VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRインテリアデザインアプリのiStaging、5万ドルの資金調達

2016/10/05 11:46

iStagingのマーケティング主任であるKevin Basset氏が5万ドルの資金調達をしたことを明らかにした。

台湾の大会で賞を獲得したiStagingは物件をビジネスやデザイン目的のため制作できるVRインテリアデザインアプリケーションだ。

VR

iStaging

同社のAR/VRプロダクトにはモバイルデバイス対応のプラットフォームアプリからVRグラスまで幅広い種類がある。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=WpzhH4Q0z9k&w=560&h=315]

クライアントやパートナーとしてMicrosoft、Intel、Google、HTCなどが名を連らねている。

今回のAラウンドはWI Harper Groupが率いており、Harperはアメリカ、台湾、中国を拠点とするVC会社で、同じくVR新企業であるOwlRealityにも投資をしている。

中国の投資会社であるTaya Venture Capitalもこのラウンド参加している。

iStagingは元Bassetなどのアメリカのエキスパートで構成されているが、台湾を拠点にしている珍しい会社だ。

しかし中国周辺はAR/VRの成長が目覚ましく、これからこのような企業も増えるかもしれない。

今回の資金はサテライトオフィスがあるRedwood City、California、Paris、Franceなどのテリトリー開拓のため利用するとしており、中国のマーケットにも力をいれていくようだ。

iStagingはHTC Vive、モバイルヘッドセット、自社開発のカスタムハードウェアでダウンロード可能だ。

またコンプリートVRキットも不動産エージェント用に$60で販売もしている。

参照元サイト名:uploadvr
URL: http://uploadvr.com/istaging-raises-5-million/
http://istaging.co/en/

kaho


ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。

最新ニュースを読む