VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

作業者の姿勢と動作をVR空間で検証する「mcframe MOTION VR-design review」提供開始

2017/09/29 16:33

VR
「mcframe MOTION VR-design review」提供開始

「mcframe MOTION VR-design review」製品ページより引用

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:大澤正典、以下 B-EN-G) は、仮想空間で人の姿勢と動作を検証することによりデザインレビューを支援するソリューション、「mcframe MOTION VR-design review」(以下、MOTION VR-DR)を2017年10月2日から提供開始することを発表した。

「mcframe MOTION VR-design review」とは?

MOTION VR-DRは、3次元CADデータから仮想現実(VR)空間を自動的に再現し、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)とモーションセンサーを用いてVR空間内で人の動きを検する。

これにより、工場や生産設備、生産ラインの新設、製品の設計開発段階における操作性や作業性のシミュレーションを実行し、レビューすることが可能になるということだ。

シームレスなCADデータ連携により設計変更が即座に反映できるため、レビューの繰り返しが容易になり、設計の最適化を図ることができる。

先進のVR技術利用システムを市販のハードウェアを用いて構築できる上、利用時においても簡単な設定作業だけでVR利用の効果を最大化できるソリューションだ。

VR空間で人の動作や姿勢を数値化

3次元CADデータから再現された仮想空間上で作業者は、HMDを通じて状況を体感しながら、モーションセンサーで計測された作業者自身の姿勢や動作を他のデータと一緒に記録・再生することが可能。

従来のVRでは、ディスプレイ上に再現された状況を目で確認し、作業者の視点を追うことに留まっていたが、モーションセンサーを組み合わせたMOTION VR-DRでは腕の角度なども含めた作業者の姿勢と動作の情報を取得できることが大きな特長だ。

この情報は作業性や生産性の検討に活用できるため、設計の手戻りを減らし、生産コストや作業条件などの改善が可能になるということだ。

HMDを装着した検証者の視点と全体の俯瞰的な視点を加味したシミュレーション結果は、数値解析を経てデザインレビューに利用される。

また、レビュー対象の可視化や共有が容易になり、従来は予見困難であった問題点の早期発見に役立つという。

MOTION VR-DRには、高速かつシームレスな自動VR連携のため、サイバネットシステム株式会社のCADデータ連携技術が組み込まれている。

データ変換の手間を省き、検証作業のための環境設定時間を短縮することにより、デザインレビューのレベルアップとユーザビリティの向上が実現可能。

以下、CADデータ連携技術の提供元であるサイバネットシステム株式会社から賛同文を得ているという。

(以下原文まま)

「mcframe MOTION VR-design review」のリリースおめでとうございます。

弊社のCADデータ連携技術をご採用いただいたことで、この技術がCADデータそのもののレビュー工程だけでなく、CADデータを活用する工程でもご利用いただけることになり、適用範囲が大きく広がることになります。

今後製造業におけるVRを使ったものづくりが一層加速、発展していくと期待しております。

サイバネットシステム株式会社
ITソリューション事業本部 AR/VRソリューションセンター
執行役員 センター長 加苅政猛 様

標準価格

1インストールは750万円(税抜き)から。 PCやHMDは含まれない。

必要なハードウェア構成

・ モーションセンサー ・ HMD ・ PC

本製品の詳細は以下を確認。

https://info.mcframe.com/018/design-review.html

サイバネットシステムについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供している。

サイバネットシステム株式会社についての詳細は、http://www.cybernet.co.jp/ を確認。

東洋ビジネスエンジニアリングについて

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社は、IT企画、BPR 実施のビジネスコンサルティング、IT導入コンサルティングから、システム構築サービス、運用サービスにわたり、ERPを中心に豊富な実績を有するビジネスエンジニアリング企業。

またERPをベースとしたSCM、CRM導入支援ならびに中国やアセアン地域を初めとしたグローバル展開支援での実績を積み重ねている。

東洋ビジネスエンジニアリングの詳細は、http://www.to-be.co.jp/ を確認。

ロゴ

参照元:ニュースリリース

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む