VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【VR体験レポート】テレイグレジスタンスを用いた視覚・聴覚・触覚を刺激する6アトラクションを未来アミューズメントパークで体験してきた

2016/03/17 16:04

視覚・聴覚・触覚を刺激する6アトラクション未来アミューズメントパークVR体験レポート

2016年3月17日、東京タワーメディアセンターで行われた株式会社リクルートテクノロジーズ主催の「未来アミューズメントパーク~視覚・聴覚・触覚を刺激する、VRを超えたスーパーVR体験会~」に参加してきました。

体験会開催の挨拶

体験会開催の挨拶の様子

イベント趣旨

株式会社リクルートテクノロジーズは過去にリゾートエリアのVR疑似体験システムを用いたイベントを開催したことがある。

今回はテレイグレジスタンス(VR分野のひとつで、遠隔地の物や人が、あたかも近くにあるかのように感じさせる技術)が現実社会にどれだけ実装していけるものなのか、その可能性やポテンシャルを「リアリティ」「没入感」を追及することで検証する目的でVRを用いた6つのバーチャルアトラクションが用意されていました。

それではテレイグレジスタンスを駆使し、「視覚」「聴覚」「触覚」に訴えかけてくるVR体験を得られる6つのアトラクションについての体験を紹介していきます。

各アトラクション体験

座間味 ロケットジャンプ

座間味 ロケットジャンプ

座間味 ロケットジャンプ


全天球実写映像を使用したVRを超えたVR体験。ドローンを使って撮影した現地映像を使用。
ジェットパックを背負い、美しさでは他に類を見ない沖縄慶良間諸島の座間味島周辺を飛ぶことができる。

「少し自由に動き回れる実写」とテーマにした観光用VRツール。

3度の大ジャンプで島と飛び越える中、自由な視点切り替えが可能

3度の大ジャンプで島と飛び越える中、自由な視点切り替えが可能

体験者を宙吊り状態にすることでジャンプを演出する人力アトラクションとなっているが、体験してみた結果、本当にジャンプしているような臨場感を得られた。

映像にあわせてスタッフがペダルを踏んで「ジャンプ感」を演出する

映像にあわせてスタッフがペダルを踏んで「ジャンプ感」を演出する

体験者の前には大型扇風機が設置され、風を送ることでより「ジャンプ感」を出していた。
VRヘッドセットOculusを装着すると、沖縄の風と気持ちよく錯覚することができた。

個人的に没入感や体験しての面白さは、こちらのアトラクションがナンバーワンでした。

座間味 ロケットジャンプの開発プロデューサーの藤山晃太郎氏には取材を敢行したので近日公開します。

インタビュー中の藤山晃太郎氏

インタビュー中の藤山晃太郎氏

美瑛の丘レース -Hashilus-

美瑛の丘レース -Hashilus-

美瑛の丘レース -Hashilus-


北海道の美瑛にある大変美しい丘陵地帯、通称「パッチワークの道」を馬に乗ってレースする。
映像の美しさのみならず、乗馬体験もリアルに再現された白熱のレース。圧倒的な没入感を堪能できる。

健康器具をPCと連動させた乗馬型VR体験器で、6つのアトラクションで一番体力を消費した。
レース中、またがった器具が激しく動くのでしっかりと内転筋でロックしないと飛ばされそうなくらいに暴れました。

手綱コントローラーを振る腕が筋肉痛になった

手綱コントローラーを振る腕が筋肉痛になった

最後に馬が崖からの大ジャンプするので、その瞬間は死を覚悟したほど臨場感があった。

あまりの激しい揺れに若干の酔いを感じ、手綱を振り続けた腕はやや皮膚がダメージを受けていました(4人で競った結果1位になりました)。

映像に合わせて霧吹きをかける瞬間

映像に合わせて霧吹きをかける瞬間

途中で滝の中に入るシーンではリアルに霧吹きで水を吹きかける演出も。すごく感動しました。

楽しく筋力トレーニングするツールとしてかなり使える気がします。

四季の世界遺産 ドライブ

四季の世界遺産 ドライブ

四季の世界遺産 ドライブ


冬の白川郷に始まり、白神山地、熊野古道を抜けて春の姫路城まで、日本国内の4つの世界遺産をバイクに乗って一気に体験できるVR企画。本物のバイクのような疾走感や悪路を走る感覚、加速減速もリアルに表現。

今回のアトラクション、基本的には「扇風機で風」「霧吹きで水」「人力サポート」を駆使しています。

こちらのドライブでは途中加速するシーンはスタッフが後ろからバイクを押してくれます。

加速シーンはもちろん人力

加速シーンはもちろん人力

左のモニター(体験者の見ている映像)を見ながらスタッフが適宜押す。

左のモニター(体験者の見ている映像)を見ながらスタッフが適宜押す。

こちらはあまり酔うこともなく、ときおり水分の混じったほどよい風を感じながら、快適なドライブが楽しめました。

リアル世界のバイクとバーチャル上のバイクのハンドルが見事にシンクロしていて、違和感なくVRの世界に入っていけました。

雨天のため屋外観光ができないとき、この仕組みが救世主となるかも。そんな期待感はありました。

TOKYOスカイラン -Urban Coaster-

TOKYOスカイラン -Urban Coaster-

TOKYOスカイラン -Urban Coaster-


CG生成された東京に似た街をスカイコースター(ブランコ型コースター)に乗って超高速で疾走する。
ドキドキ感と爽快感を双方味わえる。見覚えのあるビルがいくつも登場する。

このアトラクションが一番酔った。ただ、ジェットコースターを滑走するスリル感は存分に体験できました。

扇風機の前には体験者の位置を読み取るセンサーを設置

扇風機の前には体験者の位置を読み取るセンサーを設置

スカイコースターは1回転はなかったものの、急降下や左右の曲がりは多く退屈はしなかった。ただ、6アトラクションで一番酔いが激しく、滑走後は特にお腹付近にモヤモヤは溜まりました。

それでももう一度乗りたいと思う諸刃の剣的な側面を持ったアトラクションでした。
改良を加えれば遊園地で実用化が十分にいけそうな期待感はありました。

ペンギンロボットコントローラー

ペンギンロボットコントローラー

ペンギンロボットコントローラー


遠隔地のプールにいるペンギンロボットをリモートコントロールするためのコントローラー。

写真の右側の映像が体験者の映像です。ただラジコンのように操作するのではなく、実際に操作者がペンギンの動きをしてペンギンロボットを泳がせる企画。

見た目はすごく恥ずかしい動きをしないといけなかったですが、ヘッドセットをつけているので羞恥心は一切なかったです。
動物視点の視界は新しさで満ち溢れていました。

ペンギンロボット開発チーム「TRYBOTS」代表の近藤那央氏にはインタビューも敢行したのでお楽しみに。

近藤那央氏へのインタビューは後日公開

近藤那央氏へのインタビューは後日公開

指サッカー

指サッカー

指サッカー


卓上大のグラウンドをフィールドに『指』で『サッカー』をするという『指サッカー』。
手首に仕込んだ小型カメラの映像をヘッドマウントディスプレイに投影し、体が片手サイズに収縮したかの様な視点でボールを蹴り操る。
指サッカー

こちらの"ユビフォーム"を手に装着します


VR体験をするため、背中に頭の動きを捉えるバックパックのような機材を背負い、ヘッドセットと連携させます。
ヘッドセットはOculusではなくHASKO製

ヘッドセットはOculusではなくHASKO製

背中に背負ったバックパックとヘルメットを連携

背中に背負ったバックパックとヘルメットを連携

ユビフォームをつけたほうの手首にカメラを設置し、テレイグレジスタンスの機能を使ってあたかも手首のカメラが自分で見た視界のように見せます。

自分の手が、まるでサッカーコートでプレイする自分の足かのようになりました。

「手首のカメラを見ている」という意識はないものの、シュートは難しく、サッカー経験者でもある程度の熟練度が必要だった。

こちらも開発者にインタビューを行ったので後日公開します。

取材内容は後日公開

取材内容は後日公開

アトラクションを体験してみて

映像に人力アクション(押す、持ち上げる、水を吹きかける)を加えることで今までとは違ったVR体験ができました。

特に、座間味ロケットジャンプや四季の世界遺産ドライブは観光分野において活躍の可能性を垣間見た気がします。

視覚・聴覚に加えて人力演出による触角へのアプリーチは今後のVR展開のすそ野を広げるひとつとなりそうだ。

アバター


何十年も前からあるVRがようやく一般で広まりつつあるなか、課題は「ハード」と「体験」の2軸と思っています。これからリリースされる新しいVR機器を余すことなく紹介すること、そして体験したVRの良さを少しでも伝えることでVR市場の成長に貢献します。

最新ニュースを読む