アーケードスタイルボクシングゲーム「Knockout League」がHTC Viveでリリース | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

アーケードスタイルボクシングゲーム「Knockout League」がHTC Viveでリリース

クラッシックアーケードスタイルボクシングゲームKnockout LeagueがHTC Vive対応、Steam早期アクセスでリリースされた。価格は10%オフの$17.99(約2040円)

アーケードスタイルボクシングゲームKnockout LeagueがHTC Vive対応、Steam早期アクセスでリリースされた。

knockout-league-title

このタイトルは元KonamiデベロッパーのスタジオGrab Gamesが開発し、Vive Studiosとの協力でリリースしたものだ。

Knockout LeagueはシングルプレイヤーボクシングゲームでモーションコントロールとVRでリアルなボクシングの打ち合いをクラシックアーケードスタイルで楽しめる。

VRで文字通り相手と向き合いながら、相手のパンチを交わしたり、自分で攻撃を繰り出したりと現実の動きそのままで遊べる。

早期アクセスバージョンには4ファイターが用意されており、それぞれ違うファイティングスタイルを持っている。

チュートリアルトレーニングモード、スピードバッグなどのミニゲームもあり、本番前の練習もできる。

フルバージョンのリリースまでにはさらにコンテンツが追加される予定で、フルバージョンは2017年前半にはリリース予定だ。

Grab Gamesは最近発表されたVive Trackerも使えるようにする予定であり、Vive Trackerはデベロッパーが日常にあるものをVRに組み込むことができるテクノロジーで、これによりゲームのアクセサリーが前よりも簡単に作れるようになる。

Knockout LeagueはSteam早期アクセスで現在10%オフの$17.99(約2040円)で、配信中だ。

Steam URL: http://store.steampowered.com/app/488920/

参照元URL: http://www.prnewswire.com/news-releases/vive-studios-and-grab-games-bring-arcade-boxing-to-virtual-reality-with-knockout-league-300395812.html

     

     

kaho


ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。