VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

MR専門の学校「MRプロフェッショナルアカデミー」が2018年月開校へ

MR専門の学校「MRプロフェッショナルアカデミー」が2018年月開校へ

株式会社VRデザイン研究所は、日本初のMR(Mixed Reality : 複合現実 、以下MR)専門の教育機関『MRプロフェッショナルアカデミー』を、2018年7月に開校する。

MRプロフェッショナルアカデミー
https://vracademy.jp/events/oplesson1/

MR(Mixed Reality : 複合現実 )とは?

VR・ARの先にあるとされているMRが世界的に注目されている。

MRとは、複合現実と呼ばれ、人工的につくられたバーチャル空間と現実空間を融合させた世界をつくる技術。現実空間に物理的な制約のないバーチャルな空間の情報や物体を映し出し、双方向のやり取りが行える。

2016年3月北米で「Microsoft HoloLens」がリリースされ大反響を呼び、Googleが大規模投資を行った米国スタートアップの「Magic Leap」がヘッドセット出荷を発表して、更に注目が集まっている。

イメージ

© Microsoft 2018

イメージ

© Microsoft 2018

今なぜ?MRの学校?

そんな現況の中でMR技術は、製造業、医療、教育など様々な企業の現場で実用的な利用が進められている。

そこでVRデザイン研究所は、2018年は、AR普及元年と見据え、AR/MR技術を活用した様々なアプリ開発が出来るエンジニアを増やすために、現行のVRプロフェッショナルアカデミーに併設して、MR/AR技術を持つエンジニアを育成する「MRプロフェッショナルアカデミー」を開校する。

MRアカデミーの3つの特徴

1.仮想プロジェクトによる実践スキル学習“クエスト方式”。

2.学生の学習プロセスを見守る“パートナーズ in Learning”。

3.企業の現場で働くプロが講師“プロフェッショナルアカデミー”

MRアカデミーの概要

1.2018年7月本開校。2018年2月「MRエンジニア養成塾」プレ開講。3月より募集開始。

2.3ヶ月コースの短期集中。     

3.対象:年齢性別問わず、MR/AR/VRアプリ開発を学びたい人

2月10日(土)プレ講座・緊急開催!

『実例からみるHoloLensアプリ開発とWindows Mixed reality』

イメージ

Mixed Reality(以下MR)技術の先駆的デバイスであるHoloLensの開発実例に焦点を当て、MR技術を使ってどんなアプリが登場したのか?それを実際に開発するためにはどうすればいいのか?などを紹介。

【開催日時】2月10日(土) 14:00~19:00

【会場】マイクロソフト本社 セミナールーム (JR品川駅より徒歩4分)

【対象者】

・HoloLensアプリの開発に興味がある方

・これからHoloLensアプリの開発を検討している方

・プログラミングレベル(初級から中級)の方

【講師紹介】

★日本マイクロソフト株式会社 テクニカル エバンジェリスト 高橋 忍 氏

★合資会社 VoxcellDesign 代表 脇塚 啓 氏

★株式会社ホロラボ ビジネスディベロップメント テクニカルディレクター 江口 将史 氏

★ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社エデュケーションアカウントマネージャー 石井 勇一 氏

『HoleLenz』by VoxcellDesign

【参加費】 無料 ※要事前登録

【参加方法】 下記にあるチケットフォームからチケットを取得
https://vracademy.jp/events/oplesson1/

【協力】 日本マイクロソフト株式会社

【主催】 株式会社VRデザイン研究所

【問合せ先】 VRプロフェッショナルアカデミー・ オープンカレッジ事務局 : info@vracademy,jp

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む