VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Meta 2、SteamVRに対応。VIVEコンテンツにアクセス可能に - VR Inside

Meta 2、SteamVRに対応。VIVEコンテンツにアクセス可能に

     

Meta社は、同社ブログ記事において、ARバイザー「Meta 2」がSteamVRに対応することを発表した。

ARホログラムとVRオブジェクトのシームレスな表示が可能に

2017年9月6日付の同社公式ブログ記事は、ハイエンドARバイザーMeta 2がSteamVRに対応することを発表した。

Meta 2とは

「Meta 2」とは、Microsoft社が開発しているHoloLensのようなハイエンドなAR体験を可能とするARバイザーである。

同バイザーの最大の特徴は、HoloLensに迫るグラフィック能力を有しながら、その価格がHoloLensのおよそ1/3の$950(約¥103,000)であることだ(HoloLensは$3,000)。

同ARバイザーのグラフィック性能は、以下のデモ動画を見るとわかる。ユーザーの操作に対するレスポンスがHoloLensに比べてやや遅いことは否めないが、まだ開発版であることとその低価格を考慮すると、HoloLensを脅かすライバル・デバイスであると言える。

SteamVRに対応する意味

以上のようなMeta 2が、VRゲーム配信の世界最大のプラットフォームSteamで採用されている規格SteamVRに対応するとは、何を意味しているのだろうか。

同ARバイザーがSteamVRに対応することによって、同じくSteamVRに対応しているVIVEのVRコンテンツにアクセスできるようになるのだ。このことによって、同一のVRオブジェクトをMeta 2ユーザーはARホログラムで、VIVEユーザーはVRオブジェクトでそれぞれ同時に見ることが可能となる。

Meta社は、さらに以下のような機能を同ARバイザーに実装する予定だ。

  • ・ハンドジェスチャー・コントロールの実装
  • ・光学的SLAMトラッキングの実装
  • VIVEコントローラーへの対応

以上の機能のうち、光学的SLAM(Simultaneous Localization And Mapping:同時位置測定マッピングの頭文字)トラッキングとは、ARバイザーに実装されたトラッキングセンサーを活用して、リアルなモノをARホログラムあるいはVRオブジェクトに変換する機能を指している。

このSLAMトラッキングは、今年末に一斉にリリースされるスタンドアロン型VRヘッドセットにおいて注目されている技術である。事実、HTCと共同してスタンドアロン型VRヘッドセットを開発しているQualcomm社は、SLAMトラッキングを可能とする画像処理技術を発表している。

Qaulcommが発表したSLAMトラッキング技術が実行されている様子

Meta 2にSLAMトラッキングを実装することによって、同ARバイザーから見えるリアル・オブジェクトをARホログラムおよびVRオブジェクトに変換することが可能となる。

以上のような開発プランを実行することで同ARバイザーが目指しているのは、ARユーザーとVRユーザーでシームレスにビジュアル体験をシェアすることだ。もっとも、こうしたビジョンは、MicrosoftもHoloLensとWindows VRヘッドセットを使って実現しようとしてる。

Meta 2は、HoloLensを擁するMicrosoftに技術的にキャッチアップすることで、ハイエンドAR市場における「Microsoftのライバル」という立場をあくまで堅持するつもりのようだ。

Meta 2カスタマーの声

このほど発表したSteamVR対応は、Meta 2のカスタマーに好意的に迎え入れられた。

3Dビジュアル・ソフトウェアを開発しているTechVizは、今回の発表に関して以下のようにコメントしている。

TechVizは、すでに幅広いVRとARデバイスのサポート業務に携わっています。

今回のMeta 2のSteamVRの統合には感謝しており、またMeta社がわが社をサポートしてくれることは、事業成功の近道だと思っております。

TechVIz社が開発したMeta2を活用したソフトウェアのデモ動画

また。医療機関に対してCTスキャンした画像やMRI画像を3Dオブジェクトに変換する技術を提供しているVirtual Radiologys社は、以下のように述べている。

ARは、わが社の顧客にVRでは不可能なソリューションを提供しています。

それゆえ、(ARとVRをシームレスに接続する)Meta 2がSteamVRに対応するという新機能に関して、とても興奮しています。

Virtual Radiology社が提供するMeta 2を活用したサービスのデモ動画

現在、VRとARは機能的にもデバイス的にも別個のものとして捉えられている。しかし、近い将来、互いの差異を意識することなくVRとARを体験することが実現するかも知れない。

ARバイザー「Meta 2」がSteamVRに対応することを発表したMeta社ブログ記事
https://blog.metavision.com/the-meta-2-now-supports-rendering-of-steam-vr-applications

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com