VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR×ライトノベル『FullDive novel: Innocent Forest』が「VIRTUALGATE」に対応開始

『FullDive novel: Innocent Forest』タイトル画面

MyDearest株式会社は2017年8月18日(金)17:00より、国内131店舗のインターネットカフェに設置されたVRコンテンツプラットフォーム「VIRTUAL GATE(バーチャルゲート)」で、体験するVRライトノベル『FullDive novel: Innocent Forest』の販売を開始することを発表した。

本コンテンツはGearVR版に比べ、より美麗なグラフィックを再現し、イラストも2.5倍増量をしているということだ。

全国131店舗のネットカフェで体験可能となっている。

▼導入店舗はコチラ
http://lp.virtual-gate.com/#shoplist

VIRTUAL GATEとは

「VIRTUAL GATE」サービスイメージ

VRコンテンツプラットフォームで、全国のインターネットカフェに展開を開始している。

「VRゴーグルを持っていない」、「VR施設に遠くて行き辛い」というユーザーでも、近所のインターネットカフェで個室でゆっくり、じっくりとVRを楽しむ事が出来るサービスとなっている。

FullDive novel: Innocent Forest

本作はクリエイター系VRスタートアップMyDearest株式会社により制作された作品だ。

7/25よりGearVR向けに公開されているが、今回、VIRTUAL GATEにて500円で販売が開始される。

FOVEへのプラットフォーム対応にあたり映像を一部クオリティアップし、イラストボリュームを2.5倍に増量してリリースされるということだ。

Trailerはこちら: https://www.youtube.com/watch?v=KoitQ2onMM8

出演声優の直筆サインプレゼントキャンペーンを開催!

キャンペーン告知

期間:2017年8月18日(金)〜2017年9月3日(月)

VIRTUAL GATEで「FullDive novel: Innocent Forest」を体験すると抽選で『来訪者ケイ役CV: 小林裕介さん直筆サイン』『森の少女ルクレイ役CV: 日高里菜さん直筆サイン』がそれぞれ3名ずつにプレゼントされる。

▼VIRTUAL GATE「FullDive novel: Innocent Forest」キャンペーンページ
https://innocentforest.virtual-gate.com/

『FullDive novel: Innocent Forest』とは

FullDive novel ロゴ

“FullDive novel”

それは『VR×ライトノベル』をコンセプトとした究極没入型の読書体験。

物語の「世界観」に埋没させ、読者自身がもはや「物語の主人公」のように感じてしまうほどの体験を可能とする。

ライトノベルで挿絵に当たる部分がVRアニメーションとなっており、その他の部分にも出演声優のボイス再生機能も一部実装。

”Innocent Forest”

「その森で、人は一つ記憶を失う」

不思議な少女ルクレイと来客たちの記憶を巡るファンタジー。

記憶失う森。辛い出来事を一つ、忘れることができる森があるという。

その森で記憶は鳥に形を変える。記憶を失い森に迷い込んだ青年ケイ(cv.小林裕介)は、森の屋敷に住み鳥を集める不思議な少女ルクレイ(cv.日高里菜)と出会う。

ケイはルクレイと共に森に住むことを決意し、穏やかで幸せな共同生活が始まる一方で自分がなぜ森に来たのか、何の記憶を失ったのかが気になるケイ。

これは失った記憶の鳥を通じて、過去と現在、そして未来へと繋ぐ物語。

詳細はこちら: https://www.fulldivenovel-innocentforest.com

コンテンツイメージ

第2弾が9月中旬にリリース予定! 2章 『Innocent Forest 〜空の寝台〜』

『Innocent Forest 〜空の寝台〜』タイトル画像

「その森で、人は一つ記憶を失う」

不思議な少女ルクレイと来客たちの記憶を巡るファンタジー第2弾。

引っ越してきたばかりの町の散策の途中で森に足を踏み入れてしまった医者のハウザー(cv.小林裕介)は、突然降り出した豪雨の中で一人の少女ルクレイ(cv.日高里菜)と出会い、屋敷に案内される。

大雨の中歩いたことから風邪を引くルクレイ。

過去に救えなかった少女との記憶から、患者と向き合うことを恐れていたハウザーだったが、ルクレイを看病していく中で、抜け落ちていた少女との記憶を取り戻していく…。

MyDearestについて

MyDearest株式会社は『VR×アニメ的世界観×ストーリーテリング』に強みを持つ、日本有数のクリエイター系VRスタートアップである。

ライトノベルのカリスマ編集者、三木一馬氏(株式会社ストレートエッジ代表取締役CEO)がアドバイザーとして参画しており、ハイクオリティなストーリー創出と一気通貫でコンテンツを作れる強みを持っている。

2016年IVS Launch Padファイナリストに選出。

2017年第二回日本アントレプレナー大賞にてエンタメ部門庄司正英賞を受賞。

【会社概要】

会社名 : MyDearest株式会社 (MyDearest Inc.)

所在地:東京都品川区東品川2-2-28

設立:2016年4月

代表:代表取締役CEO 岸上健人

事業内容:VRコンテンツの企画・開発、VRコンサルティング事業、ゲーム事業

株式会社テクノブラッド 会社概要

会社名 : 株式会社テクノブラッド

所在地:東京都台東区蔵前3-1-10 蔵前セントラルビル6F

設立:1999年2月

代表:代表取締役 柳 日栄

事業内容:デジタルコンテンツに関わる総合事業

1.オンラインゲームのネットカフェパブリッシング(キャンペーン、イベント企画運営等)

2.プロビジョン、ペイネットカフェなどソリューション販売、運営

3.e-sportsのイベント企画・運営

4.スマートフォン向けステッカー「Fantastick」の商品企画、販売

5.スマホ向けバッテリー「U4バッテリー」の販売

6.施設設置型VRコンテンツプラットフォーム「VIRTUAL GATE」の運用

参照元:ニュースリリース

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む