VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

8KVRヘッドセット「Pimax 8K」ついに調達資金が300万ドルを突破!出資者にアイトラッキング・モジュールが贈られることに!

2018/09/20 15:42

Pimax社は、8K画質のVRヘッドセット「Pimax 8K」の資金調達が300万ドルを突破したことを記念して、アイトラッキング・モジュールをアンロックしたことを報じた。

ついにOculus Riftを超えたVRヘッドセットに

世界初の8K画質に対応したVRヘッドセット「Pimax 8K」は、クラウドファンディング・サイトKickstarterで出資者を募ると、わずか半日で目標額の2.5倍を調達し、その後もストレッチゴールを設定して、まさに快進撃を続けていた。

そして、資金調達期限まであと3日という2017年10月31日時点で、調達資金がついに300万ドル(約3億4,000万円)を超えた。この調達資金額は、かつてOculus RiftがKickstaterでクラウドファンディングした時に達成した調達額を超えるものである。

調達資金が300万ドルを超えたのを記念して、同社は新たにアイトラッキング・モジュール(本記事トップ画像参照)を付属アクセサリーとしてアンロックした。同社は調達目標額を達成後、ストレッチゴールを達成するたびに、付属アクセサリーを追加する「アンロック」サービスを実行しており、2017年10月31日時点で6種類のアクセサリーをアンロックしている(以下の画像参照)。また、各種付属アクセサリーをVRヘッドセット本体に装着する様子を収めた動画も公開している(下の動画参照)。

アクセサリー装着動画のなかには、まだアンロックされていない「scent module」も映っている(下の画像参照)。同モジュールは、「scent(香り)」という単語が使われていることから、バーチャルな香りを発生させるデバイスだと思われる。ちょうど「VAQSO VR」のようなモノなのだろうか。同社によると、同モジュールは現在開発中、とのことだ。

scent module

以上のようなPimax 8Kの出荷が始まるのは2018年1月からであり、実際に多くの出資者の手元に届くのは2018年2月頃になるだろう。

Pimax 8Kとは

8K画質を実現したVRヘッドセット

Pimax 8Kはその名の通り、両目で8Kという高解像度を可能にしたVRヘッドセットだ。

片目の解像度が3840×2160(4K)というデュアルLCDパネルを採用している。

たとえば、コンシューマ向けハイエンドVRヘッドセットであるPSVRの片目解像度が1920×1080である、これと比較すればPimax 8Kがいかに高い解像度を備えているかは一目瞭然だ。現在、プロダクトリリースが予定されているヘッドセットの中でも、最も高い解像度を備えているヘッドセットのひとつである。

スクリーンドア効果の発生防止!

高解像度化なヘッドセットがあれば、単純にイマーシブコンテンツをより良く楽しむことができるようになる。

しかし高解像度化の恩恵はそれだけではない。Kickstarter上でPimaxは、8Kもの高解像度を実現したことで、ユーザーは「スクリーンドア効果」に煩わされずに済むようになるとコメントする。

「スクリーンドア効果」とは、ディスプレイ上のピクセル密度が低い、低解像度VR端末でしばしば生じる現象だ。映像にいくつかの格子状の線が入っているように見えてしまうため、VRの没入感を低減させる大きな要因として問題視されていた。

だがPimax 8Kはそうした問題とは無縁となったようだ。

広視野角を確保し、自然な視界に近づける

Pimax 8Kは、十分な広さの視野角(FOV)を確保することにも成功している。

人間がもつ平均的な視野角は220°。しかし、既存のハイエンドVRヘッドセットは、いずれもその半分程度の視野角までしか確保することができていなかった。PSVRの視野角は110°となっており、ほかのHTC VIVEや、Oculus Riftといった代表的なヘッドセットもこれとほぼ同じだ。

だがPimax 8Kの視野角は200°だ。既存のVRヘッドセットと比較して、ユーザーは一度に広範囲のVR空間を見渡すことができる。このためシーンの移動に合わせて、首を回す頻度を抑えることが可能となっており、より現実空間に近い動きでVR空間を体験することが可能となっているのだ。

既存VRヘッドセットとの比較

同VRヘッドセットのKickstarterページには、すでにリリースされている「Pimax 4K」と既存VRヘッドセットとのグラフィックを比較したGIFアニメが掲載されている(上のGIFアニメ参照)。

Pimax 5Kおよび8Kは、同GIFアニメのPimax 4Kが見せている鮮明なグラフィックをさらに上回ることは間違いない。

まさに期待の新星「Pimax 8K」の資金調達も、あと3日で終了となる。おそらく華々しいゴールを迎えることだろう。

ソース:Pimax 8K Kickstarter page
https://www.kickstarter.com/projects/pimax8kvr/pimax-the-worlds-first-8k-vr-headset/posts/2028725


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む