VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

NIVIDIA、VRコンテンツ開発者向けGPU「Quadro P6000」のリリースを発表

2016/09/01 14:08

NIVIDIAは、2016年7月25日、同社が販売するGPUの最上位モデル「Quadro P6000」のリリースを発表した。

20160726_nividia_1

同GPUは、現在アメリカ・アナハイムで開催されているCGとインタラクティブ技術に関する世界最大の学会SIGGRAPH 2016において発表された。

この発表は、先週発表された新モデル「NIVIDIA TITAN X」に続くものである。

ただし、NIVIDIA TITAN Xがコンシューマー向けなのに対して、Quadro P6000は明らかにVRコンテンツ開発者向けの業務用GPUである。

ちなみにQuadro P6000の名前についている「P」は、同社が新しく開発したGPUアーキテクチャーである「Pascal」を意味している。

20160726_nividia_2

Qaudro P6000の演算速度は12テラflopsで、前のエントリーモデル群の約2倍、そしてTITAN Xの11テラflopsをも上回る。

同GPUのリリース日と価格は未定であるが、前モデル「Quadro 6000」の$4000が参考になるだろう(ちなみにTITAN Xは$1200)

NIVIDIAの「Quadro p6000」紹介ページ
http://www.nvidia.com/object/quadro-graphics-with-pascal.html

参照元URL:http://uploadvr.com/nvidia-announces-beastly-pascal-enhanced-quadro-p6000-gpu/

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む