VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Oculus Touchのルームスケールの限界を検証。広いエリアで360度のトラッキングをするにはセンサーが3台必要

2016/12/07 14:43

海外メディアRoadtoVRは、2016年12月5日の記事において、Oculus Touchのルームスケールの限界について調べた。

20161207_touch_1

同メディアのライターのBen Langは、実際にOculus Touchの使用環境を構築して、同デバイスのルームスケールでのプレイ体験をレビューした。

テストした環境は、同デバイスで設定可能とされている以下の4つの条件である(テストの様子は以下の動画を参照)。

  • ユーザーの正面に2台トラッキングセンサーを置く
  • 部屋の対角線上の隅に2台トラッキングセンサーを置く
  • 3台のトラッキングセンサーを置く
  • 4台のトラッキングセンサーを置く

各設定のルームスケールサイズと共通した特徴

20161206_vs_4

各設定におけるルームスケールサイズは、上に引用した画像のようである(画像にはVIVEのルームスケールも示されている)。

トラッキングセンサーを2台設置した場合、ユーザーの正面においても対角線上においても、推奨されるルームスケールは5ft(約1.5m)四方である。

トラッキングセンサーを3台設置した場合、その推奨ルームスケールは8.2ft(約2.5m)である。

Oculus Touchの仕様上、トラッキングセンサーは4台まで設置できるのだが、その推奨ルームスケールについては特に説明がない。

テストの結果、全ての設定に共通している特徴は以下の通りである。

  • 丸みを帯びたOculus Touchのデザインは、トラッキング感度の観点から見れば最適とは言えない。トラッキング感度を最優先したデザインにする場合、平らな面を増やす必要がある。
  • どの設定においても、推奨ルームスケールより外側に出ると、急激にトラッキング感度が低下する
  • 手を素早く振り回す等の人間が可能な最速の動きをした場合、トラッキングされない場合がある

ユーザーの正面に2台トラッキングセンサーを置いた場合

この設定は、Oculusが最も推奨しているのだが、推奨ルームスケールの範囲内では極めて快適なプレイができた。

しかし、センサーが正面にしか置かれていないため、Touchコントローラーを握ったまま振り返ると(つまりセンサーに背を向けると)、トラッキングが途絶えた。もっともこの結果は、この設定ではトラッキング範囲がセンサーと向き合ったユーザーの正面に対して180°とされているため、仕様通りである。

テストにおけるいちばんの発見は、上記設定の推奨ルームスケールを超えても、トラッキングセンサーを3台設置した時の推奨ルームスケールの範囲内であれば、良好にトラッキングすることである。

部屋の対角線上に2台トラッキングセンサーを置いた場合

20161207_touch_3

部屋の対角線上に2台トラッキングセンサーを設置するレイアウトは、マニュアルでは上の画像のように説明されている。

マニュアルニよると、部屋の対角線上に10ft(3m)離して設置すると、対角線の内側に5ft(1.5m)四方のルームスケールが確保できる。

この設定では、ユーザーに対して360°の範囲でトラッキングが保証されるので、からだを回転させてもトラッキングが途絶えることはない。

だがしかし、この設定では正面に2台センサーを置く場合と異なり、推奨ルームスケールを少しでも超えるとトラッキング感度が低下した。

3台のトラッキングセンサーを置く

20161206_vs_2

トラッキングセンサーを3台設置する場合のレイアウトは、マニュアルに掲載されている上の画像のように、正面に2台センサーを置いてから、その2台のセンサーに向かい合う壁のどちらかの隅に3台目を置くことになる。

この設定では、仕様通りに推奨ルームスケール(8.2ft四方)の範囲で、ユーザーに対して360°のトラッキングが保証されていた。

有線のトラッキングセンサーを使用するOculus Touchでは、センサーを3台設置する場合、2台はUSB 3.0ポートに接続し、残り1台はUSB 2.0ポートに接続しなければならず、設定が煩雑である。

4台のトラッキングセンサーを置く

Oculus Touchは仕様用4台のトラッキングセンサーを設置することが可能であるが、現時点では不要なように思われる。

というのも、センサーを4台に増やしてもルームスケールが広がることがなく、せいぜいよりトラッキング感度が信頼できるようになる程度の効果しか期待できないからである。

まとめ

以上のテスト結果をまとめると、以下のようになる。

  • 正面に2台センサーを設置した場合、ユーザーに対して180°のトラッキング範囲内で、実質的にセンサーを3台置いた時と同様のルームスケールが確保できる。
  • 部屋の対角線上に2台センサーを設置した場合、ユーザーに対して360°のトラッキングを実現するものも、センサー2台設置時のルームスケールしか確保できない。
  • センサーを3台設置した場合、仕様通りにユーザーに対して360°のトラッキング範囲で、センサー3台設置時のルームスケールを確保できる。

以上の結果から、3台目のトラッキングセンサーを購入する場合、ルームスケールよりもプレイしたいVRコンテンツがユーザーに対して360°のトラッキング範囲を要求するか、という点を考慮する必要がある、と言えるのではなかろうか。

参照元URL:http://www.roadtovr.com/watch-us-test-oculus-touch-tracking-room-scale-tracking-to-the-limits/, http://www.roadtovr.com/oculus-touch-review-reach-rift/

[amazonjs asin="B01EUAU9OM" locale="JP" title="Oculus Rift cv1 製品版 2016 オキュラス リフト (Oculus Rift cv1 製品版) 並行輸入品"]


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む