VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Outlyer Technologies社、360度のVR広告プラットフォームを開発

2016/09/01 14:45

米国ロサンゼルスに拠点をもつOutlyer Technologies社は、VRと360度カメラに対応した新しい広告フォーマットを発表した。

Advrtas

Advrtasの技術とバーチャル・リアリティについて

Advrtasとよばれるこの新しい広告フォーマットは、現在、Panamorphicという技術で特許出願中である。360度カメラで撮影されたコンテンツを再生出来るデスクトップやスマートフォン上で、広告を表示させることが出来るシステムだ。

Advrtas2

Outlyer Technologies社CEOのRobert Bruza氏は、「360度の映像を撮影する技術ではなく、映像や画像と広告を3Dまたは2Dの画面上に構築するものになる。」と強調している。

画面上に表示されている広告をクリックすると直接商品を購入出来たり、Google cardboard の様なスマートフォンを装着する、簡易タイプのVRヘッドセットを使用することで、より立体的な空間と広告のコラボレーションを感じることが出来る仕様となっている。

Advrtas1

広告フォーマットの表示に指定はなく、どのブラウザ上でも見ることが可能だ。また、フォーマットはモーションセンサー機能によって情報を識別し、スマートフォンを動かすと連動して広告も変わったり、動いたりする。

Advrtas3

フォーマットはInteractive Advertising Bureau (IAB)機能によって、多くのオンラインサービスやアプリケーションに対応すると同時に、広告の分析も行うことが可能なので、VR技術の進化に合わせて広告の考え方も今後大きく変わっていく可能性が高い。

Outlyer Technologies 公式サイト
http://www.outliertechnologies.net/

参照元:Marketing Land
http://marketingland.com/new-advrtas-ad-platform-offers-first-fully-interactive-360-degree-rich-media-ad-vr-mode-173253?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter


1986年北海道札幌市生まれ、札幌市育ち。大学在学中にアルバイトで貯めたお金で初めての海外、バルセロナを訪れる。大学卒業後、米国のコンピュータメーカー中国法人に入社。半年間の中国語語学留学を経て、東京の大学院へ入学。その後、地元に戻り、2社コミュ二ティカフェの運営に携わり現在に至る。最新のテクノロジーに高い関心がある。 http://manobaroriginals.tumblr.com/

最新ニュースを読む