VRプロレス第2弾は、6月1日の「路上プロレスin東京ドーム」6月29日からDMM.comで発売開始 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRプロレス第2弾は、6月1日の「路上プロレスin東京ドーム」6月29日からDMM.comで発売開始

VRプロレスの企画・制作をしている Klamp株式会社は、VRプロレス第2弾として、株式会社DDTプロレスリングが6月1日に開催した「路上プロレスin東京ドーム」の高木三四郎選手VS鈴木みのる選手の戦いをVR映像化し、6月29日10:00より株式会社DMM.comが展開している動画配信アプリ『DMM.com』にて販売することを発表した。

VRプロレス第2弾「路上プロレスin東京ドーム」タイトル画像

VRプロレスの企画・制作をしている Klamp株式会社は、VRプロレス第2弾として、株式会社DDTプロレスリングが6月1日に開催した「路上プロレスin東京ドーム」の高木三四郎選手VS鈴木みのる選手の戦いをVR映像化し、6月29日10:00より株式会社DMM.comが展開している動画配信アプリ『DMM.com』にて販売することを発表した。

高木サイド、鈴木サイド、マルチカメラの3本を発売

6月1日の試合で高木三四郎選手を追いかけた「高木三四郎サイド」、鈴木みのる選手を追いかけた「鈴木みのるサイド」に加え、複数カメラで撮影した映像に実況・解説も入れた完全ノーカット版「マルチカメラ」の3本がDMM.comで発売される。

http://www.dmm.com/digital/video/vrprowrestling/

*路上プロレスin東京ドームの発売は6月29日10:00から。

*視聴方法やダウンロードについてはDMM.comのサイトを参照。

http://www.dmm.com/digital/vr/

高木三四郎サイド

高木三四郎サイドタイトル画像

高木三四郎サイド

東京ドーム中を縦横無尽に駆け巡り繰り広げられた高木三四郎vs鈴木みのるの戦い。

おもに高木選手を追いかけた様子が編集されている。

マルチカメラ、鈴木サイドでは使用していないカットも収録されている。

価格:980円

鈴木みのるサイド

鈴木みのるサイド タイトル画像

路上プロレスin東京ドームで、おもに鈴木選手を追いかけた様子が編集されている。

マルチカメラ、高木サイドでは使用していないカットも収録されている。

価格:980円

マルチカメラ

マルチカメラ タイトル画像

6月1日の東京ドームで起こったことをノーカットでお届けするマルチカメラバージョン。

試合開始のゴングが鳴ってから、試合が決着するまでを余すことなくVR映像で提供している。

実況と解説もついた完全版となっている。

価格:1,480円

発売当日は記者会見を開催。会見の模様はSNSでも生配信

発売を記念して、当日13:00よりパソコン専門店株式会社ドスパラが運営する秋葉原最大級のVR体験施設“ドスパラ VRパラダイス”にてDDTの高木三四郎社長と鶴見亜門GM、Klampの渡邉公基社長が出席し、記者会見が開かれる。

この模様はVRプロレス公式のSHOWROOM、DMMのTwitter、DDTのinstagramで生中継されるということだ。

VRプロレス公式SHOWROOM:https://www.showroom-live.com/vr-prowrestling

DMM公式Twitter:https://twitter.com/DMM_com

DDT公式instagram:https://www.instagram.com/ddt_prowrestling/

VRプロレスについて

VRプロレス ロゴ

(プレスリリースより原文のまま抜粋)

プロレスを見たことのない方にはプロレスの魅力を伝えたい。

プロレスを生で観戦されたことのある方には、会場にいても見ることができないコーナーポストからの様子やレフェリーの目線でプロレスをお届けし、プロレスをもっと楽しんでもらいたい。

VRで映像を見たことの無い人には、VR映像の魅力を分かりやすい形で伝えたい。

もっとVRを身近なものにしたい。

そんな思いでVRプロレスはスタートさせました。

公式サイト:http://vr-prowrestling.com/

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCcsZpaiq9S_jSYZTNz77oxw

Twitter:https://twitter.com/VR_ProWrestling

Facebook:https://www.facebook.com/VRprowrestling

VRプロレス第3弾は8.12の後楽園ホール

「VRプロレス×BJW」後楽園ホール大会 告知画像

VRプロレス第3弾は、大日本プロレスを運営する有限会社四ツ葉工芸(神奈川県横浜市、代表取締役:登坂栄児 以下、大日本プロレス)が2017年8月12日に後楽園ホールで開催するプロレス興行『「VRプロレス×BJW」後楽園ホール大会』となるということだ。

試合の様子はSHOWROOM株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:前田裕二)が展開するアプリSHOWROOMにてVRで生配信し、編集したものがDMM動画で販売される予定となっている。

Klampについて

Klamp ロゴ

2016年設立。2017年3月に世界初となるVRでプロレスの生配信をSHOWROOMアプリで実施した。

5月にはDMM.comでダウンロード販売。DMM.comのVRバラエティカテゴリーでは全商品が上位にランクインするなど、好調な売れ行きも見せている。

http://klamp.co.jp/

DDTについて

DDT ロゴ

「文化系プロレス」を標榜し、これまでは考えられなかった発想で人々を魅了するプロレス団体。

リングのない場所でもプロレスを行う「路上プロレス」も非常に高い人気をえている。

参照元:ニュースリリース

integralkk


【VR Inside】日本ニュース担当

最新ニュースを読む