VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

AppleがワイヤレスAR/VRヘッドセットを2020年にリリースか。両目で16Kの超高精細AR/VRヘッドセット開発中

VR関連の特許申請など、Appleの依拠一同に注目が集待っている中、新たにAppleがAR/VRヘッドセットの開発を進めていると海外メディア「CNET」が報じました。



AppleがAR/VRの片目8Kのワイヤレスヘッドセットを開発中

今回「CNET」に掲載された記事によると、Appleの計画に精通した人物が

『AppleはARとVR技術の両方を実行できる片目8Kのディスプレイを搭載したワイヤレスヘッドセットの開発に取り組んでいる』

と明かしたと紹介しています。

今回のAppleによるAR/VRヘッドセット開発はコードネーム「T288」と呼ばれ、2020年リリースを目指して行われているようです。

AppleのAR/VRヘッドセットは『専用ボックス』とワイヤレスで接続される

今回のAppleのAR/VRヘッドセットを利用するためには『専用ボックス』が必要になるようです。

『専用ボックス』を利用することによって、片目8K(両目16K)のVR体験を実現させるとのことです。

さらにその『専用ボックス』とAR/VRヘッドセットをワイヤレスでの接続を目指して開発が進められているようです。

AppleのAR/VRヘッドセット開発 まとめ

今回のAppleのAR/VRヘッドセット開発の情報は個人的な見解では、噂の域を出ない情報かと思われます。

あくまで「Appleの計画に精通した人物」による証言であり、Appleから公式なコメントがあったわけではありません。

「CNET」で紹介されている記事内でも、

『今回のAppleのAR/VRヘッドセット開発プロジェクトは初期段階であり、Appleはまだ計画を変更したり廃止したりする可能性があります。』

と記載があり、確実に2020年に出ると言い切れなない状態です。

しかし、実際にAppleでAR/VRヘッドセット開発がすすめられ、iPhoneやiPadに続く新しいAppleデバイスとしてAR/VRデバイスがリリースされたら、VR業界に新たな波が来ることは間違いないでしょう。

Appleの今後の動きに注目ですね。

参考サイト:CNET




元オタクショップの店長。 現在はVR Insideの編集長を務める。 VRにどはまりし、少しでも多くの人にVRの魅力を伝えられるように日々奮闘中。

最新ニュースを読む