VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

シブヤVRランド BYハウステンボスに新コンテンツ、VRでタイムスリップ世界旅行『timelooper』登場

2017/10/06 14:29

VR

『timelooper』イメージ

ハウステンボス株式会社は、10月7日(土)より東京都渋谷区で展開するVRアトラクション施設「シブヤVRランド BYハウステンボス」にて、海外旅行先として人気の高い世界4都市を仮想現実で観光できるVRアトラクション『timelooper』を新たに導入することを発表した。

本アトラクションは、株式会社エイチ・アイ・エスが、Timelooper(本社:アメリカ合衆国・ニューヨーク)とカンボジア観光省と連携し、世界遺産のアンコールワットの謎に包まれた歴史をVR(仮想現実)で体験できるコンテンツとして共同開発を行ったものとなっている。

シブヤVRランドBYハウステンボスについて

シブヤVRランドBYハウステンボス (http://www.huistenbosch.co.jp/vrland/

場所:東京都渋谷区 渋谷モディ / 営業時間:11:00~21:00

料金:2,200円(全6コンテンツを1回ずつ体験可能、利用時間:約60分)

対象年齢:8歳以上推奨

2017年6月より「今日は渋谷で、現実逃避」をキャッチフレーズにして「スリル体験」や「シューティング」「ホラー」「リズムアクション」「恋愛シミュレーション」といった5つのオリジナルコンテンツを展開している。

新たに「世界旅行」が加わり、全6コンテンツを体験できるようになる。

「世界旅行」においては、アンコールワットに加えTimelooper社の持つニューヨーク、ロンドン、ベルリンのVR体験も新たに展開する。

Timelooper社について

Timelooperとは (https://www.timelooper.com

世界中にある有名な観光地を訪れた際、誰もがその場でふと考える「昔」の光景や出来事、「もしも歴史的出来事に立ち合うことができたのなら」という誰もが思うことを、VR動画によって実現することを目指し、旅の感動の先にある過去の忘れられない出来事を人々に提供したいと、バーチャルリアリティの技術を使いモバイルアプリケーションでタイムスリップ体験を提供するニューヨーク発のスタートアップ企業である。

謎に包まれたアンコール王朝の過去の歴史を再現

株式会社エイチ・アイ・エスの発表より引用)

今回「シブヤVRランド BYハウステンボス」に導入される『timelooper』で体験できる4都市のうちの1つに選ばれたアンコールワットは、年間220万人以上の旅行者が訪れ、世界最大の旅行サイト「TripAdvisor®」(トリップアドバイザー)が、世界中の旅行客の口コミをもとに評価しランキング化した「トラベラーズチョイス™ 世界の人気観光スポット 2017 ランドマーク編」において1位に輝いており、世界中の旅行者から注目されている。

未だ多くの謎が残るアンコールワットの過去に遡るタイムスリップ体験を提供すべく、カンボジア観光省・文化省、アンコール地域遺跡保護管理機構監修の基に現存する資料に忠実に、12世紀前半のアンコールワットの建築の様子や、アンコールワットを上から見た際の全体像と周囲の様子を幾つかの年代に設定した内容で制作された。

王朝時代の僧侶の沐浴や生活の様子もVRによって臨場感たっぷりに体感することができるということだ。

参照元:ニュースリリース1ニュースリリース2

ハウステンボス 会社概要

商号:ハウステンボス株式会社

所在地:(本店)長崎県佐世保市 ハウステンボス町1-1

開業年月日:1992年3月25日

資本金:15億円

代表取締役社長:澤田 秀雄

主な事業:パーク事業 / ホテル&リゾート事業 / レストラン事業 / 物販事業
     発電・売電等エネルギー関連事業 など

URL:https://www.huistenbosch.co.jp/

エイチ・アイ・エスについて

■会社概要

名称:株式会社エイチ・アイ・エス(H.I.S. CO.,LTD.)

代表取締役会長兼社長(CEO):澤田 秀雄

資本金  11,000百万円(平成28年10月31日現在)

設立:昭和55年12月19日

本社所在地:〒163-6029 東京都新宿区西新宿6-8-1 新宿オークタワー29階

URL:https://www.his.co.jp/

(アンコールワット編の共同開発について 株式会社エイチ・アイ・エスの発表より引用)

『世界中の旅行者に向けて、最新技術VRを用いて新しい価値を創出』

H.I.S.は、VRを“旅のきっかけづくり”“旅先の具現化”を目的として展開してきたが、2017年11月上旬よりアンコールワットに訪れた旅行者に、VRを通じて今までにない体験と歴史認識を深めてもらうことにより、新たな旅先の感動の創出を目指していくとしている。

また、収益の一部はカンボジア観光省を通じてカンボジア国内の遺跡の修復に利用してもらうことで、魅力あふれる歴史的な観光地の保全に役立てていくとしうことだ。

今後は、H.I.S.が展開する海外67か国158都市279拠点のワールドネットワークを活かし、旅先での新しい体験を世界中の旅行者へ提供していくとしている。


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む