VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

話題のiPhone向け360度カメラ「Insta360 ONE」を徹底解析

2017/09/10 11:30

    iPhone向けの360度カメラでお馴染みのInsta360に最新モデルとして「Insta360 ONE」が発売されました。

    「360°カメラ」は、360°写真や360°動画を撮影可能なカメラのことで、360°写真であれば、一般的なスマートフォンでも撮影可能なアプリの配信、最近ではプリセットのカメラアプリでも撮影可能になっています。

    ただ、スマートフォンのカメラのように、一般的なレンズで360°写真を撮影する場合、撮影者自身が動いて周囲360°を撮影していき、複数の写真を繋ぎ合わせることで360°写真を完成させます。

    なので、写真のつなぎ目が不自然になったり、確度によって時間的なズレが発生したりといったデメリットがあります。また、時間的なズレが発生する都合上、360°動画を撮影することはできません。

    一方「360°カメラ」であば、360°の景観をとらえることのできる特殊なレンズを装備してますので、一回の撮影で360°写真を撮影可能。一回で360°撮影可能なため、時間的なズレは発生しない。

    このため、たいていの機種で360°動画も撮影することができます。

    そんな360°カメラの中でもスマートフォンと接続して動作するタイプのカメラが、Insta360だったわけです。今回の新型モデル、「Insta360 ONE」はどのように進化したのでしょうか?まとめていきたいと思います。

    Insta360 ONEとは!

    「Insta360 ONE」はiphoneをはじめとするiOS端末に接続して360°の全方位で楽しめるパノラマ映像や写真を撮影できる360°カメラで、以前のInsta360 nano同様にiphoneに接続しても、しないで単体でも使うことが出来ます。

    重さはわずか82グラムとコンパクトながらに4K画質、フレームレート120fpsでの撮影に対応し、非常にパワフル。普通のビデオカメラとしても360°カメラとしても相当なスペックを持ったカメラだといえます。

    120FPSの高速撮影、そしてスローモーション撮影が可能な「バレットタイム」

    360°カメラでは通常のカメラ比べ視野角が広く、かつ撮影した動画や写真はVRデバイスでその場にいるかのような臨場感で楽しめるのが特徴です。

    なので、美しい風景の撮影にも向いていますが、スポーツなどの激しい動きをかっこよくとるのにも向いているといえます。

    「Insta360 ONE」では撮影可能なフレームレートが最大120fpsで最高の一瞬を逃さず、その場にいるかのようななめらかな映像で撮るが出来ます。

    「バレットタイム」撮影にも対応し、これは映画『マトリックス』で主人公のネオがのけぞって敵の弾丸を避けるシーンに使われたことでも有名な撮影技法で、見ている人はまるで超能力で時を止めているかのような感覚で映像を楽しめます。

    最大FPSの高さ、そして「バレットタイム」でどんな一瞬もドラマチックに臨場感のある映像として残すことが出来そうです。

    安心の手振れ補正。

    「Insta360 ONE」では協力な手振れ補正が内蔵されています。

    せっかくのバレットタイムで取ったスタイリッシュな映像もブレブレだったらがっかりしちゃいますもんね。この辺は当たり前ですが嬉しい機能です。

    また、GOProのようにドローンやバイクに乗った人の頭に着けたり、小型アクションカメラとしても使えるほど手振れ補正機能は強力なのだそうです。すごいですね!

    上は実際に「Insta360 ONE」を利用してスカイダイビングを撮影している映像です。

    面倒なPCでの作業は不要!スマホアプリでそのまま動画編集が可能!

    360°動画はyoutubeに上げる為の編集作業で、対応していない編集ソフトでは編集できなかったり、動画の変換が必要だったり、面倒なイメージがありますが、「Insta360 ONE」では直接スマホに接続して編集できるので非常に簡単です。

    各種SNSでのライブ配信にも対応!

    「Insta360 ONE」ではyoutubeやfacebookなどの各種SNSでのリアルタイムなライブストリーミング配信に対応しています。

    気になるスペック

    ココからはそんな便利機能盛りだくさんでパワフルな「Insta360 ONE」のスペックを紹介します。

    基本スペック

    レンズ:F2.2

    写真の解像度:6912*3456

    動画の解像度:3840*1920@30fps, 2560*1280@60fps, 2048*512@120fps(スローモーション)

    写真のフォーマット:insp,jpeg,RAW

    映像のフォーマット:insv,mp4,LOG

    ジャイロスコープ:六軸ジャイロスコープ

    互換性のある設備:iPhone 7/7 plus, iPhone 6s/6s plus, iPhone 6/6 plus, iPhone SE

    iPad Pro(10.5-inch), iPad Pro(9.7-inch), iPad Pro(12.9-inch), iPad mini4, iPad Air 2; Androidバージョンは近日公開

    写真、動画撮影

    写真撮影:一般モード、インターバルモード

    動画撮影:一般モード、微速度モード、バレットタイム

    ライブ配信:360°ライブ配信、動画ライブ配信

    露出補正:-2EV~+2EV

    露出モード:自動、手動、シャッター優先(1/4000s - 60s)、ISO 優先(100-6400)

    ホワイトバランス:自動、曇り、晴れ、蛍光灯、白熱灯

    外観デザイン

    カラー:ブラック

    重量:82g

    寸法:96mmx36.5mmx25mm(長さx幅x高さ)

    外部接続

    ブルートゥース:BLE4.0

    Lightning:Lightningインタフェース

    USB:Micro USB 2.0

    メモリ: UHS-IのexFAT(FAT 64)フォーマットをサポート,最大は128まで

    電源

    電池容量:820mAh(5V1A)

    充電方式:Micro USB

    持続時間:70分

    その他、便利な機能を紹介!

    「Insta360 ONE」では様々なアクセサリーを使っていろいろな映像の撮影が可能になっています。

    例えば、ドローンとドッキングして、空撮を360度で行ってみたり、防水ケースもあり、水中でスキューバダイビングなどの撮影やドライブレコーダーとしても使えそうです。

    拡張性にも富んだ「Insta360 ONE」はまさにオールインワンでいろいろな用途で使える多機能カメラだといえますね。

    まとめ

    いかがだったでしょうか、前バージョンの「Insta360 nano」よりスタイリッシュなデザインで、単体での撮影もしやすくなり、4K画質での撮影、120fps撮影や、ストリーミング配信にも対応した「Insta360 ONE」はスマホと一緒に360°カメラを使いたいユーザーさんにはもってこいの機種ではないでしょうか。

    スマホのヘビーユーザでもあつ筆者はこの記事を書きながらほしくなってきちゃっています…。「Insta360 ONE…ほしい…。」

    VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


    VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

    最新ニュースを読む