VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ジャパンディスプレイ、高精細VR専用液晶ディスプレイ803ppiを開発

VRディスプレイ精細度の比較

VRディスプレイ精細度の比較

VRディスプレイ精細度の比較

株式会社ジャパンディスプレイ(代表取締役会長 兼 CEO:東入來 信博)は、仮想現実ヘッドマウントディスプレイ(VR-HMD)専用の3.6型803ppi低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイ(LTPS TFT-LCD)を開発した。

1000ppi超えの更なる高精細ディスプレイ開発の加速へ

ジャパンディスプレイ社ではHMD向け高精細ディスプレイの開発を加速し、2018年上期には1000ppiを超えるディスプレイの開発を完了する予定としている。

ジャパンディスプレイ社が量産化しているHMD向けLTPS TFT-LCDは、600ppi程度の画素で画像のリアリティを高めている。

しかし、レンズ越しに見たときに画素の固定パターンが見える場合があり、800ppi以上のさらなる高精細ディスプレイが望まれていた。

またHMDの小型軽量化のためにはディスプレイを小さく、レンズ倍率を大きくする必要があり、1000ppi以上の高精細への要求が高まっているということだ。

現在、VR-HMD専用機の扱うディスプレイデータ量と速度は、スマートフォンと比較して非常に大きく、そのため通信ベースでリアルタイムにデータを受け取ることは困難であり、有線システムなどを使用することが主流となっている。

しかし、2020年のサービス開始を目指している次世代通信の5Gの登場により、無線通信を使ってリアルタイムにデータを受けることが可能となり、VR-HMD専用機を使った様々なアプリケーションやサービスが生まれる快適な環境が整ってきている。

5G通信の普及により今後、超高精細VR専用液晶ディスプレイが搭載されたVR-HMD専用機の市場規模の拡大が期待されている。

ジャパンディスプレイ社は、LTPS TFT-LCDを長きにわたり開発してきた経験を活かし、超高精細VR専用ディスプレイの分野においてリーディングポジションを維持していくとしている。

* ppi(pixel per inch)は1インチあたりの画素数

* スマートフォンを挿入して利用するHMDに対して、HMDがVR専用ディスプレイを有している場合をVR-HMD専用機とする。

LTPS TFT-LCD 製品の概略仕様

液晶モード:VR専用IPS

サイズ:3.60型

解像度:1920×RGB×2160

精細度:803 ppi

リフレッシュレート:90Hz

輝度:Typ. 150 cd/m2

応答速度:4.5ミリ秒(中間応答ワーストケース)

色域:Typ. 70% (x,y)

コントラスト比:Typ. 700:1

バックライト方式:グローバルブリンキング

※本文は発表日(2017年12月12日)現在の情報であり、予告なしに変更される場合がある。

参照元:株式会社ジャパンディスプレイの発表

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む