VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

モバイルARでジェスチャー操作を可能にするSDKが登場 - VR Inside

モバイルARでジェスチャー操作を可能にするSDKが登場

     

スウェーデンのソフトウェア開発企業であるManoMotionが、モバイルARでジェスチャー操作を可能にするSDKのリリースを予定している。

これは現在のところ、アップルのARプラットフォームであるARKitに対応しており、同プラットフォームに対応したARアプリにジェスチャー操作を追加できるものだ。

同社は現在、モバイル端末を用いたVR/AR両方でジェスチャー操作を可能にする技術を開発しており、ユーザーはバーチャル空間内のオブジェクトに直接触れたり、ジェスチャーを用いてアプリを操作することが可能になる。

概要

モバイルARでジェスチャー操作

本SDKはiOSデバイスのカメラによって手の形をトラッキングして、様々なジェスチャーを正確に認識することができる。

これによって、たとえばオブジェクトを掴んだり離したり、クリックやスワイプ、タップなどのジェスチャーをリアルタイムで認識することが可能になる。

また、最小限のCPU消費でこれらの動作を行えるように設計されているため、バッテリー駆動時間に影響することもなく、また外部デバイスを接続する必要もない。

ジェスチャー操作ができるアプリ開発が可能に

開発者はこのSDKを用いて、製作するアプリにジェスチャー操作機能を追加することが可能となる。

ポイントやプッシュ、ピンチやスワイプなどのジェスチャーはあらかじめセットとしてSDKに組み込まれているので、アプリにジェスチャー機能を容易に実装することができる。

モバイルARでジェスチャー操作が可能になれば、これまで以上にモバイルARの可能性が拡がり、ゲームのみならず様々な分野のアプリで使い道が見出せそうだ。

モバイルAR体験が進化する

ManoMotionのCEOであり、共同創業者であるDaniel Carlman氏は、本SDKは現行のモバイルARを拡張するものとして、以下のように述べている。

現行のAR技術には大きな限界があり、それは3D空間に表示するオブジェクトと直感的にインタラクト出来ないことです。(中略)ARKitでジェスチャー操作が可能になることは大きな指標であり、ARアプリでのインタラクションを大きく変えるものです。

Unityで使用可能、ARKit、ARCoreにも対応

本SDKはUnityで動作するもので、現在のところiOSアプリの開発に対応している。

また今後、Android用のARプラットフォームであるARCoreにも対応するとのことだ。

スマホVRでもジェスチャー操作が可能に

ManoMotionは現在、モバイルARだけでなくスマートフォンVRでのジェスチャー操作を可能にするSDKの開発も行なっている。

こちらはiOS、Android両方に対応しており、このSDKを用いて様々なVRアプリにジェスチャー操作を組み込むことが可能になる。

Unityエンジンのプラグインとして機能し、キットはフリーミアム(あらかじめフリーで公開して、カスタマーの要望に応じて課金して機能を追加するシステム)でリリースされ、カスタマーのニーズに応じたサービスの開発、提供を目指している。

様々な種類のジェスチャーを認識できる点も本キットの特徴で、スマートフォンVRでジェスチャー操作が可能になることによって、スマホVR体験がより豊富なものになる。

モバイルARでジェスチャー操作は普及するか

モバイルARでジェスチャー操作を可能にするデモ

モバイルARでジェスチャー操作を可能にする技術は、ManoMotion以外でも開発が行われている。

ベルリンを拠点に活動する開発者、Arthur Schiller氏は、モバイルARでジェスチャー操作を可能にする技術を開発しており、先日デモ動画を公開した。

これはARKitと、モーショントラッキングデバイスであるLeapMotionを組み合わせて、モバイルARでジェスチャー操作を可能にするものだ。

PCとLeap Motionを使用

このデモではiPhone 7と、LeapMotionを接続したMacBookを使用している。

LeapMotionがユーザーの手の動きをトラッキングしてMacBookに送信、そこでジェスチャー操作用のデータに変換して、iPhoneへと送る仕組みだ。

デモではボックスを動かしたり、回したり等のシンプルな操作のみが可能だが、タッチスクリーンによる操作に比べると操作の自由度が上がり、モバイルARコンテンツをより自然に、ストレスなく操作できる。

モバイルARでのジェスチャー操作は普及するか

このデモではジェスチャー操作をするためにPCやセンサーなどの外部デバイスを接続しているが、ManoMotionが開発するSDKでは外部デバイスを接続せずに、モバイルARでジェスチャー操作を行うことができる。

また、今後はスマートフォンの性能が向上することによって、カメラを用いたトラッキング精度が向上することが予測される。

そうすれば、モバイルARでのジェスチャー認識もより高精度なものになり、ジェスチャー操作に対応した様々なARアプリが登場する可能性がある。

参照元:VRScout ManoMotion Introduces Apple ARKit Hand Gesture Support

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

daisuke

Writer: ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。