VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

過去最大の割引額!Oculus Rift&Touchが5万円!

2017/07/10 17:52

    Summer of Rift

    RiftとTouchのセットが期間限定価格の399ドル

    Oculusが先月から開催しているSummer of Riftキャンペーンの一環として、Oculus RiftとTouchのセットが399ドル(4.6万円)の期間限定価格で販売されるという。

    Oculus Blogの記事によれば公式ストアでの販売価格が引き下げられるようだが、ブログ記事の公開直後にアクセスした時点ではまだ通常通りの価格が表示されていた。

    一時的にRiftのページにアクセスできなくなってしまったので、この記事を見たユーザのアクセスが殺到してサーバがダウンしていたのだろうか?

    その後、復旧したページによれば日本向けには5万円でRiftとTouchのセットが販売されるとのことだ。

    Oculus Riftの価格

    Oculus Riftのセット内容

    Oculus Riftのセット内容

    PCベースのハイエンドVRヘッドセット、Oculus Rift。

    800ドルから600ドルへ

    価格は通常時でもライバルのHTC Viveに比べれば安い600ドル(Touchセットの場合)だが、PSVRやモバイルVRヘッドセットに比べれば高価なデバイスだ。

    2017年の初めに値下げが発表されるまではViveと同じ800ドルで販売されていたので、今なら年明けの半額で購入できることになる。

    期間限定の400ドル

    400ドルまで引き下げられると、HTC ViveどころかPSVRと価格で並ぶことになる。

    PSVRの動作に必須となるPlayStationカメラは別売(同梱版あり。+5,000円)、Touchのように使えるコントローラーのPS Moveも別売(5,000円)なので、コントローラーまで含めるならばRiftの方が安いくらいだ。

    VR映像のレンダリングが可能な高性能GPUを搭載したパソコンは必要になるが、それでもかなり手頃な価格でOculus Riftと関連機器を揃えることが可能になる。

    Oculusの狙いは?

    Oculus Summer Sale

    先週まで開催されていたOculus Storeでのセール

    Oculus Summer Saleの終了

    OculusはSummer of Riftキャンペーンの第一弾として、6月の後半からOculus StoreのVRコンテンツが多数対象となるセールを行っていた。

    このセールは7月の5日で終わってしまったが、Riftの夏はまだ続く。Summer of Riftキャンペーンは続いている。

    一例として、『Unspoken』のマルチプレイヤーウィークエンドが延長開催されている。通常はOculus Storeで2,990円で販売されているUnspokenを、今月12日まで無料で遊ぶことができる。

    20日には、人気タイトル『Lone Echo』のReady at Dawnが手がける新作、『Echo Arena』の配信も開始される。

    デバイスを買ってもらう

    VRデバイスに限らず、家庭用ゲーム機や電子書籍リーダーといった電子機器は性能の割に安く購入できる。

    これは、メーカーがハードウェアを販売することによって大きな利益を得ようと考えていないからだ。

    メーカーは自社のハードウェアを安価に提供することでユーザを増やし、自社プラットフォームでコンテンツを販売することで利益を上げる。なるべく多くのユーザに購入してもらうため、本体を低価格で販売しているのだ。

    OculusがVRコンテンツのセールを終えた後にRiftの大幅な割引を発表したのも、この戦略の一環だと思われる。本体の販売で得る利益は小さくなるが、Riftを購入したユーザはVRコンテンツを購入するようになるだろう。

    新たにRiftオーナーとなったユーザが通常価格でVRコンテンツを購入する可能性も高いので、あえてコンテンツの後にデバイスのセールという順にしたのではないだろうか。

    Oculus Rift 2?

    現行機種が値下げされる理由として考えられるのは、新型の発売が控えているから、というものだ。だが、現在のところ新型のOculus Riftに関する大きな情報は発表されていない。

    HTCがデベロッパー向けの出荷を開始しているKnucklesコントローラーやDaydreamに対応したスタンドアロンのVRヘッドセット、年末にかけて各社から発売されるWindows Mixed Realityヘッドセットを警戒したものと考えることもできそうだ。

     

    突然発表されたデバイス価格の改定により、Viveとの競争で価格面の優位を取ったOculus。

    HTCがViveの値下げを行わない(代わりにバンドルを頻繁に提供する)のと対照的に、Oculusは積極的にセールを行ってデバイスを普及させることを狙っているようだ。

    割引の期間や台数の制限については不明だが、Oculus Riftの購入を考えているユーザにとってチャンスであることは間違いない。

     

    参照元サイト名:Oculus Blog
    URL:https://www.oculus.com/blog/rift-touch-399-for-a-limited-time-summer-of-rifts-best-deal-yet/

    参照元サイト名:Oculus Rift
    URL:https://www.oculus.com/rift/

    ohiwa


    ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

    最新ニュースを読む