エンタープライズ向け360°全自動生成VRプラットフォーム「PANOCLOUD 」販売・提供開始! | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

エンタープライズ向け360°全自動生成VRプラットフォーム「PANOCLOUD 」販売・提供開始!

2016/09/08 10:45

株式会社アジェンシアが提供する360°VRコンテンツ自社制作サービス「PANOCLOUD 」を、株式会社ニッショーが採用。

<以下、各企業から発表文の内容をそのまま掲載しています>

株式会社アジェンシア(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:ジャン ピエール)が提供する、360°VRコンテンツが自社制作できるサービス「PANOCLOUD ®」を、株式会社ニッショーが採用。ニッショー.JPの賃貸物件検索サイトに、360°パノラマビューバーチャルお部屋探し特集ページ「360°PANORAMIC VIEW」を新たに公開。合わせてオリジナルVRゴーグルを制作、いつでもどこでもスマホで物件のVR見学ができるサービスを開始しました。

360°VRコンテンツで、部屋の間取り、サイズ、設備が詳細にわかる

ニッショー.jpのサイトでは、特集ページ「360°PANORAMIC VIEW」を公開するとともに、VRゴーグル対応の「PANOCLOUD ®」を導入、ニッショーオリジナルVRゴーグルを制作、イベント等で一般配布されます。このゴーグルで自宅にいながら多くの物件の仮想見学体験が可能になります。

2013年からアジェンシアと協業し「360°バーチャルお部屋探しサービス」を提供開始。
ウェブサイトに360°物件紹介ページを掲載、これまで累計約3,000物件を撮影・紹介してきた中部エリアでのパイオニア。PC、スマートフォン、タブレットに対応した、バーチャルコンテンツを公開してきました。VRコンテンツでは、照明やエアコンなどの設備・仕様と、部屋全体が詳細に360°確認することができ、見た人が実際に本物を見たくなりお店を訪れるきっかけづくりを支援しています。

ニッショー.jpサイト 360°PANORAMIC VIEW
https://www.nissho-apn.co.jp/chintai/view/

panocloud_1

panocloud_3

自社でコンテンツの制作・公開ができることで、外部制作コストを削減

バーチャルコンテンツを専門業者に依頼する場合、物件ごとに360°パノラマ撮影、コンテンツ制作が必要で、費用は賃貸1カ月分の家賃より高くなる場合がほとんど。賃貸は、契約するまでの期間が掲載期間のため短期が多く、さらに物件数も多いことで費用対効果から導入が困難でした。アジェンシアが提供、ニッショー.jpが採用した「PANOCLOUD ®」は、自社で撮影した360°パノラマ写真を、スマホやPCから管理画面にアップロードして、自動的にバーチャルコンテンツを生成。間取り設置設定やパノラマの接続設定を管理画面から行うだけで、本格的なVRコンテンツが自由に誰でも簡単に作成し公開ができることで、外注に要する費用と日数の課題が解決できました。

panocloud_2

学生のお部屋探しなど、遠方の方もご覧頂け、顧客満足度向上にも期待

株式会社ニッショー.jp Webマーケティング部 林 康雄氏によると、「たのしーにであおー。」が当社のキャッチフレーズで、お部屋を探しは、楽しくやりたいという人が結構多いのです。夢を描いて部屋を探す人に、今回のサービスは、まさに「たのしーにであおー。」が提供できたのではと思っています。現地にいかなくても部屋の下見ができることは、遠方の方にはうれしいことで、しかもそれが360°パノラマビューでぐるっと部屋が見回せるのは楽しいことではないでしょうか。また当社のキャラクターをデザインしたVRゴーグルは、自分が部屋の中にいると錯覚する驚きが体験できます。自分が見てきた部屋を、家族・友人などに実際に体感してもらえる、そんな使い方もできるのではないでしょうか。ゴーグルの使い方は今後もっと膨らんでくるものと思います。感動・驚き・喜びを皆さんに実感していただければ、今回のサービス提供は成功したものと思います。

panocloud_4

株式会社ニッショー 概要

1972年賃貸住宅の仲介専門企業として創業。東海地区の“第一人者”として、愛知・岐阜・三重県下76ヵ所に支店を展開し、物件の紹介だけでなく、入居時の契約・保険のサポートから、賃貸物件のメンテナンスや経営コンサルティング、土地や物件の売買仲介にいたるまで、「総合不動産サービス企業」として、トータルパワーで多岐にわたるサービスを展開しています。

株式会社ニッショー.jp 概要

雑誌からパソコン・スマホへ移行していく中、旧アパートニュース出版(株)から社名変更。物件情報を物件情報検索サイト「ニッショー.jp」を通じて提供。多くの方にニッショーの物件を知ってもらえるよう積極的な広告・宣伝活動を展開しています。1997年アパートニュースホームページを開設。東海地区初の賃貸住宅情報誌として37年間発行していた「アパートニュース」の編集ノウハウを活かし、webサイトの運営・管理から各コンテンツの企画・編集を手掛けています。
https://www.nissho-apn.co.jp/

株式会社アジェンシア 概要

株式会社アジェンシア (http://www.agencia.co.jp/)は、VRコンテンツプラットフォーム「PANOCLOUD ®」、Googleストリートビューサービス導入支援、ICTソリューションズの3つを基軸とし事業を展開しています。
Googleストリートビュー撮影のスペシャリストとしてGoogleから「認定パートナー」に指定され、360度全方位や超広角画像を用いた画像処理技術の研究・開発を推進し、ギガピクセルパノラマ・VRコンテンツの制作提供を行っています。
PANOCLOUD ®導入事例: ハウスメーカー、結婚式場、大学、観光施設、スポーツ施設(豊田スタジアムギガピクセルパノラマVR)など。有名観光スポットをはじめ、全国の店舗・施設を撮影し紹介しています。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000020445.html

koide yutaro


これからますます発展すると予想されるVR。コンテンツだけでなくその技術についても非常に気になっている技術系卒です。

最新ニュースを読む