VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Leap Motion、モバイルVRヘッドセット向けのハンドトラッキングシステムを発表

2016/12/06 10:52

Leap Motionは、2016年12月5日の同社ブログにおいて、「Leap Motion Mobile Platform」を発表した。

20161206_leap_1

VR空間内のハンドジェスチャーを制御するテクノロジーを提供している同社は、運営している自社ブログにおいて、Gear VRのようなモバイル型VRヘッドセットに実装可能なハンドジェスチャートラッキングシステム「Leap Motion Mobile Platform」を発表した。

同システムは、モバイル型VRヘッドセットに物理的に組み込むトラッキングセンサーが付いたハードウェアと、そのハードウェアを制御するソフトウェアから構成されている。

ハードウェア部分はバッテリーで駆動し、ハードウェア/ソフトウェアはともに既存のスマホに使われているCPUとGPUに適合するように設計されている。

Leap Motion Mobile Platformのハードウェア

Leap Motion Mobile Platformのハードウェア

同システムを開発するにあたり、同社はトラッキングセンサーのパフォーマンス向上と消費電力の節約の両立を追求し、ソフトウェアに関しては従来のそれに比べて10倍の処理速度を実現した。

同システムのもっとも大きな特徴は、トラッキングセンサーの範囲だ。既存のPC周辺機器のトラッキング範囲は、カメラレンズに対して横方向に140°、縦方向に120°なのだが、ハンドジェスチャーをトラッキングしてVR空間に反映する同システムの実現のためには、既存機器のトラッキング範囲では不十分なことが判明した。

同システムのトラッキング範囲は、トラッキングセンサーに対して縦横180°となっており、ちょうどVRヘッドセット前面の半球上の空間におけるハンドジェスチャーが認識可能ということになる(下の図参照)

Leap Motion Mobile Platformのトラッキング範囲

Leap Motion Mobile Platformのトラッキング範囲

同社ブログによると同システムはまずはGear VRに実装されるとのことだが、今月からメジャーなVRイベントでデモを行い、同システムの普及を図るつもりだ。

同システムは、VRヘッドセットにトラッキングセンサーを内蔵する「Inside-out」型のトラッキングシステムとして、初めて実用レベルで普及する可能性を秘めている。

「Inside-out」と対立するのが、VIVEが採用しているようなトラッキングセンサーがVRヘッドセットとは別個にある「Outside-in」型だ。

もしも同システムがさらに進化して、ユーザーの移動をもトラッキングできるようになったら(つまりはルームスケール・トラッキングを実現したら)、現時点ではモバイル型VRヘッドセットとPC接続型のそれにあいだにある壁を壊すかも知れない。

来年にはVIVEのアクセサリーとして、VRヘッドセットとPCを無線で接続するワイヤレスキットもリリースされることを思い返すと、モバイル型VRヘッドセットの進化も案外早いのではなかろうか。

参照元URL:http://blog.leapmotion.com/mobile-platform/


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む