VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ラストマイルワークス、大規模コンドミニアム開発にVRを試験導入開始!VRによる総合的なソリューションを提供

ラストマイルワークス株式会社(本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:小林雄)は、 2016年12月1日(木)より、 カンボジアの日系大規模開発Bodaiju Residenceの販売、 マーケティングツールとしてVRの試験導入を開始した。 12月1日-3日Cambodia Construction Industry Expo 2016に出展予定。

main

住宅関連業界向けVR事業を展開するラストマイルワークス株式会社は12月1日、 日系不動産投資会社のクリード・グループがカンボジアにておこなう大規模開発Bodaiju Residenceにおいて、 VRによる販売、 マーケティングツールの試験導入を開始した。

本コンテンツ内にはフルCGで制作された物件を最新のVR機器Oculus Riftを使って内覧できるものや、 コンドミニアムの周辺環境をパノラマ画像を利用して説明するものなどがある。 これにより、 海外など遠方にいる潜在顧客へのアプローチや、 物件内覧におけるコストの削減が期待できる。

本コンテンツを利用した第1回体験会として12月の1日から3日までプノンペンにておこなわれる、 東南アジア向けの博覧会Cambodia Construction Industry Expo 2016にて来場者に提供予定。 同社では今後も定量的なVR体験データを取得していくことで、 サービスの向上につなげていくという。

 

ラストマイルワークス株式会社HP

参照元:ニュースリリース


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む