VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

モバイルARを用いて、外装やインテリアを試せるアプリが続々登場

2017/09/16 13:51

モバイルARは様々な用途が見出されているが、インテリア、外装分野においても大きなメリットを見出せそうだ。

現在、大手家具メーカーのIKEAを含む様々なメーカーが、モバイルARを取り入れたサービスを開発しており、今秋にリリースされるiOS 11で使用することができる。

本稿では、モバイルARを取り入れたインテリア、外装メーカーの取り組みについてご紹介する。

キッチン、バスの模様替えにモバイルARを活用

Cambria社のモバイルARサービス

米国のインテリアデザイン企業であるCambria社は、石材を用いたインテリアを提供している。

同社は高品質な石材を用いたカウンターやキッチン、バスルームなどを提供しているが、モバイルARを用いて様々な模様の石材を試すことが可能になった。

ARによって様々な模様を試せる

このアプリはARデベロッパー企業のspace150が開発したもので、アップルのARプラットフォームであるARKitで動作する。

ユーザーはスマートフォンのカメラを通して物体の表面の形状を正確に認識、そこにCambria社が提供する様々な模様の石材をAR表示することができる。

ARKitの光推定機能を用いることによって、まるで実際に石材を取り付けたようなリアルな表示が可能なので、ユーザーは部屋のどの部分にどんな模様の石材を用いれば良いかを正確に判断することができる。

インテリア業界にモバイルARがもたらす可能性

Cambria社のCEOであるBrian Peters氏は、モバイルARを用いた新サービスについて以下のように述べている。

ARは従来のデザイン業界において、コンシューマーにとってもプロにとっても大きな変革をもたらす技術です。(中略)Cambria社はこの注目すべき技術をいち早く取り入れ、シンプルでありながら強力なアプリを提供します。我が社のデザインを試すには、これよりもいい手段はないでしょう。

iOS 11に対応、App Storeでの配信を予定

また、本アプリを開発したspace150のスポークスマンによると、ARアプリ「Cambria AR」はすでにApp Storeでの配信の承認を得たとのことで、今後もアップデートを続けていくとのこと。

「Cambria AR」はiOS 11の正式リリースとともに利用可能になる予定。

外装の設置にモバイルARを取り入れる

ARアプリで日よけを設置

モバイルARは外装サービスにおいても活用が進められており、ドイツのエクステリアメーカーであるMarkilux社は、同社のサービスにモバイルARを活用している。

Markilux社は天候に応じて格納可能な日よけを提供している企業で、同社はARKitに対応したARアプリによって、事前に様々なカラーやデザインの日よけを試すことができるアプリを開発している。

実際に設置した様子を手軽に確認できる

iOS 11がARKitに対応することによって、従来のiOSデバイスでは不可能だった高性能なAR機能を使うことができる。

本アプリではARKitの水平面を検知する機能を用いて、様々な種類の日よけを、まるで実際に壁に設置したかのようにAR表示することができる。

ユーザーは様々な日よけを試したり、サイズを自由に変更することも可能で、3Dモデルの日よけが格納する様子もARで再現することができる。

モバイルARを用いるメリット

テーブルや壁の石材や、外部に取り付ける日よけなどは、カタログや写真で見ただけでは実際に取り付けた様子のイメージを掴むことが難しいが、ARを使用することで実際に取り付けた様子を正確に、かつ手軽に確認することができる。

インテリアや外装、またファッションや様々なショッピングなどにモバイルARがもたらすメリットが期待され、今後の可能性を感じる技術だ。

家具のレイアウトをシミュレーション

IKEAのモバイルARアプリ

また、モバイルARを用いて購入前に様々な家具を試すことができるサービスも登場している。

大手家具メーカーのIKEAは、同社の家具をARによって試すことができるアプリ「IKEA Place」をリリースする。

「IKEA Place」では、ソファーやコーヒーテーブルなど2,000種類以上の家具を3Dモデル化して収録し、AR表示して部屋の中に配置可能だ。

様々な家具をリアルなAR表示で配置

このアプリもARKitで動作し、ARKitの正確な空間認識能力によって部屋の中の様子をスキャン、カタログに登録されている3Dデータの家具を部屋のサイズに応じて自動的に配置する。

アプリの操作はシンプルで、配置した家具を360度回転させることも可能で、多角的な視点から家具のレイアウトを試すことが可能だ。

また、IKEAはVRを用いたサービスも開発しており、HTC Viveを用いたアプリをリリースした他、フライパンでケーキをひっくり返す練習ができるという、ユニークなアプリもリリースしている。

参照元:Next Reality Cambria & Markilux Match IKEA with ARKit Apps for Home Makeovers

Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む