ARKitとARCoreを使ってマインクラフトをスマホでAR表示するデモ動画公開 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ARKitとARCoreを使ってマインクラフトをスマホでAR表示するデモ動画公開

2017/09/19 13:25

ARKitとARCroreを活用してスマホディスプレイにMinecraftのワールドをAR表示するデモ動画が公開された。同動画ではAR表示する機能のみが実行されているが、動画を公開した開発スタジオによると、今後プレイヤーが操作できる機能も実装していく、とのこと。

海外メディアRoad to VRは、MinecraftをARKitとARCoreを使ってスマホでAR表示するデモ動画を紹介した。

リアルなテーブル上にマインクラフト・ワールドを表示

同メディアによると、南アフリカのスタートアップSpeak Geekは、ARCoreを使ってAndroid端末でMinecraftのワールドをAR表示するデモ動画を公開した。

デモ動画を見るとわかるように、まずPCで表示対象となるMinecraftの建造物を制作し、その後Android端末に出力してテーブル上にAR表示している。デモ動画ではAndroid端末のみを使用しているが、同様のことをiOS端末でも可能である。

現時点ではPC上のワールドをスマホディスプレイにAR表示するだけの「ビューワー機能」しか実装していないが、ユーザーがスマホを使ってAR表示されたマインクラフト・オブジェクトを操作できる機能の実装を予定している。そうした機能のひとつとして、PC上のMinecraftからハリウッド・アニメ映画で有名で「ミニオン」がブロック等のリソースをスマホのディスプレイまで運ばせることを計画している。また、同デモの実行しているアプリをリリースすまでには、もう少し時間がかかる、とのこと。

なお、同デモを開発するにあたってはMinecraftのMod「Forge」と「Raspberry Jam」を活用している。

過去にあった「Minecraft x HoloLens」デモ

MinecraftのワールドをAR表示するデモは、本記事で紹介したものがはじめてではない。実は2015年のE3において、MicrosoftがHoloLensを使ってMinecraftをプレイするデモを発表しているのだ(以下の動画を参照。とくに2分30秒から5分30秒あたり)。

発表されたHoloLensを使ったMinecraftのデモを見ると、プレイヤーがAR表示されたワールドを操作している様子がわかる。

もっとも、周知の通りHoloLensの価格は$3,000(約¥330,000)なので、以上のデモのようなAR体験は誰でもができるわけではないだろう。

MinecraftとVRの関わり

MinecraftにARテクノロジーを応用した事例はあまり多くないが、VRには昨年の「VR元年」から対応している。

E3 2016においてVR対応を発表

昨年のE3において、Microsoftは同ゲームをVR対応することが発表した(上の動画の9分20秒あたりを参照)。

大型アップデートによりOculus Touchに対応

2016年10月18日、大型アップデート版がリリースされたことでGear VR版がXbox Oneゲームパッドに対応し、またOculus Rift版がOculus Touchに対応した。もっとも、Oculus Touchがリリースされたのは、大型アップデート後の2016年12月であった。

またWindows 10版、Gear VR版、そしてPocket(スマホ対応)版にはボス戦、さらにはテキストファイルを編集するとキャラクターやゲームの挙動をカスタマイズできるアドオンが追加された。

Xbox版、Wii U版、PlayStation版に対しては、中国神話から着想されたマッシュアップ「Chinese Mythology Mash-Up pack」が追加された。

Windows MRヘッドセットへの対応

2017年末にはDellやAcerといった大手デバイスメーカーからWindows MRヘッドセットがリリースされる予定だが、Microsoftはこれらのヘッドセットに対応したコンテンツのラインナップを収録したトレーラー動画を公開した。

同動画によると、「OBDUCTION」「SuperHot VR」といった人気VRゲームにならんでMinecraftも対応コンテンツとしてラインナップされている。もっとも、これらのコンテンツがWindows MRヘッドセットのリリースと同時に購入できるかどうかは不明だ。

以上のように、Minecraftは早くからXRテクノロジーへの対応が進められてきた。今後成長する「モバイルAR市場」への対応も速やかに行われるだろう。

MinecraftをARKitとARCoreを使ってスマホで表示するデモを紹介したRoad to VRの記事
https://www.roadtovr.com/company-building-ar-version-minecraft-ios-android/

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む