DMM VR THEATER、ホログラムスクリーン、VRなど最新テクノロジーを駆使したillion × SPACE SHOWER TVコラボステーションIDを公開 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

DMM VR THEATER、ホログラムスクリーン、VRなど最新テクノロジーを駆使したillion × SPACE SHOWER TVコラボステーションIDを公開

2016/09/30 17:13

日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVとRADWIMPSの野田洋次郎(Vo, G)によるソロプロジェクト「illion」のコラボステーションIDを本日公開!

<以下、各企業から発表文の内容をそのまま掲載しています>

DMM VR THEATER(神奈川県横浜市西区南幸2丁目1-5)を運営する株式会社DMM.futureworks(代表取締役:黒田貴泰、本社:東京都渋谷区恵比寿)は、以下の撮影に協力させていただきましたことをお知らせいたします。なお、同内容がスペースシャワーTV様より配信されております。

main

日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVとRADWIMPSの野田洋次郎(Vo, G)によるソロプロジェクト「illion」のコラボステーションIDを本日公開!

本作は、10/12(水)にリリースされるillionの最新アルバム『P.Y.L』よりAimerがゲストコーラスで参加した新曲 「Told U So」をフィーチャーした作品。世界初の最新ホログラム投影装置を有するDMM VR THEATERを舞台に、プログラミング言語で生成されたグラフィックが音楽にリアルタイムに反応し、あたかも空間上に存在するようにillionと共演するという内容となっている。最新テクノロジーを駆使して制作された映像はもちろん、即興で行われた野田洋次郎本人の激しいのダンスパフォーマンスも必見!

制作チームは監督:山田智和 (Caviar)、CGプログラミング:Kezzardrix、3DCG:Keijiro Takahashi、テクニカルプロデュース:HIP LAND MUSICのクリエイティブチーム”INT”が手掛ける。

さらに、この映像をVR 360°+3D立体視カメラで収録しYouTubeで公開。スマートフォンとVRゴーグルを使用することで、ステージの最前列でパフォーマンスを観ているかのような体験が可能となる。

ステーションIDは本日よりスペースシャワーTVの番組間でランダムにオンエア、またYouTubeのスペースシャワーTVチャンネルでも視聴可能。

スペースシャワーTV YouTubeチャンネル

ステーションID版


360°VR版

また、10/8(土)にはillionの魅力に迫る特別番組「illion “P.Y.L” SPECIAL」をスペースシャワーTVにてオンエア。
番組では、アルバム制作にまつわる様々なエピソードが語られたほか、岩井俊二との対談、5lackとの対談など、充実の内容となっている。また、東京でのライブの模様をこの番組で1曲初公開!さらにステーションIDのメイキング映像も紹介、ここでしか見られない映像満載の貴重なこの番組をお見逃しなく!

番組情報

「illion “P.Y.L” SPECIAL」
初回放送:10/8(土)21:00~22:00 リピート放送:10/13(木)24:00~、10/21(金)24:00~、11月予定
ゲスト:岩井俊二、5lack

「illion MUSIC VIDEO SPECIAL」
初回放送:10/13(木)25:00~25:30
Webサイト:http://sstv.jp/illion

sub1

sub2

DMM VR THEATER
最新鋭の映像表現「ホログラフィック」によるステージ演出を提供する世界初の常設劇場。3DCGで制作された映像に物理的な奥行きを加え、あたかもそこに存在するかのような錯覚を作り出すペッパーズゴースト型ホログラム投影装置を備える。

出演者・スタッフ

アーティスト:illion http://www.illion-web.com/
ディレクター:山田智和 (Caviar) http://tomokazuyamada.com/
CGプログラミング:Kezzardrix http://www.kezzardrix.net/
3Dグラフィック:Keijiro Takahashi http://keijiro.github.io/
テクニカルプロデュース:INT http://www.hipland.co.jp/
舞台装置: DMM VR THEATER http://vr-theater.dmm.com/
企画協力:VRDG+H http://brdg.tokyo/

参照元URL:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001403.000002581.html

koide yutaro


これからますます発展すると予想されるVR。コンテンツだけでなくその技術についても非常に気になっている技術系卒です。

最新ニュースを読む