VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Oculus幹部発言「わたしたちのゴールはOculusプラットフォームでVRMMOがプレイできること」

oculus幹部の画像

2017年のVRゲーム業界における大きなニュースのひとつとして、「Skyrim」「Fallout 4」といったノンVRゲーム機でヒットしたオープンワールド形式のアクションRPGの移植がある。このジャンルのゲームをVR移植に成功したことが意味するのは、「VR元年」当初はプレイ時間のあまり長くないゲームが多かったが、今後はVRゲームでも大作がリリースされるようになることだ。ただ、Oculus Riftには同ジャンルのVR移植はまだなされていない。海外メディアUploadVRは、SkyrimライクなゲームのOculus Riftでのプレイの可能性について、Oculus社ヴァイス・プレジデントのJason Rubin氏に質問状を送り、コメントをもらった。

Oculus touchでプレイするJason Rubin氏の画像

Oculus touchでプレイするJason Rubin氏



2018年にはOculusで「大作」がプレイできる?

同メディアが同氏に質問したのは、まず「Skyrim VR」「Fallout 4 VR」のような大作ゲームがOculus Riftでもリリースされる可能性があるか、ということである。この質問に対する同氏の答えは以下の通り。

Oculus Riftでskyrim VRのような大作ゲームができるようになる可能性は否定しません

もっとも、私が思うにVRのために作られたゲームとは、Oculus TouchのようなVR専用コントローラーのために最適化されてこそ、より深い没入感が体験できるのです。

以上のような発言から、Oculus社としてはただ単にノンVRゲーム機の大作を移植すればいいというわけではなく、Oculus Riftに最適化されたかたちで作られるべきだ、と考えていることがうかがえる。

さらに同氏は、2018年には各ゲームスタジオが開発した「より深い没入感が体験できるタイトル」が用意されていることを付け加えた。ただし、こうしたタイトルがSkyrim VRのようなオープンワールド形式のゲームかどうかは不明だ。

Skyrim VRの画像

アメリカとEUで2017年11月月間売上トップだったPSVRタイトル「Skyrim VR」

OculusとVRMMO

同メディアは、同氏にOculus Riftでフランチャイズ展開したい「夢のコンテンツ」は何か、と尋ねた。この質問には以下のようなコメントが寄せられた。

私はSkyrimが大好きです。

しかし、私とわたしたちOculus社のゴールはOculusプラットフォームでVRMMOがプレイできることです。このVRMMOこそ、Oculusのキラーコンテンツになるでしょう

VRゲームのなかにはアクションRPGが多数あるものも、その多くはソロプレイとなっている。同氏が言うような大規模なマルチプレイを前提としたVRMMOゲームはまだ存在しない。

以上の同氏の発言から、Oculusが現在MMOゲームを開発していると言うことはできない。しかしながら、同社がMMOゲームを求めているのは、VRソーシャルアプリを重視していることからも推測できることである。というのも、VRMMOゲーム自体が一種のソーシャル・サービスという側面があるからだ。

ソードアートオンラインの画像

未来ではOculus Riftで「ソードアート・オンライン」のようなゲームがプレイできるのだろか?




VRマルチプレイとエチケット

Oculus Riftを使ったVRMMORPGのプレイというのはまさに夢のある話だが、懸念すべきこともある。それは、MMOプレイ時のエチケットの問題だ。

VRゲームはその深い没入的体験により、ノンVRゲームとは異なったバーチャルな対人関係が発生する。こうしたVRに特有の対人関係を円滑にするためには、新しいエチケットが必要となるだろう。

VRゲームにおける対人関係に関するトラブルの事例もある。

その事例とは、バーチャル空間における痴漢行為だ。

「QuiVr」は弓を武器にして戦うマルチプレイのVRアクションゲームなのだが、ある女性プレイヤーはプレイ中に男性と思われるプレイヤーに過剰に接近され、バーチャルな痴漢行為を受けたと感じた。VR空間内での出来事なので、無論リアルに触られたという感覚はないが、たとえVR空間内であっても不快や苦痛を感じるものである。

QuiVrのプレイ画像

この女性は、自分の身に起きたことを同ゲームを開発したゲームスタジオに報告したところ、同スタジオはプレイヤーどうしが過度に近づけないようにする新機能「フォース・フィールド」を実装して事件の再発を防いだ。

以上の事例から得られる教訓は、MMOゲームの開発にはゲームデザインのレベルからエチケットや倫理を考慮する必要が求められることである。

VRゲームの未来はMMOに向かっている

解決すべき問題はあるものも、VRMMORPGの登場はVRゲームの進化の方向性として間違ってはいないだろう。もう少し時間を要するだろうが、Oculus社幹部が「夢」と語っている以上、その夢はいずれ実現すると楽観視してもよいのではないだろうか。

ソース:UploadVR









VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む