NASAの宇宙飛行士が、MRを使用して宇宙飛行トレーニングしていることを、Manus VR社が発表 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

NASAの宇宙飛行士が、MRを使用して宇宙飛行トレーニングしていることを、Manus VR社が発表

2016/09/09 15:40

よりリアルな環境で宇宙訓練を行うために、NASAはVRでManus VRのグローブを使用していると、Manus VRが発表した。

Manus-vr

9月8日、アメリカの宇宙機関、NASAが宇宙飛行士トレーニングにMRの技術を使っていることを、VRアプリケーションのためのグローブを開発する会社、Manus VRが明らかにした。

添付された動画では、NASAの宇宙飛行士がInternational Space Station(ISS)に行くための訓練に、グローブが使われていると、Manus VRは説明している。

Manus VRの精密なグローブ

NASAは、よりリアルな環境で訓練を行うためにVRでISSを再現し、正確な第二の自分をVRに構築するためにManus VRのグローブを使用している。

宇宙空間の環境は、NVIDIA PhysXUnrealと一体化したUnreal Engine 4によって作られ、HTC社のVIVEと手首につけるコントローラーでプレイされていたが、ここ数ヶ月、Manus VRのグローブが使われ始めた。

Manus VRは今回の発表の際に以下のことを語った。

「これはManus VRのグローブがVR、AR、そしてMRで何ができるのかを披露する素晴らしい機会です。NASAは次代のManus VR開発キット、そしてSteamVR TrackingにためのManus VR Tracking Braceletのご利用を楽しみにしています。」

参照:Vrfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2016/09/nasas-astronauts-training-in-mixed-reality-with-manus-vr-gloves/

Kawasaki


1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。

最新ニュースを読む