VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ナーブ、VR化した物件に家具を配置して内見できる『VRホームステージング』を不動産サイト「ノムコム」へ提供

VR

『VRホームステージング』を不動産サイト「ノムコム」へ提供

VR(ヴァーチャルリアリティ)コンテンツのプラットフォームを提供するナーブ株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:多田 英起)は、開発した『VRホームステージング』を、野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:前田 研一)が運営する不動産情報サイト「ノムコム」の新機能として、2017年12月5日(火)より提供を開始した。

まずは首都圏の物件に導入するということだ。

低コストで販売物件の価値を高める『VRホームステージング』とは

ホームステージングとは、物件に家具や小物を搬入・配置し部屋の魅力を引き立たせることで物件の価値を高めることを指す。

単なるモデルルームではなく、物件の特徴を活かしながら、実際に購入や入居を検討している顧客の日常生活がイメージできるインテリアにまとめることで購入決定へ進みやすくなる。

『VRホームステージング』は、VRコンテンツ化した物件画像に3DのCG家具データを配置することで実現している。

搬入・搬出などのコストをかけず、また好みのテイストに合わせたインテリアをVRで内見することが可能だ。

顧客に様々なパターンのレイアウト提案が可能

『VRホームステージング』では、リアルのホームステージングがこれまで抱えていた、家具購入や設置等のコストが嵩み実施できる物件数が限られることや、「その場で確認できるのは1パターンのみ」といった制約が無くなり、より多くの物件で様々なパターンを提案することが可能。(*1)

物件購入者にとっても実際の生活イメージを持つことができ、成約にも大きく貢献するとのことだ。

(*1…今回の導入では当面1パターンの提案)

『VRホームステージング』の仕組み

制作のフローとしては、ナーブがVR化した部屋の画像データに、100万点を超える家具の3Dデータを保有する株式会社リビングスタイル(本社:東京都新宿区/代表取締役:井上 俊宏/坂本 尊志)が提供する家具のCG画像を配置していく。

PCのブラウザ上で360°静止画として確認できるほか、スマートフォンでアクセスした場合はVR表示を選択でき、簡易型VRゴーグルで閲覧すると上下左右を見回しヴァーチャルに内見することができる。

今後の展開

野村不動産アーバンネットとナーブでは、今回の導入をファーストステップとして、今後機能改善、ユーザインターフェースの向上に努めながら、対象物件数を増やしていく予定とのことだ。

ナーブ株式会社について

「人々のライフスタイルを変革するサービスの実現」を目的に 2015年10月に創業。

創業前の2013年から VRの開発に着手し、「観て楽しむVRコンテンツ」を「体験型のVRコンテンツ」に実現した経験を活かして、不動産事業・観光事業・ブライダル事業など、様々な事業分野で利用可能な企業向けVRコンテンツ配信プラットフォーム「ナーブ・クラウド」を開発した。

ナーブ・クラウドは、VRコンテンツの収集・管理・配信のための共通的な機能群を備えており、開発キットを用いて様々なアプリケーションと統合することが可能。

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

似た記事をみる

ケイアイスター不動産、ナーブ社のVRで不動産内見・接客ができる「VR内見」システムを導入 | VR Inside

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む