VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

イケアのVRコンテンツを実現したNVIDIA Quadro P6000 GPU

2017/04/03 17:04

    VRキッチン

    VRは、その場にないものがあたかも実在するかのような体験を可能にしてくれる。その特性は、消費者が商品を購入する場合にも利用できる。洋服を試着するように、VR空間では家の設備や内装、そしてキッチンのリモデルを体験できるのだ。

    NVIDIAがブログで紹介しているのは、同社のQuadro P6000GPUを搭載したワークステーションによって実現したVRキッチンのシミュレーターである。このVRコンテンツでは、リモデルを施されたキッチンの中を歩き回って外観をチェックし、VR空間でパンケーキを作ってその使い心地を確かめることができるという。

    イケアのVRアプリ

    イケアのVRアプリ

    高度な3Dモデルの操作を行ってハイエンドVRプラットフォーム向けのコンテンツを作成するには、相応の性能を持つコンピュータが必要になる。HTC Viveに対応するイケアのVRアプリ、『IKEA VR Experience』もそうだ。

    このアプリでは、ルームスケールで自由に室内を歩き回り、いくつかの日常動作(キッチンの戸棚を開けて食器と調理器具を片付けるなど)を行うことができる。さらに、キャビネットの色も変更が可能だ。視点の高さを変更して、背の高い人や子供にとっても安全で使いやすいかどうかを確認することもできる。

    過去に紹介した記事では8月まで試験公開され、その後にアプリが削除されるとしていたが、昨年の12月までそのサポート期間が延長されている。また、現在でもアプリ自体は公開されたままだ。

    このアプリは、パリのVRデザイン会社Emissiveによって開発された。Emissiveは、イケアの他にも海外の多様な企業にAR/VRアプリケーションを提供している企業だ。

    同社がIKEA VR Experienceの開発に採用したのはNVIDIA Quadro P6000GPUを搭載したHP Z840ワークステーションだったという。アプリケーションの制作には、ゲームエンジンのUnreal Engine 4が使用され、実際のキッチンのような質感の再現に成功した。

    Quadro P6000は複雑なシミュレーションを実行するプロのデザイナーのために設計されており、こういった精巧なVRモデルのデザインや製品のエンジニアリングに適しているという。VRコンテンツを楽しむ一般のユーザが触れるようなものではないが、デベロッパーの作業を助ける重要な製品だ。

    P6000のようなGPUがなければ、本物のように自然な質感とインタラクティブ性を持つVRコンテンツを制作するのは今よりも難しく、時間のかかる作業になってしまうだろう。

    イケア店舗での体験

    子供の視点から

    Emissiveが開発したVive用のアプリケーションは、Steamで無料ダウンロードできる。Viveがあれば、店舗にさえ行かずにイケアの2016年カタログに掲載されたキッチンを試してみることが可能だ。

    イケアの店舗でもハイスペックマシンでアプリを試せるという。開発にNVIDIA GPUを搭載するHPのワークステーションが使用されたのと同様に、店舗の体験用マシンもHPのワークステーションとなっている。

    プロのデザイナーが作業に使ったものよりはグレードが落ちるが、それでもVR-ReadyのNVIDIA Quadro P5000搭載HP Z440が使用されている。廉価な家庭用のVR-Ready PCとは一線を画する性能と価格だ。

    なかなか体験できるものではないので、旅行で体験可能なイケア店舗がある国を訪れたら立ち寄ってみるのも良いのではないだろうか。

    店舗でのVR体験は5月21日まで実施されている。ベルギー、カナダ、スウェーデン国内の複数のイケア店舗で体験が可能となっているようだ。

     

    無料で遊べるVRコンテンツも増えてきた今となっては、自由に歩き回ってちょっとそこにあるものに触れられるVRコンテンツは特に珍しいものでもない。しかし、早い時期からVR/ARコンテンツを制作してきたイケアの姿勢は大企業らしからぬものだ。

    積極的に新しい技術を取り入れることでリフォームを迷う消費者の背中を押し、店舗が近くにない消費者にも家具をアピールすることができる。昨年12月でIKEA VR Experienceのテストを終え、次はどういったプロジェクトを仕掛けるのだろうか?

    IKEA VR Experienceもアプリとしての完成度は高く、さらにVRアプリケーションを作成するならばフィードバックを受けてさらに改善されていると思われる。

     

    参照元サイト名:NVIDIA Blog
    URL:https://blogs.nvidia.com/blog/2017/03/30/vr-ikea-kitchen-remodels/

    参照元サイト名:Emissive
    URL:http://www.emissive.fr/?lang=en

    参照元サイト名:HP
    URL:http://jp.ext.hp.com/workstations/z840/

    参照元サイト名:Steam
    URL:http://store.steampowered.com/app/447270/

     

    ohiwa


    ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

    最新ニュースを読む