VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Kodak、撮影・編集・シェアの全てに対応する360°カメラ「PixPro 4KVR360」を発表

2016/09/21 15:20

海外メディアVRFocusは、2016年9月20日の記事において、Kodakの最新360°カメラについて報じた。

20160921_kodak_1

同メディアによると、Kodakはドイツ・ケルンで2016年9月20から25日に開催されている世界規模のカメラ製品見本市であるPhotokinaにおいて、同社の最新360°カメラ「PixPro 4KVR360」を発表した。

同カメラの大きな特徴は、前世代機種では実現しなかった1台のカメラによる水平・垂直両方向の360°全天球撮影だ。

前世代機種であるPixPro SP360およびSP360 4Kでは、2台のカメラを使わなければ全天球撮影ができなかったが、4KVR360ではカメラの両側面にレンズを搭載することで1台で全天球をカバーできるようになった。

同カメラは4K撮影はもちろんのこと、Wi-Fi、NFC、Bluetooth接続に対応し、20メガピクセルのCMOSセンサーを搭載し、128GBのMicro SDカードを使用できる。

そして、PCとMacのそれぞれに対応した編集ソフトもあるうえに、スマホに専用アプリをインストールすることで撮影した画像をFacebookやYouTubeにアップロードすることもできる。

「PixPro 4KVR360」は、文字通り1台でユーザーの全てのニーズに応えるオールインワン360°カメラなのだ。

同カメラの仕様に関して、同カメラの世界規模の販売権をもつJK Imaging Ltd.のヨーロッパ地域マーケティング・ディレクターMariame Cisseは、前世代機種からの自然な進化の賜物であり、今後もユーザーのハイクオリティな360°カメラに対するニーズに応えいくと述べている。

なお、PixPro 4KVR360の正式な価格およびリリース時期は未発表であるが、JK Imaging Ltd.はリリース時期を2017年初頭と予想している。

参照元URL:https://www.vrfocus.com/2016/09/kodaks-new-pixpro-360-camera-offers-all-in-one-recording-solution/

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む