iPhoneにTangoライクなセンサーを付けて使うMRデバイス「Bridge」がリリース | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

iPhoneにTangoライクなセンサーを付けて使うMRデバイス「Bridge」がリリース

2016/12/12 13:31

iPhoneにセンサーを取り付けてMR機能を実現する「Bridge」がリリースされた。同デバイスは、センサーを使ってTangoのようにリアルな世界の空間を認識して、その認識した世界のなかにバーチャルオブジェクトを描画する。

海外メディアUploadVRは、2016年12月9日の記事において、iPhoneを使うMRデバイス「Bridge」を紹介した。

20161212_bridge_1

同メディアによると、2016年12月9日、アメリカ・サンフランシスコを拠点とするメーカーOccipitalは、iPhoneにセンサーを外付けしてMRデバイスとして機能させる「Bridge」をリリースした。

同デバイスは、iPhoneを格納するVRヘッドセットとiPhoneカメラに連結するセンサー部分から構成されており、センサーを使ってちょうどGoogleが開発した空間認識機能であるTangoのようにリアルな世界の空間をトラッッキングして、そのトラッキングされたリアルな世界の画像のなかにバーチャルなオブジェクトを描画する。

対応しているiPhoneデバイスは、iPhone6、6s、そして7とされている。

同デバイスを制御するソフトウェアはオープンソースとなっており、センサーの制御は同社が開発したUnityのプラグインを介して実行でき、またMR機能に関してはBridge Engineと呼ばれるソフトウェアを使って開発することができる。

同バイスにはBlueToothコントローラーも付属しており、そのコントローラーを使えばMR空間内に登場するデバイスのマスコット「BRIDGET」を操作することも可能だ。

同デバイスがiPhoneのみに対応していることに関して、同社マーケティング・ヴァイス・プレジデントのAdam Rodnitzkyは、iPhoneは多くのユーザーが最新バージョンのOSを使っているのでパフォーマンスが安定しているというメリットがある、と説明している。

とは言うものも、同氏によれば将来的にはAndroidスマホにも対応する予定であり、現時点でAndroidスマホを対応デバイスから除外した理由は、全てのAndroidスマホが望ましいスペックを満たしているわけではないから、とも発言している。

なお、現在公式サイトから入手できるのは開発版にあたる$499のExplorer Editionであり、製品版にあたるStandard Editionは来年3月から$399で販売する予定。

Occipital公式サイト
http://occipital.com/

参照元URL:http://uploadvr.com/bridge-is-a-mobile-headset-that-brings-inside-out-tracking-and-mr-to-iphone/

     

     

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com