VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Nokia、プロ向け360°VRカメラ「OZO」と関連ソフトウェアの新機能をIBCでデモ! - VR Inside

Nokia、プロ向け360°VRカメラ「OZO」と関連ソフトウェアの新機能をIBCでデモ!

     

ozo_1

テクノロジーカンパニー、Nokiaがプロフェッショナルグレードの360°VRカメラ「OZO CAMERA」と関連ソフトウェア「OZO Creator」「OZO Live」の新機能デモンストレーションをIBCで行うことを発表した。

概要

NokiaはVRクリエーターのためのOZOのマルチプラットフォームツール、OZO CreatorとLiveを6月に発表したばかりだ。

今回OZO Liveに新しい新機能が加わる予定で、その新機能についてのデモンストレーションがIBCでは披露される予定だ。

OZO Liveの新機能:

  • ● スペーシャルオーディオ・ミクシング:オーディオソースのポジションを3D空間の中で設置することができ、よりサウンドスケープを作り出すことができる。DanteとALSAサウンドカードをサポート。
  • ● 片目ずつの4Kステレオ:4Kが両目で別れるのではなく、片目ずつフル4K画質が映し出される。
  • ● マルチモード・モニタリング:すべてのOZO Liveデバイスを同じネットワークで管理でき、シングルページからステッチングできる。従来のマルチカメラセットアップのようにOZOデバイスを活用できる。

IBC 2017は今月9月14日から19日まで、アムステルダムで開催される。

IBCの詳細はこちらから:https://show.ibc.org/(英語)

OZO CAMERA

camera1

OZO CAMERAはプロ向けに作られた360°VRカメラで、妥協のないクオリティと卓絶したコントロールでVRクリエーターはより効率的にハイクオリティのVRコンテンツが制作できる。

シンプルで効率的なデザイン:

重さ4.2 kg、コンパクトなシングルボディデザインで、ドローンに装着する、またはエベレスト登頂など、さまざまなシチュエーションに持ち運びできる。

最高クラスのイメージクオリティ:

レンズは8個搭載、グローバルシャッター、195°視野で片目ずつ4Kのステレオスコーピック360°イメージを撮影
OZO Creatorと使うことで最新テクノロジーのプロセシングがイメージクオリティを格段に向上する。

リアルなサウンド:

マイクロフォンも8個搭載し、全ての角度からフルスペーシャルオーディオをレコーディングし、ヘッドセット用に構成する。

OZO Audioを含む、複数のフォーマットへのアウトプットが可能。

機能性が約束されたフォーム:

OZOのデザインは賞も受賞しており、クーリングシステムで信頼性の高い撮影が可能だ。

シンプルで簡単なセットアップ:

インテグレーテッド500GBメモリーカートリッジとバッテリーで、数分で撮影準備が完了し、セットアップにかかる時間も短縮できる。

コントロール:

Windows、Mac、モバイルを使ってセッティングとシューティングをコントロールでき、VRヘッドセットを使えばリアルタイムでのモニタリングが可能だ。

リアルタイムブロードキャスト:

OZO Liveとつながったアウトプットケーブルを使えば、リアルタイムブロードキャスティングなどコンテンツ配信がシングルケーブルで簡単にできる。

OZOは使えば、プロフェッショナルグレードのクオリティとパワフルなコントロール、コストセーブの信頼性で、オーディエンスが今まで見たことないストーリーを実現できる。

価格は$25,000、日本では三友などから550万で発売されている。またNGCから一日30万でレンタルすることも可能だ。

カメラ本体 ワークステーション カードリッチ
販売価格 550万円 100万円 64万円
レンタル(一日) 30万円 20万円 1万5千円

OZO Creator

nokia-ozo-1

OZO CreatorはOZO CAMERA付属のイメージプロセシング・ポストプロダクションソフトウェアだ。

インジェスションから迅速で正確なスティッチング、エンコーディング、またはエディティングワークフローのパワフルなファーストステップとして使用できる。

その他のツールもサポートしておりデプスマップメタデータなどエクスポートしたりなど、他のツールと一緒に使用することも可能だ。

イメージクオリティ:

OZO Creatorの新リデザイン・イメージ・シグナル・プロセッシング(ISP)でOZO CAMERAのRAWデータをより鮮明、クリーンでナチュラルに変換する。

豊富な選択肢:

Nuke、Adobe Premiere、Pro Tools、OZOフォーマットなどをサポートし、ポストプロダクションをOZO Creatorだけで完了させることも、追加のソフトウェアに変換させることも、両方可能で、自由に撮影した動画の編集ができる。

OZO Live

camera4.png

OZO Liveはリアルタイム3D 360°スティッチング、スペーシャルオーディオミクシング、モノスコーピックとステレオスコーピックビデオアウトプットができ、ブロードキャストブースとして使えるユーザーインターフェースだ。

ブロードキャストワークフロー:

OZO Liveを使えば、Samsung Gear VROculus Rift、HTC Vive、YouTube、Facebookなどの360°ビデオプラットフォームにダイレクトにリアルタイムブロードキャストが行える。

参照元URL: https://ozo.nokia.com/ozo_en/ozo-professional-vr-camera/, https://ozo.nokia.com/ozo_en/get-ozo, https://ozo.nokia.com/vr/ozo-creator-virtual-reality-software/, https://ozo.nokia.com/vr/ozo-live-virtual-reality/, https://networks.nokia.com/jp/news/2016/20161222

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。