VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRお絵かきアプリ「Oculus Medium」に1.2アップデートがリリース、マルチプレイモードなどが追加!

2017/07/14 14:40

    VRバージョンお絵かきアプリOculus Mediumに1.2アップデートがリリースされ、マルチプレイヤーでアプリが遊べる「Studio Share」などの新機能が追加された。

    Oculus Mediumとは?

    Oculus Medium

    Oculus MediumはVR空間でスカルプ、モデル、ペイントし、複雑なオブジェクトを制作できるVRコンテンツだ。

    Oculus Mediumを使えば、ユニークなアート作品を作ることも可能で、初心者でもプロでも関係なくクリエティブな作品を制作できる。

    Touchコントローラーを所有している人はフリーでダウンロードでき、直感的なハンドジェスチャーで操作、自然な触感でゲームをプレイできる。

    VRとOculus Mediumを使えば、無限のアーティスティッククリエーションが可能となる。

    チュートリアルシステムがあるので、VRゲームに慣れてない人でも操作を簡単に覚えられる。

    シェープとフォームを覚えれば、あとは簡単にいろいろなものがVRで作れる。

    スタンプをつかえば、複雑な構造も数分で作ることができる。スタンプは300個種類があり、自分で新しく作ることも可能だ。

    作った作品は3Dモデリングとプリンティングにエクスポート、またゲームエンジンで使用することもできる。

    Oculus Medium ダウンロードはこちら

    作った作品はOculus Mediumのウェブページ(https://www.oculus.com/medium/
    )で公開、またプロが作った作品などもこのウェブページで見れる。

    アップデートされた機能

    Oculus Medium-Studio Share

    今回Mediumバージョン1.2ではStudio Shareを含む以下の新機能がアプリに追加された。

    Moveツール

    • ● プロポーション調整とポジション調整のためにクレイを動かしたり、ワープさせたりすることができるようになった。
    • ● ディテールを損なうことなく、つかむだけでパーツの調整が可能。

    Studio Share

    • ● ユーザーをもう一人コネクトし、一緒にアプリで3D作品を作ることができる。
    • ● テクニックや自分の作品をシェアすることも可能だ。
    • ● セッションを録画、写真撮影し、記録として残せる。
    • ● Studio Shareには膨大なインターネット帯域を使用するため、双方のユーザーとも、コネクションの早いインターネットが推奨されている。

    リファレンス・メッシュ

    • ● FBXとOBJ、メッシュ3Dモデルをインポートできるようになった。
    • ● バーテックスカラーはOBJのみ。
    • ● メッシュの3Dモデルをたよりに作品を作ることができる。
    • ● 動物、車、人体模型などのサンプルメッシュが最初から用意されている。

    スカルプ・オリジン

    • ● 作成している3D作品のスケール、ポジション、オリエンテーションが設定することができる。
    • ● 3Dパッケージにエクスポートするさいの基準として使用される。

    マニピュレーター

    • ● オブジェクトを均一に回転、スケールすることができる。
    • ● X、Y、Zの軸にそって空間とオブジェクトを作成できる。
    • ● バリューを入力すれば、より正確な操作が可能。

    クイックツールサイズスケーリング

    • ● サムスティックをボタンの様に押しこみ、ボタンをドラッグし、リリースするとことでツールのサイズを変えることができるようになった。
    • ● サムスティックを上下で使うより、正確にツールを設定することができる。

    レイヤー

    • ● 新レイヤーが最後に使ったレイヤーの素材のままになる。
    • ● レイヤーフリップが改善し、制作にシンメトリーで使える。
    • ● レイヤーからスタンプを作成できる。

    リファレンス・イメージ

    • ● アイドロッパーでリファレンスイメージの色をひろうことができるようになった。
    • ● サンプルとしてリファレンスイメージのカラーパレットをカラーパレット内に作ることができる。

    ライブラリー

    • ● 日付と名前別にアセットが分けられる。

    その他

    • ● メニューボタンがオブジェクトを選ぶとポップアップで出てくるようになった。
    • ● すべてのサポートモードで作品を調整できるように。
    • ● ボタンとスライダーのビジュアルパス。
    • ● アセットの整理が家のブラウザでできるようになった。
    • ● Softcone Bスタンプメッシュのミラービジュアルコピーが修正された。

    参照元URL: https://www.oculus.com/blog/introducing-studio-share-sculpt-with-friends-in-oculus-medium/, https://www.oculus.com/experiences/rift/1336762299669605/, https://forums.oculus.com/community/discussion/54673/oculus-medium-1-2-update-and-release-notes

    kaho


    ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。

    最新ニュースを読む