しているRPGの名作だ。洗練された戦闘システムや、プレイエリアに建造物を構築できる機能、装備のカスタマイズ機能などの高いゲーム性を有するタイトルだ。

本作のVRゲーム版である「Fallout 4 VR」は今年6月にロサンゼルスにて開催されたゲームイベント、E3にて発表され、現在はプレイ動画が公開されている。オリジナル版でおなじみの光景やアイテムが、VRで再現されている様子を確認できる。

オリジナル版の世界観をVRで再構築

「Fallout 4 VR」のゲームプレイや内容については長らく不明であったが、先日は本作の開発スタジオであるベセスダ・ソフトワークスの幹部によって本作のゲームプレイに関する情報が公開された。それによると、「Fallout 4」のVR版への移植に際して、「ゲーム全体、最初から最後まで(に改変を加えた)」とのことだ。

ゲーム内に登場する戦闘支援システム「V.A.T.S.」や、プレイヤーが装着できるパワードスーツ「パワーアーマー」などのおなじみのアイテムが、VR環境で快適にプレイできるようにシステムや操作方法などに改変を加えたとのことだ。VRゲームとして高いプレイ性を発揮できるように再構築されている。

また、作中に登場する「輝きの海」や、「スターライト・ドライブイン」、ゲーム中の活動拠点である「サンクチュアリ」などの数々のステージがVR内でも再現されており、オリジナル版で登場するキャラクターやミッションを、VRでプレイすることができる。

HTC Viveに対応、12月にリリース

「Fallout 4 VR」はHTC Viveのみに対応しており、現在Steamにてプレオーダーを受け付けている。

リリース予定は12月12日で、価格は7,980円。

ベセスダ、年末にVRビッグタイトルを続けてリリース

これまでに数々の名作ゲームを打ち出してきたベセスダ・ソフトワークスは、年末にかけて複数のVRゲームを立て続けにリリースする。

「Fallout 4 VR」をはじめ、名作FPSシリーズである「DOOM」、シリーズ物RPG「スカイリム」がVRに移植されてリリースされる予定だ。ビッグタイトルの名を冠する名作をVRで楽しむことができる。

「DOOM VFR」

「DOOM VFR」はPCゲームの元祖と言われるFPS、「DOOM」のVR版だ。

「DOOM」は1993年にid Softwareから1作目が発売されており、以来PCやコンソールの進化とともにシリーズ化してきた、長い歴史を持つタイトルだ。

「DOOM」は現在、id Softwareを買収・合併したベセスダ・ソフトワークスが開発を行なっており、2016年にはPS4、XBox One、Windows PC対応のリメイク版が発売されている。

「DOOM VFR」は11月1日にリリース予定で、HTC ViveとPlayStation VRに対応している。現在Steamにてプレオーダーを受付中。

「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」

ベセスダのオープンワールドRPG「スカイリム」もVRに移植されたバージョンが登場する。

「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」では、古代のドラゴンとのバトルから険しい山の探索まで、ファンタジーRPGの面白味をVRで体験できる。

本作ではコアゲームに加えて、「Dawnguard」、「Hearthfire」、「Dragonborn」アドオンが公式に追加されてのリリースとなる。

現在のところPSVRのみに対応しており、11月17日に配信を開始する。ただし現在のところ海外のみでの配信が決定しており、日本での配信時期は未定。続報に注目したい。

参照元:Road to VR ‘Fallout 4 VR’ Now Comes Free With Purchase of HTC Vive

参照元:VRFocus Prepare For The Apocalypse As HTC Vive Drops Some Nuclear Fallout 4 VR Deals


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む