VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

1000人のアメリカ人を対象に行われた360度動画に関する意識調査の結果をNikonが発表。90%が、コンテンツによってはより良いものになると思うと解答。

360_infographic

360_infographic

11月15日から21日、1000人のアメリカ人(18歳以上)を対象に行われた、360度動画に関する意識調査の結果をNikonが発表した。

Nikonの調査

VRが再起してからというもの、Jaunt、Littlstar、NextVR、そしてNew York Timesなどといった制作会社を見ても、360度コンテンツはうまく軌道に乗っている。

昨日12月8日、カメラのエキスパートであるNikonが、アメリカ人を対象に、「Life in 360」がテーマの360度動画テクノロジーに関する意識調査を行った。

さらには、アメリカ人が何を360度で撮ったり、視聴したいかの考えも調査結果に出ている。

調査に関して

・実際に調査を行ったのはWakefield Research

・対象は1000人のアメリカ人(18歳以上)

・調査期間は2016年11月15日から21日

・調査方法は、メールやオンライン調査

調査結果①

【質問】
現在視聴しているコンテンツが360度カメラで撮影された場合、コンテンツはより良いものになると思いますか。

【結果】
90%が、コンテンツによってはより良いものになると思うと解答。

ジャンル 賛成率(360度にすると良くなることに賛成)
スポーツ 60%(5人に3人)
旅行 60%
ライブ映像 60%
映画 39%
ニュースやドキュメンタリー 31%
テレビショー 30%

調査結果②

【質問】
従来のカメラよりも360度カメラで撮影した方が、よりワクワクするような動画を撮れるとしたら、どんなタイプの動画を360度カメラで撮影したいですか。

【結果】
92%が、個人的な経験を撮影したいと解答。

ジャンル 賛成率(360度カメラで撮影することに賛成)
休日 60%
家族との時間 53%
イベント時 45%
アウトドア活動 42%
スポーツ 19%
恋人との時間 15%

その他にも、98%の人が360度カメラは、市場に出ている従来のどんなカメラよりも、よりワクワクするように撮影できると思うと解答。

Nikon Inc、Communications部門Associate General Managerのコメント

Nikon Inc、Communications部門Associate General ManagerのLisa Baxt氏は以下のように語る。

「Nikonが360度カメラKeyMission 360の発売に伴い行った調査、Life in 360は、顧客が360度カメラで撮影、シェアすることに対する興味が薄いという考えを拭いました。

Nikonはこの業界で革新を起こし、クリエイターが撮影、体験、そして人生を360度でシェアするためのツールを提供しています。

参照:Vrfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2016/12/nikon-life-in-360-study-finds-90-of-americans-believe-current-content-would-be-better-in-360/


1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。

最新ニュースを読む