Indiecam、6K360°動画が撮影可能な360°カメラ「nakedEYE s4」を発表 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Indiecam、6K360°動画が撮影可能な360°カメラ「nakedEYE s4」を発表

2017/09/18 13:38

オーストリアのカメラメーカーIndiecamは、6K画質に対応した360°カメラ「nakedEYE s4」を発表した。同カメラは4つのカメラレンズを実装しながらもコンパクトなデザインを実現し、12ビットのRAWデータも生成できる。

海外メディアNewsShooterは、カメラメーカーIndiecamが6K画質の360°カメラ「nakedEYE s4」を報じた。

小型ながら6K画質を実現した「nakedEYE s4」

同メディアによると、オランダ・アムステルダムで2017年9月15日から19日まで開催されている放送機器の世界的見本市IBC(International Broadcasting Convention)2017において、オーストリアのカメラメーカーIndiecamが最新360°カメラ「nakedEYE s4」を発表した。

同カメラはトップ画像を見るとわかるように、カメラレンズを4つ実装しながらも高画質360°動画にしてはコンパクトなものとなっている。

4つのカメラレンズのシャッターは同期しており、撮影後に6K画質の360°動画に生成される。また、12ビットのRAWデータを生成することもできる。RAWデータを生成できることによって、撮影後のいわゆるポスト・プロダクションが容易となる。

さらに小型な4K画質対応の「nakedEYE」

nakedEYE

Indiecamは、「nakedEYE s4」の下位モデル「nakedEYE」も販売している。同カメラは、2つのカメラレンズを実装しており4K画質に対応している。対応画質は「nakedEYE s4」に劣るものも、さらにコンパクトなデザインとなっている。同カメラも12ビットのRAWデータを生成することができる。

同カメラは、今年のカンヌ映画祭において初披露され、デモ動画も公開された(下の動画を参照)。

デモ動画は、Austria Tourismとthe Museum of Art History Vienna(美術史博文館)の協力で行われたもので、普段来訪者が見れない美術史博文館の姿を見せるために撮影された。

このバーチャルミュージアム体験は3つのプロットが用意され、子供を追ってアートギャラリーに入るか、スカルプチャールームでの美術学生のクラスに加わるか、もしくはスペシャルエキシビションのためにルーベンスの絵を修復している修復しの仕事を見学を楽しめる。

続々リリースされる高画質に対応した360°カメラ

最近は4Kから8K画質に対応した360°カメラが、一般消費者向けにも販売されるようになっている。

Insta 360 One

Insta 360 Oneは360°動画は4K、写真は24メガピクセル(6912×3456ピクセル)の解像度で撮影可能なカメラ。スマートフォン上部に取り付けて使用する事が可能。現在はiPhoneにのみ対応済み。

スタンドアロンでのコントトール、Bluetoothを経由したリモートコントロール、スマホの充電ポートへの接続を介したコントロールという3つの操作モードが搭載されており、状況によって最適なモードを選択できる。

最大の特徴である「FreeCapture technology」は、元となる360°動画から気に入ったシーンを選び出し、1080pの固定フレーム動画として変換できるというもの。つまり、iPhoneで動画を確認できるようにするのだ。

まずユーザーは動画を撮影した後、OneをiPhoneに取り付け、動画をiPhoneで確認する。この時iPhoneに内蔵されているジャイロスコープを利用することで、iPhoneのディスプレイをビューファインダーとして、普段スマホで動画を取っているのと同じ仕草で、オリジナルの360°動画を自由視点を取りつつ閲覧することが出来るようになる。

NoMatterWhat

NoMatterWhat

スタートアップ企業のSpincle Inc.は、360°撮影が6Kのイメージクオリティでできる360°カメラ「NoMatterWhat」の予約を受け付けている。

6Kというハイクオリティながら、値段はマーケットにある他の360°デバイスの10分の1の39.99ドル(約 4380円)という驚きの低価格も特徴のひとつだ。さらに重さも30グラムとかなりの軽量で、持ち運びも簡単である。

同カメラは、iPhoneのカメラを使用し360°写真と動画を撮影するので、アプリをひらくだけで簡単にハイクオリティな360°撮影ができる。

現在、同カメラは2017年9月22日まで予約ページから予約を受け付けている。

Indiecam公式サイト
http://www.indiecam.com/

カメラメーカーIndiecamが6K画質の360°カメラ「nakedEYE s4」を報じたNewsShooterの記事
http://www.newsshooter.com/2017/09/17/indiecam-nakedeye-s4-6k-raw-vr-camera-system-add-video-at-ibc/

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む